記事

プロ野球を“クビ”になった、年商100億円の社長 - 吉田典史

 今回は、元プロ野球の巨人や近鉄の投手で、現在、建設会社・スチールエンジ株式会社(中央区)代表取締役社長である 松谷竜二郎さん(52歳)を取材した。

 松谷社長は1988年、ドラフト2位で巨人に投手として入団。藤田元司、長嶋茂雄の2人の監督に仕えた。1995年には近鉄へ移籍し、97年に引退。その後、建設業界の会社に就職し、2003年からスチールエンジの社長を務める。社長就任後、巨人OBの王貞治に出会い大きな影響を受け、今日に至る。

「元プロ野球の選手」なんて肩書きは通用しません


松谷竜二郎さん

 1997年にプロ野球(近鉄)を引退したときに、考え抜きました。「なぜ、自分はダメだったのだろう」と失敗した理由を考えると、今後、生きていくヒントが見つかるのではないかと思ったのです。そして、生き方や考え方を180度、変えてみようと決心しました。

 まずは、プロの世界にいたという過去の誇りを捨てることでした。当時、34歳。建設現場で働く18歳の職人さんから、「こんなことも知らないのか!」と罵声を浴びせらせる毎日だったのです。とても屈辱的で、何度も辞めたいと思いました。

 しかし、巨人時代の藤田監督や末次(利光)コーチの紹介で入社させていただいた会社ですので、絶対にいい加減な辞め方はできなかったのです。見返すためにも、早く仕事を覚えようと必死でした。職人さんや営業先の方々と仕事の会話ができる知識を一日も早く身につけたい。その思いが、すべてでした。

 「元プロ野球の選手」なんて肩書きは通用するとは思っていません。

 営業先で野球の話をしたところで、「だから、何?」「今日は何のご用?」と聞かれるだけではないか、と不安でいっぱいでした。

 (1988年、藤田監督時代)ドラフト2位で巨人に入団しましたが、結局、プロとして自分が思い描いたところに達することはできなかったのです。

 プロで成功するためには、同じことを続けるという強い意志があることが大前提。「球を速く投げる」「打球を遠くへ飛ばす」という、単純ではあるものの、奥の深いことを自分なりに追求し、いかに改善できるか、数えきれないほどに繰り返すことができるかどうか。それらを極めることができるか否か。それができない人が、フェード・アウトしていくのだと痛感しました。今思えば、私もその一人だったのかも知れません。

1つのモノサシでは、人は育ちません

 私が、社員によく言っていることの1つに、「凡事徹底」という言葉があります。これは当たり前のことを人にはまねできないほどに徹底してやるという意味であり、私自身も大切にしている言葉です。

 企業社会は、違う意味で厳しいところです。プロでは、毎年、年俸交渉があり、1年間はその給与が保証されますが、会社員は、ある日突然、倒産等により職を失うことがあります。成績がよくとも、報われるとは限らない場合もあるかと思います。メンタル面では、会社員のほうが厳しく、忍耐力が求められると思います。

 2003年からは会社を経営する立場となり、人材育成の難しさを一段と感じました。私が30センチのモノサシをもっているならば、40センチの仕事をする人を「優秀」と評価し、5センチの仕事をする人を「なぜ、そんなにできないのか」と批判していました。当初は、1つのモノサシでしか、社員を判断することができなかったのです。

 社長が1つのモノサシしかもっていないようでは、人は育ちません。ましてや、組織をつくることもできません。1つのモノサシだけで判断し、「使えない社員」とレッテルを貼り、辞めさせてしまうようでは、会社の成長は難しいでしょう。

 「使えない社員」「いらない社員」という考えは、当社にはありません。「人が人を育てる」が、経営理念の1つです。仕事の覚えが少々遅い社員がいたとしても、あきらめることなく教え続けていくことが大切であり、何より、人を育てることが経営者としての責任だと思っています。

 悩んだ時に「なぜ、自分はプロで通用しなかったのか」と、思い返すことがあります。そんなときは「個人プレーに走っていないであろうか。自分ひとりでは何も始まらない。社員を育て上げ、組織をつくることこそが、自分が成すべきことだ」と、自分に言い聞かせています。

指導者はまずは、自分を責めることが必要

 先端の職人さんや社員に対し働く喜びや達成感を感じ取ることができるよう指導をしないといけないと思っています。他の業界同様に、建設業界でも少子高齢化、人手不足は深刻な悩みとなっています。人材の確保が非常に難しくなっております。だからこそ、皆が納得し気持ちよく働ける環境をつくり続けたいのです。

 今、当社は売上が100億円に迫りつつあります。しかし、私の目標はその10倍で、まだまだ発展途上です。成長し続けるためにも、人材の育成が必要となるのです。

 社員の責任にし、「社員がダメだ!」とおっしゃる社長さんもいます。たしかに、その社員に問題があるのかもしれません。しかし、指導者はまずは、自分を責めることが必要なのです。社員は、何らかの原因や理由があって働かないのです。そこを理解し自らをあらためない限り、組織はつくれません。

 私は自分を責めるようになってから、人がついてきてくれるようになったと感じております。組織もしだいにつくられ、3~4年ほど前よりようやく、会社全体が思い描いたような動きに近づいて参りました。

 プロ野球の名監督には、選手の育成が非常に上手い方が多くいらっしゃいます。藤田さん、長嶋さん、王さん、それぞれ選手の力を見抜く眼があり、そして人格者でした。特に王さんは、パーティーやレセプションなどでお会いしても、いつも謙虚です。私がこんなことを言うのはおこがましいですが、気配り・目配りが行き届いており、やはり「世界の王」と呼ばれるのにふさわしい方だと今でも尊敬しております。

 本題とは少し脱線しますが、現役時代に対戦し、強く印象に残っている選手は、中日時代の落合(博満)さんと、オリックス時代のイチロー選手です。落合さんには、正直何を投げても打たれると感じました。実際、ホームランも打たれました。

 イチロー選手はバットコントロールの凄さ。現在、米大リーグで、安打数・打率・打点・ホームランなど、すべてで好成績を残しています。打率は下がるかもしれませんが、ホームランを狙ったら1シーズン40本は打てると思います。実はロングヒッターなのですよ。

 これからも組織の先頭に立って良い仕事をしていきたいと思っております。出張などで会社を不在にすることが多いですが、安心して出張に出掛けられるのは、社員がそれぞれの職場できちんと良い仕事をしてくれているからです。

 周りの人がいてくれるからこそ、自分が生きていける。本当にありがたいことと感謝しています。そのように思えることが、指導者にとっての大事な1つの条件だと考えています。私を含め社員一丸となってより良い会社、より良い仕事ができるよう日々まい進していきます。

あわせて読みたい

「経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  3. 3

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  4. 4

    シニア議員は固定観念でガチガチ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    昭恵氏FAXへの政府の説明に憤り

    小野 次郎

  6. 6

    命の危険? 警察は籠池氏を守れ

    小林よしのり

  7. 7

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  8. 8

    蓮舫氏こそ証人喚問を受けては?

    和田政宗

  9. 9

    「官能的な街」全国1位は文京区

    SYNODOS

  10. 10

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。