記事

レジ打ち業務の不公平感を感じない社会の不思議

■セルフレジ化する社会

 少し前に、マクドナルドやジーユー等でセルフレジが試験的に導入されたと話題になったばかりだが、私が通っているレンタルDVD店や映画館も今年から既にセルフレジが導入されている。
 始めは使用方法が解らないので店員からレクチャーを受けることになるのだが、2回目からは自分でセルフレジを使用することになり、すっかり扱いにも慣れてしまった。 
 DVDレンタルの場合、商品をバーコードリーダーにかざすだけで済む。昔のように金額をレジ打ちする必要も無いので、簡単に作業を進めることができる。セルフレジを利用したからといってレンタル料金が割引されるわけではないのだが、特に不満も感じない。

 セルフレジ化によって、今までレジ打ちしていたレンタル店員の仕事が無くなるか?というと、案外そうでもないようだ。現在のレンタルショップはレンタルだけでなく、ゲームの販売やスマホの買い取りなど多角的なサービスを行っているので、他にもやることが有るのかもしれない。
 以前までは、レジ業務が忙しくて返却されてきたDVDソフトを元の場所に戻す時間が無いのか、返却BOXが一杯になっている時があった。そのため、返却BOXに戻っているにも拘らず、新作がレンタル中になっていてレンタルできない(客を逃す)というケースも実際にあったのではないかと思う。そういった無駄が減少することは、利用客にとってもレンタルショップにとってもプラスなので、レンタルショップに限って言うなら、セルフレジ化はそれほど問題視する必要性もないのかもしれない。

 セルフレジ化によって、人間の仕事が減少するという問題についても考えなければならないが、その話はまたの機会に譲るとして、今回は、少し趣向を変えて、レジ打ちという仕事の不公平感について述べてみたいと思う。

■公平ではなく平等なレジ打ち業務

 レジ打ちの仕事というのは基本的に時給になっている。経験によって時給が上がることはあっても、能率給を導入しているレジ打ち業務というのは聞いたことがない。売上げ如何によってはボーナス的な支給が出る場合は有るかもしれないが、基本は時給であることに違いはない。

 しかし、考えるにレジ打ち業務というのは、実に不公平な仕事だと思う。例えば、ユニクロやドン・キホーテのような人気店ではレジも複数台あり、常時、客が並んでいるような状態だが、人気(ひとけ)の無い店のレジ打ちの場合、1時間に数人しか客が来ないというような所もある。
 1時間に100人のレジを賄う人がいる反面、1時間に数人のレジしか賄わない人がいる。しかし、レジ打ちとしての時給は同じようなものだ。客が少ない時間帯と客が多い時間帯で時給を差別化している所はあるが、それは同じショップ内での話であって、人気店と不人気店で時給が大きく違うということは無い。

 仕事量が全然違うのに、結果(給料)は同じという意味では、どう考えても不公平だと思われるのだが、そういった疑問や苦情はあまり聞かない。
 「接客数が多い方がやり甲斐がある」とか、「仕事が暇よりも忙しい方が良い」という人もいるとは思うが、それにしても、数十倍の仕事量の差が有るのに、結果は同じということに、少し疑問を感じる人がいても不思議ではないと思うのだが…。
 これも前回の記事で書いたように、仕事における「時間の平等」が信仰になっているせいでもあるのだろうか?

 人間には誰にでも「1日24時間」という時間が与えられている。そういう意味では人間に与えられた時間は皆平等だろう。しかし、その与えられた時間をどう使うかは人によって大きく違う。その時間の使い方に差があるからこそ「時は金なり」という言葉も生まれた。それは言い換えるなら、「時間は公平なもの」ということであり、時間の使い方によっては人間には差が生まれるということでもある。

 時間は平等に与えられているが、時間の使い方によって生じた結果は公平に処遇される。それが本来の意味での時間の平等である。ところが、与えられた時間も平等なら、生じる結果も全て平等でなければならないというのが「時間の平等教」の悪しき特徴でもある。

 全国のレジ打ち業務が、セルフレジ化していくことによって、レジ打ち業務の不公平性というものにスポットライトが当たる日が来るのか、それとも完全に忘れ去られて風化していくのかもしれないが、「時間は平等なもの」ではなく「時間は公平なもの」という考えにシフトしていかない限り、日本人の働き方を変えていくことは難しいと思う。

あわせて読みたい

「レジ無人化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計文書の流出元を議員が暴露

    和田政宗

  2. 2

    経産省若手提言はなぜ炎上したか

    PRESIDENT Online

  3. 3

    退職勧奨を受けたら取るべき対応

    三浦義隆

  4. 4

    加計問題「ご意向は本物」の証言

    文春オンライン

  5. 5

    英テロ事件にまつわる大きな謎

    BBCニュース

  6. 6

    英テロ 現地市民語る恐怖と決意

    木村正人

  7. 7

    安倍首相は国会でヘイトスピーチ

    菅直人

  8. 8

    45歳までは何にお金を使うべきか

    後藤百合子

  9. 9

    「TV観ないからバカ」発言に驚愕

    キャリコネニュース

  10. 10

    文春が見た眞子さまの王子の素顔

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。