記事

米アップル、インドネシアでiPhone7販売可能に R&D投資

[ジャカルタ 16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、今後3年間にインドネシアでの研究開発(R&D)センターに約4400万ドルを投資する計画という。インドネシアの政府当局者が明らかにした。

一部の同業他社に後れを取るアップルは同国市場で、最新スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)7」の販売が可能になる。

インドネシアは2017年1月から国内で販売する第4世代(4G)技術対応携帯電話の現地調達率を30%以上にすることを規定しており、対象にはハードウエア、ソフトウエアのほか、投資も含まれる。

産業省の当局者は、アップルが11月に「現地調達に関する認定」を受けたと明らかにした。

さらに「アップルは3年間にわたってR&Dに約4400万ドルを投資することを約束した」とし、「したがって600万ルピア(448ドル)以上の端末の販売が可能になり、すべてのアイフォーンが販売できる」と述べた。

アップルの広報担当者は投資額を確認しなかったが、同社が昨年発表したインドネシアでの研究開発施設の建設計画に言及した。

あわせて読みたい

「iPhone7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  2. 2

    DeNA採用担当 就活生とホテルへ

    文春オンライン

  3. 3

    元乃木坂の橋本奈々未が男と密会

    文春オンライン

  4. 4

    豊洲移転を妨げるゼロリスク信仰

    WEDGE Infinity

  5. 5

    松潤"裏切りの4年恋人"AV嬢直撃

    文春オンライン

  6. 6

    米の対応で北と全面戦争の可能性

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    浅草に衝撃のラーメン食べ放題店

    みんなのごはん

  8. 8

    Netflixを追撃?Amazonの動画戦略

    フォーブス ジャパン

  9. 9

    ポテチは米国産ポテトじゃダメ?

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  10. 10

    今村大臣の失言で安倍総理が謝罪

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。