記事

【ソフトバンクと米サウジ関係】

ソフトバンクグループは昨夜、米ベンチャー企業OneWebに投資すると発表しました。俯瞰するとアメリカとサウジアラビアの関係悪化が関係しているかも!

トランプ次期大統領の誕生でサウジアラビアはアメリカ投資戦略の見直しを迫られているというのはWSJ のShifting Political Landscape in US Prompts Saudi Arabia to Rethink Financial Strategy(米政治環境の変化によりサウジアラビア、投資戦略を再考)。


トランプ要因に加えて、 9・11遺族がサウジアラビア政府を相手取って損害賠償を求めることができる法律が成立したことで、サウジアラビアはアメリカで保有している資産が賠償金に使われかねないとして、ソフトバンクの投資ファンドを通じて対米投資を行うことを決めたという解説は興味深いです。

ざっくりこんな感じです(全文の翻訳ではありません)。 


メリカに数十億ドルの投資をしているサウジアラビアは、投資戦略の見直しを迫られている。

関係者によると、■2001年 9月11 日の同時多発テロを念頭に成立したテロ支援者制裁法と、■この法律を強く支持しているトランプ氏が大統領に選ばれたことがその背景だ。サウジアラビアは、法律がもたらす影響と次期政権の外交の方向性が分かるまでソブリンウェルスファンドを通じた対米投資を停止するという。

サウジアラビアは、世界最大の石油会社のアラムコの株式を上場させる計画だ。上場時期は暫定的に2018 年に設定され、資金調達額は 1000億ドルを超えると見られる。史上最大の上場となる。投資銀行が得る手数料も10 億ドル以上と見通されている。

サウジアラビアはどの証券取引所で株式を上場するかまだ決めていないが、こうした大型上場はニューヨークで行うのが最適だと銀行関係者は語る。一方、関係者によるとサウジアラビアは、ロンドンなど複数の証券取引所の代表と会談している。

サウジアラビアがとりわけ警戒しているのが、2001年の同時多発テロの被害者がサウジアラビア政府を相手取って損害賠償を求めることを可能にするテロ支援者制裁法で、ことし 9月に成立した。

実行犯19 人のうち 15人がサウジアラビア出身だったことから遺族はサウジアラビアが裏でテロを指南したと糾弾している。サウジアラビアは否定しているし、アメリカの独立委員会による調査でもそれを裏付ける証拠はないと結論づけられた。

しかし、サウジアラビアはアメリカで大型の投資をすればその資産が賠償金に使われかねないと危惧しているのだ。

トランプ次期大統領は法律が成立する前に「大統領に選ばれれば、この法律を署名する」と述べていた。トランプ氏は、自らをサウジアラビアの友人だと名乗り、サウジアラビアと長くつきあっているJames Mattis 将軍を国防長官に選任したものの、サウジアラビアに対するアメリカ軍の支援を疑問視している。

さらに、トランプ氏は原油の輸入を抑えるためにアメリカ国内で原油の生産を増やすと主張しており、これまたサウジアラビアにとっては不安材料だ。

アラムコの上場は、原油依存から脱却して産業を多様化させたいというサウジアラビアのMohammed bin Salman 副皇太子の戦略の一環で、株式全体の 5%程度を市場に放出すると見られている。その資金で国内外の投資を行う

ことし6 月にはアメリカの Uberに35 億ドルを投資したが、アメリカの政治環境が気になっていたという。6月に MBS 副皇太子はシリコンバレーでUberのような投資を増やしていく考えを示唆した。

そして 9 月。アメリカ議会がオバマ大統領の拒否権を覆す形でテロ支援者制裁法を可決成立させた。

その翌月。サウジアラビアは日本のソフトバンクバンクのファンドに 450億ドルを投資すると発表。サウジアラビア側の関係者によると、アメリカのテロ支援者制裁法が成立した後にソフトバンクに対する巨額の投資を決めた

ソフトバンクのファンドに投資した資金は直接アメリカへの投資にまわすこともできたが、直接的に対米投資を進めることに懸念があったと関係者は語る

さらにソフトバンクそのものに関心があったという。それは、■ひとつの投資によって巨額の資金をまわすことができること、さらに■世界の名だたる起業家との取引に参画できることだ。資金は、ソフトバンクの投資を経由して、結局はアメリカに行きつくことになりそうだ。

ソフトバンクグループの孫正義社長は 12 月6日にトランプ次期大統領とニューヨークのトランプタワーで会談し、アメリカで 500億ドルを投資し、5 万人の新規雇用を生み出すと記者団に語った。投資の一部はサウジアラビアが資金を入れているファンドのものとなる。

ソフトバンクのファンドに対するパッシブな投資家として、サウジアラビアのソブリンウェルスファンドは投資先を命令することはできず、結果的にサウジアラビアがアメリカで大型の投資をすることもあり得る。

あわせて読みたい

「ソフトバンク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  7. 7

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  8. 8

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。