記事

マネタイズで潤うPPAP

ネット上の動画や画像を無断で転用することは、引用の要件を満たさない限り著作権侵害。
引用の要件は難しいことではないが、基本的に二次的著作となるような翻案では引用にはならない。
ところが、著作権者がマネタイズにより収益を期待して公開している場合は、複製・公衆送信はもちろん、翻案すら許容される。インターネット時代に見合った著作権のあり方だ。

そんな収益モデルと方向性を如実に示したのがPPAPのピコ太郎である。下記の記事がそれを分かりやすく伝えている。

ピコ太郎 関連動画で潤う

これによれば、YouTubeが画像にコンテンツIDをつけて、この画像を無断で転載したり改変してアップロードしたりした画像を特定し、その画像に広告を付けて、広告収入は元の著作権者に入るという仕組みがとられている。
これで無断で著作物を利用されていた著作権者たちは、それを差し止めるのではなく、むしろ推奨する方向にインセンティブが働くというわけである。

こうなると、ネット上の動画を二次的著作物に仕立てて新たな価値を付与してアップすることが「悪いこと」から「良いこと」に180度転換し、ネットの特にCGM的表現がより豊かになることであろう。

あわせて読みたい

「ピコ太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    小室さんの母親に紀子さま唖然か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  10. 10

    尖閣めぐりデタラメ主張する朝日

    岩田温

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。