記事

米アップル、インドネシアでiPhone7販売可能に R&D投資

[ジャカルタ 16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、今後3年間にインドネシアでの研究開発(R&D)センターに約4400万ドルを投資する計画という。インドネシアの政府当局者が明らかにした。

一部の同業他社に後れを取るアップルは同国市場で、最新スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)7」の販売が可能になる。

インドネシアは2017年1月から国内で販売する第4世代(4G)技術対応携帯電話の現地調達率を30%以上にすることを規定しており、対象にはハードウエア、ソフトウエアのほか、投資も含まれる。

産業省の当局者は、アップルが11月に「現地調達に関する認定」を受けたと明らかにした。

さらに「アップルは3年間にわたってR&Dに約4400万ドルを投資することを約束した」とし、「したがって600万ルピア(448ドル)以上の端末の販売が可能になり、すべてのアイフォーンが販売できる」と述べた。

アップルの広報担当者は投資額を確認しなかったが、同社が昨年発表したインドネシアでの研究開発施設の建設計画に言及した。

あわせて読みたい

「iPhone7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  2. 2

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  3. 3

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  4. 4

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  8. 8

    人気店が"一見さんお断り"の理由

    内藤忍

  9. 9

    誰が書いた? 昭恵氏FB投稿に懸念

    郷原信郎

  10. 10

    みんなのクレジット 無残な実態

    吊られた男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。