記事

米アップル、インドネシアでiPhone7販売可能に R&D投資

[ジャカルタ 16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、今後3年間にインドネシアでの研究開発(R&D)センターに約4400万ドルを投資する計画という。インドネシアの政府当局者が明らかにした。

一部の同業他社に後れを取るアップルは同国市場で、最新スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)7」の販売が可能になる。

インドネシアは2017年1月から国内で販売する第4世代(4G)技術対応携帯電話の現地調達率を30%以上にすることを規定しており、対象にはハードウエア、ソフトウエアのほか、投資も含まれる。

産業省の当局者は、アップルが11月に「現地調達に関する認定」を受けたと明らかにした。

さらに「アップルは3年間にわたってR&Dに約4400万ドルを投資することを約束した」とし、「したがって600万ルピア(448ドル)以上の端末の販売が可能になり、すべてのアイフォーンが販売できる」と述べた。

アップルの広報担当者は投資額を確認しなかったが、同社が昨年発表したインドネシアでの研究開発施設の建設計画に言及した。

あわせて読みたい

「iPhone7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  2. 2

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  3. 3

    女性が考える「こんな男は嫌だ」

    キャリコネニュース

  4. 4

    共謀罪で暴論語る小林よしのり氏

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    痴漢捜査後に自殺 裁判の行方は

    渋井哲也

  6. 6

    "総理のご意向"有無の議論は不毛

    長尾敬

  7. 7

    "有名人の店"に破綻が多いワケ

    ヒロ

  8. 8

    官邸の情報操作に加担した読売

    大西宏

  9. 9

    カール販売終了は関西人にも衝撃

    THE PAGE

  10. 10

    安倍首相の間違い認めた東電社長

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。