記事

レーガン大統領が当選した後の株式市場は、どんなだったか?

ドナルド・トランプが当選して以来、米国の株式市場はラリーしています。

それを見て「今回はレーガン大統領の時代の再来だ」と浮かれている人たちが居ます。

たしかに当選が決まった後で投資家がこれを歓迎し、マーケットが急騰したという点では両者は似ています。

あのときもマーケットは+10%近く急騰し、ダウ工業株価平均指数は1000.17を付けました。(こんにち「ダウ2万!」の掛け声が聞かれるのと不気味なほど似ています)

1981年早々、当時の著名なテクニカル・アナリスト、グランヴィルが「全ての希望を捨てよ!」というレポートを書きます。それがきっかけとなりマーケットは大きな出来高を伴い下落に転じます。

FRBが相次いで利上げしたため、マーケットには逆風が吹き始めます。

レーガン大統領の経済政策(=のちにレーガノミックスという名前がつきました)は「余計に利上げのペースを速める」と不評でした。

特に当時の投資家たちは米国連邦政府の財政赤字を問題視しました。

このような地合いの中でソハイオ(=スタンダード石油オハイオ)は1980年の高値92ドルから36ドルへ、アーコ(=アトランティック・リッチフィールド)は55ドルから22ドルへ、ハリバートンは86ドルから44ドルへと下がります。

金鉱株も下がりました。ホームステイク・マイニングは88ドルから36ドルまで下がります。

結局、1981年のS&P500の年間パフォーマンスは-9.7%でした。

1

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  4. 4

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  5. 5

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  6. 6

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  7. 7

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  8. 8

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  10. 10

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。