記事

マネタイズで潤うPPAP

ネット上の動画や画像を無断で転用することは、引用の要件を満たさない限り著作権侵害。
引用の要件は難しいことではないが、基本的に二次的著作となるような翻案では引用にはならない。
ところが、著作権者がマネタイズにより収益を期待して公開している場合は、複製・公衆送信はもちろん、翻案すら許容される。インターネット時代に見合った著作権のあり方だ。

そんな収益モデルと方向性を如実に示したのがPPAPのピコ太郎である。下記の記事がそれを分かりやすく伝えている。

ピコ太郎 関連動画で潤う

これによれば、YouTubeが画像にコンテンツIDをつけて、この画像を無断で転載したり改変してアップロードしたりした画像を特定し、その画像に広告を付けて、広告収入は元の著作権者に入るという仕組みがとられている。
これで無断で著作物を利用されていた著作権者たちは、それを差し止めるのではなく、むしろ推奨する方向にインセンティブが働くというわけである。

こうなると、ネット上の動画を二次的著作物に仕立てて新たな価値を付与してアップすることが「悪いこと」から「良いこと」に180度転換し、ネットの特にCGM的表現がより豊かになることであろう。

あわせて読みたい

「ピコ太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米国人の始業時間に驚きの結果

    NewSphere

  2. 2

    幸福度は"昼と夜の営み"で決まる

    PRESIDENT Online

  3. 3

    石原氏を追及する小池知事に疑問

    郷原信郎

  4. 4

    どこが危機?好調維持の韓国市場

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    韓国と歩み寄り遠ざけた政府対応

    田原総一朗

  6. 6

    キムタク主演医療ドラマは傑作

    メディアゴン

  7. 7

    「痴漢」はなぜなくならないのか

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "ヨドバシ"の通販がAmazon超え?

    THE PAGE

  9. 9

    "職場でぼっち"訴える人々が続出

    キャリコネニュース

  10. 10

    キンコン西野批判する"ダサい"人

    Hayato Ikeda

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。