記事

みかんの農業法人に新卒が殺到する理由

1/2

秋竹新吾(早和果樹園)=談 大和田悠一(有限責任監査法人トーマツ)=聞き手 前田はるみ=文・構成

16年前の法人化を機に、みかんの生産のみならず加工や販売を含めた6次産業化に取り組む早和果樹園(和歌山県有田市)。急斜面でのみかんづくりは決して楽ではないうえに、働きやすさや条件も一般企業と比べて恵まれているわけではない。しかし、近年は新卒学生の興味が高く、地元の合同会社説明会ではブースに長蛇の列ができるほどの人気だという。学生を惹きつける職場の魅力はどこにあるのか。後編では、販売まで手掛ける理由や海外展開、人材確保の取り組みについて聞いた。

自社ブランド販売へのこだわり

――現在は、加工品を大きな軸として取り組んでいらっしゃいますが、農家にとっては1次産業から2次産業へ、つまり生産から加工にも事業を広げるのか、さらに3次産業である飲食や小売にも参入するのか、というのは大きな論点ではないかと思います。秋竹社長は、事業領域をどのあたりまで広げるのがいいとお考えですか。

秋竹新吾(あきたけ・しんご)●株式会社早和果樹園代表取締役社長。1944年、和歌山県有田市生まれ。和歌山県立吉備高校(現有田中央高校)柑橘園芸科を卒業後、実家の果樹園を継承して就農。1979年、近隣の7みかん農家とともに早和共撰を創業する。2000年に株式会社早和果樹園へと改組して現職。
早和果樹園>> http://sowakajuen.com/

【秋竹】私たちは、小さいながらショップも運営しています。自分たちでつくって、売るところまでやっています。今後はネット販売をより強化していきたいと考えていて、6次化をさらに進めていこうとしているところです。

以前は、うちで絞ったジュースを、他の加工業者に原料提供したこともありました。でも、原料提供は利益があまり望めないんです。ある年には「これだけ欲しい」と買ってもらえても、相手の都合でその1年で終わってしまったこともあります。(自分たちの計画どおりに行かないことも多く、)原料提供は慎重にやらないといけないとも感じました。結局、自分たちのブランドで販売することが重要だと思っています。

――海外にも積極的に進出されています。特にアジアの台湾や香港などで、高級スーパーとタイアップの実績も上げられています。ただ、グローバル化については生産者によって意見が分かれるところではないかと思います。海外展開は手間暇がかかるからやめたほうがいいという意見もあれば、国内マーケットが減少傾向に向かうなか、生き残りのためには外に出ていくべきだという意見もあります。

【秋竹】やはり国内の人口が減ってマーケットが縮小していくわけですから、新たなマーケットを求めて海外に出ていくべきだというのが私の考えです。だから積極的に海外に出ていく。というよりも、それに輪をかけて、うちの営業部長が海外に行くのが好きなんです(笑)。この頃はしょっちゅう海外に販売に行ってますね。

国内で売る場合、私たちは観光地である白浜温泉や、近場では黒潮市場、お伊勢さんのおかげ横丁などで毎週のように試飲販売を行っています。自分たちの商品を広げようと思ったら、やはり知ってもらわないといけません。海外の場合も考え方は同じで、要請があれば香港、台湾、シンガポールにも行きます。現地で試飲販売したら、売上がぐっと上がります。向こうの人たちもうちの商品を大事に売ってくれますしね。そうやって国内同様、海外でもかなり広がりがでてきています。

みかん農業が直面する問題とは

――(前編では)みかん農家の高齢化が進み、やめてしまう畑が増えていくと予想されるなかで、加工を手がける農業法人としては原材料のみかんをどうやって集めるかが課題だという話がありました。みかん農業全体を考えたときに、生産上の課題はどういうところにあるのでしょうか。

急峻な斜面で太陽をいっぱいに浴びるみかん

【秋竹】みかんづくりは急斜面の畑で行うので、生産性の非効率さが一番の課題だと思います。実際に見ていただくとわかるように、誰もが驚くくらいの急斜面です。なぜ急斜面かというと、急斜面で排水に優れた場所でつくると、皮や袋が薄くて、糖度も高い、良質のみかんができるからです。

ただ、急斜面での生産は非効率で、危険度も高い。個人農家ならケガは自己責任になるのでしょうが、会社の場合は会社の責任ということになります。作業する人たちの安全をいかに確保するか。ここに農業を法人化していくうえでの難しさを感じます。会社としては、できるだけ平坦な安全な場所でみかんづくりをしたいというのが本音。ですが、みかんの品質を上げていこうとすれば、急斜面は避けられません。

――急斜面には機械を入れるのも難しいでしょうね。

【秋竹】難しいです。手作業でやらなければならないことが多くて、大変です。せいぜい2トン車が現地まで入っていって、あとはモノレールで運ぶくらいですね。非効率かつ危険な作業環境を解決するような画期的な方法が生まれない限り、みかん農家が減っていく現状は止められないと思います。

あわせて読みたい

「農業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  2. 2

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  3. 3

    韓国大統領をかばう朝日新聞社説

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  5. 5

    ウーマン村本批判は言いがかり

    猪野 亨

  6. 6

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

  7. 7

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  9. 9

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  10. 10

    「薬飲むのはズル」は誤った考え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。