記事

ホンダとグーグルが組む理由は?

ホンダが、自動運転技術でグーグルと組みました。
そうきたかというより、ホンダが組むとしたらグーグルしかなかったと思います。また、グーグルにしても、組むとしたらホンダしかなかった、という印象ですよね。

DSC082332JPG
ホンダの研究開発子会社の本田技術研究所は、米グーグルを傘下に持つアルファベットの子会社として独立したばかりの自動運転部門ウェイモ(Weymo)と、自動運転技術領域の共同研究に向けた検討を開始したんですね。

ウェイモの自動運転用センサーやソフトウェア、車載コンピュータなどをホンダ車両に搭載し、共同で実証実験を行う計画です。

もともと、自動運転技術をめぐっては、一段ずつ階段を上るように慎重に開発を進める自動車メーカー。当然ですね。クルマといえば安全がかかっていますからね。それに対し、ITの文化は違います。一気にジャンプして完全自動運転を実現しようとするIT企業。両社の間で、次代の自動車産業の主役の座を巡る“覇権争い”が激化していることは、何度も触れてきました。

そのなかで、本来、対立関係にあるはずの自動車メーカーとIT企業が手を組むのは異例で、画期的ですね。アルファベットは、今年5月には、フィアット・クライスラーとも提携を発表しています。が、自動車業界への影響力、ブランド力は、断然ホンダの方が大きいですよね。

ホンダは、ウェイモと組むことで、運転支援技術の延長線上にある自動運転技術に加え、一挙に完全自動運転を実現するという大胆な戦術に出たわけです。

ホンダは日産やトヨタと比較して自動運転技術の開発が遅れていると指摘されてきました。したがって、IT企業の雄で、自動運転技術でトップを走るグーグルと組めば、巻き返しの可能性が十分出てきますよね。

ホンダは今年、AI分野でソフトバンクと共同研究開始を発表しましたが、技術的な自前主義を貫いてきたホンダは、ここにきて、オープンイノベーションに一気にカジを切ったといえます。
環境技術、自動運転、コネクティッドカーなど、技術開発の戦線は広がっていて、自動車メーカー一社がすべてを抱え込む時代ではなくなってきた。一社でやる限り、カネと時間がかかり過ぎますからね。

私は、トヨタや日産は、企業文化からいっても、シリコンバレーのベンチャー企業体質のウェイモと組むことはあり得ないと思います。グーグルのやり方についていけるのは、世界の自動車メーカーの中では、ホンダしかないと思いますね。

というのは、まず、米国ではホンダの先進的ブランド力は図抜けて高い。そして、ホンダは小型ビジネススジェット機を米国で開発し、生産するなど、IT企業に匹敵するチャレンジャブルな企業文化を有します。

それはさておき、先日報道された通り、自動運転の実用化に向けては、世界経済フォーラムの呼びかけで世界連合が発足します。トヨタや日産、VW、GM、保険会社やIT企業など、27社が参加しますが、ここには、フォード、テスラ、そしてウェイモやホンダは、参加しません。
これも、今回のホンダとウェイモの提携と、無関係ではないでしょうね。

自動運転をめぐるルールづくりにおいては、欧州と米国の間の対立もあります。
ホンダは、ウェイモと組むことで、米国市場における自動運転普及に向けた足がかりを得たともいえるのではないでしょうか。
逆に、ウェイモは、ホンダと組むことにより、自動運転システムの“仲間”づくりを進めることができるわけです。

両社はどこまで自動運転に関するデータを共有し、共同開発の“実”をあげることができるか。両社の“覚悟”が問われますね。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  4. 4

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。