記事

【シェイクシャック】、モバイルオーダーを全店で展開!日本でも地殻変動が起こりえる?

161221シェイクシャック

■日本でも人気が沸騰しているファストカジュアル・ハンバーガーチェーンのシェイクシャックは12日、ほぼ全店でのモバイル・オーダーの展開を始めた。モバイル・オーダーとはスマートフォン・アプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。コーヒーチェーンのスターバックスやチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレなど一部の外食チェーンがすでに全店で展開している。シェイクシャックは2ヶ月前、ニューヨーク・マンハッタンのミッドタウン・イースト店(600 3rd Ave, New York, NY 10016)でテスト展開を行っていた。シェイクシャックのモバイルオーダーの使い方はアプリをダウンロード後に最寄りのシェイクシャック店でのピックアップ時間(15分毎)を指定する。ハンバーガー等のメニューを選択し、チェックアウトをタップして決済する。受け渡しの準備ができると、テキストメッセージで通知される仕組み。決済はアプリで事前登録しておいたクレジットカードから支払うことになる。なお、メニューではフローズンカスタードの「コンクリート(Concrete)」のみ、モバイル注文が不可となっている。シェイクシャックがモバイル・オーダーを展開している店舗は(アプリで確認できるところで)64店舗中57店舗となっている。ニューヨーク州では19店舗中17店、カリフォルニア州でも4店舗中3店舗がモバイル・オーダーが可能だ。モバイルオーダーは現在、iOSのアプリ経由のみとなっており、今後はアンドロイドでも展開が期待されている。シェイクシャックはアメリカ16州に64店舗を展開しており直営店が58店、ライセンス店は6店舗。海外では日本やイギリスなどにライセンス店41店舗を展開している。

 モバイルオーダーで先行しているスターバックスによると、モバイルからの注文が売上全体の6%を占めている。繁盛店になるほどモバイルオーダーが増える傾向にあり、3,300店のピークタイムは、モバイルオーダー&ペイが10%に達している。ピーク時注文の20%がモバイルオーダー&ペイとなった店は600店になり、1年前の3倍となっている。同社ではモバイルオーダー&ペイからの注文やモバイルからの一括注文が増えたことで、店内のPOSレジ処理が10%減少し、オペレーションが効率化していると分析している。ワシントン州シアトル郊外にあるスターバックスではモバイルオーダーで、バリスタが駐車した場所まで商品を持ってきてくれるカーブサイド・ピックアップのテストを行っている。同社は最近、人工知能(AI)を利用した注文アプリ「マイ・スターバックス・バリスタ(My Starbucks Barista)」を発表しており、音声でエスプレッソの追加からミルクの調整や変更など複雑なカスタマイズ注文に対応する。

一方、今年6月からモバイルオーダーを全店に展開したチキンサンドウィッチチェーンのチックフィレでも、子供がいるファミリー層に特に人気となっている。レジ待ちの行列に並ぶ必要はなく、せかされることなく快適に注文できるからだ。モバイルオーダーのカスタマイズにより客単価が増加する傾向も現れているという。モバイルオーダーはスターバックスやチックフィレ、チポトレ、タコベル、ウェンディーズなどのファストフードチェーンで採用されている他、外食最大手チェーンのマクドナルドもテスト展開を行う予定となっている。

 外食チェーンにとってゲームチェンジャーとなるモバイルオーダーが人気の新興バーガーチェーンでも展開されていることで、来年は外食チェーンに留まらない急速な進展が予想される。



シェイクシャック・アプリでモバイルオーダーのスクリーン・ショット。アプリで最寄りのシェイクシャック店にアクセスするとモバイルオーダーを採用している店は「オーダーナウ(Order Now)」が表示される。オーダーナウをタップして、15分毎に表示されるピックアップ時間を指定する。メニューからハンバーガーやシェイクなど「加える(Add)」をタップしてカートに入れていく。

161221モバイルオーダー@シェイクシャック02

ハンバーガーの注文画面では、チーズやトマトなどのトッピングを抜くことも可能だ。ピクルスやオニオンの他、1.55ドルのベーコンも加えることもできる。糖質制限ではパン(Bun)抜きも可能。飲み物のソーダ類には氷を抜くオプションもある。チェックアウトの注文画面にはメニューの数量を最大4つまで増やすことができる。事前にクレジットカードを入力する必要があるが(カードを撮影する)画像入力なのでラクにできた。なお、メニューではフローズンカスタードの「コンクリート(Concrete)」のみ、モバイル注文が不可となっている。

16年10月19日 - 【シェイクシャック】、スマホ注文モバイルオーダー!待ち時間ゼロでもレジ待ちに行列?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤はスターバックスの「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」にチックフィレの「チックフィレ・ワン((Chick-Fil-A One))」、ダンキンドーナツの「オン・ザ・ゴー・オーダーリング(On-the-Go Ordering)」で何度もモバイル注文を行っています。パネラブレッドではテーブルからのモバイル注文「オーダー・フロム・マイ・テーブル(Order From My Table)」も試しています。「最新!リアルとネットが融合するオムニチャネル戦略セミナー」では参加者に注文してもらっています。モバイルオーダーが当たり前のオプションになってくると、消費者心理が変わってくるのが分かります。未だにモバイルオーダーを採用していない企業は「随分と遅れている」という古いイメージになってしまうのです。サムズクラブのスキャン&ゴー(Scan & Go)で買物する機会が多くなり、コストコでは今まで感じたことのないストレスを感じるようになったのと同じです。

 日本のシェイクシャックがモバイルオーダーを始めるのは時間の問題です。メディアは取り上げるでしょうから、大手外食チェーンを含めすべての企業がこのトレンドに飲み込まれます。後藤が重ねて強調している「地殻変動」の意味が日本でも分かると思います。

16年11月28日 - 【オムニチャネル】、世界最先端のショッピング事例!ショッピング革命は大袈裟でない?

16年11月29日 - 【オムニチャネル】、近未来のショッピング事例2!未来は体験しない限り理解できない?

あわせて読みたい

「外食産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  2. 2

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    注文を"忘れる"店 大反響の裏側

    フォーブス ジャパン

  4. 4

    不祥事続き崩壊に向かう安倍内閣

    大西宏

  5. 5

    室井佑月 新聞は支持政党表明を

    キャリコネニュース

  6. 6

    日本企業復権へ「40代定年制」を

    WEDGE Infinity

  7. 7

    結婚後に1番重要なのは衛生観念?

    キャリコネニュース

  8. 8

    狙われる50代60代小金持ちオヤジ

    山本直人

  9. 9

    SMAP独立組が狙う"ネットと中国"

    渡邉裕二

  10. 10

    北朝鮮が米との交渉で痛恨のミス

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。