記事

「お花畑」の国賊政権を糾弾する

これほど明白な日ロ領土交渉の失敗にも関わらず、マスコミの安倍政権への批判が手ぬるい。
それはもちろんマスコミが安倍政権に手なずけられてしまっているからだが、この失敗を糊塗するために、安倍首相自らがテレビに次々出演し、弁解の限りを尽くしていた。

国民は漠然とだが、四島返還どころか、二島返還もないということに気づいてはいるのだろうが、共同経済活動は評価しているようだ。
それも「特別な法制下で」など不可能であり、「ロシアの法制下」だとすでにロシア側は言っており、仮に北方四島での共同経済活動を進めたら、今以上に住みやすくなった辺境の地に、貧しいロシア人の移住が加速度的に進み、ますます領土主権の回復はありえないことが確実になっていく。

つまりロシアの北方領土の主権を強化するための共同経済活動なのである。
こんなものを平和条約の締結のために喜ぶ国民の感覚も、まさに「お花畑」の平和ボケそのものである。

そもそも「四島一括返還」が「二島返還」に後退し、さらに「平和条約締結」が「領土主権の回復」よりも優先される事態にまで後退している。
どこまでもどこまでも後退して、「領土主権の回復」なしの「平和条約締結」に至り、北方領土は完全にロシアのものということになるだろう。

今回の安倍晋三の交渉は未来に禍根を残す致命的な失敗であり、国賊の誹りを免れないほどのものであるにも関わらず、自称保守側からは徹底批判がない。

今朝の産経新聞では袴田茂樹が「何が領土交渉『敗北』を招いたか」と書いてはいるが、その中で「野党は非難できるか」とか、安倍首相の「熱意自体は評価すべき」などと生ぬるいことを書いて、安倍政権を擁護する温情を示している。
その安倍首相の「前のめりの熱意」こそが「敗北」を招いたのであり、もっとロシアを追い込んで苦境に立たせるくらいの冷徹さがあった方がいいのだ。

安倍首相のプーチンのケツなめ外交は、オバマからも、EUからも、馬鹿にされる結果を残しただけである。

こうしてどこまで失政を積み重ねても、「野党はもっと悪かった」で免罪する識者・マスコミの姿勢こそが「お花畑」で「情緒的」で「ナイーブ」なものなのだ。

今回の安倍首相の失敗は、鈴木宗男や佐藤優の「ロシアに恋した知識人」の主張の影響力があるのではないか?
わしはロシア性善説を信用していない。

ロシアは日ソ中立条約を一方的に破棄して、8月15日・日本の敗戦後も、武装解除した日本軍に襲い掛かった野蛮な国家である。

満州では日本女性を強姦しまくり、60万人の日本兵をシベリアに強制送還して、地獄の強制労働で数万人の死者を出した冷血国家である。

歴史の事実を忘れ果てた馬鹿者が、ロシアと信頼関係を結べると「お花畑」で手をつなぐ妄想に耽り、「前のめりの熱意」で再び騙されるのだ。

いいかげんにしろ!
国賊政権を他に選択肢がないなどと甘えた言い訳で支持し続けるのはやめろ!
国を亡ぼす気か!!

あわせて読みたい

「日露関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    虚偽の史実を広めた朝日は謝罪を

    門田隆将

  4. 4

    トランプ氏を手玉にとる安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  6. 6

    山尾氏の集団的自衛権=悪は危険

    篠田 英朗

  7. 7

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    子連れ登院の目的に抱いた違和感

    井戸まさえ

  9. 9

    サ市と断交?冷静な判断が必要

    米山 隆一

  10. 10

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。