記事

地方政治から崩れはじめた自民党

熟れた柿が落ちるように、大阪ではじまり、また東京でも地方議会で自民党が影響力を失いはじめてきています。小池都知事の各会派への挨拶回りで、自民党と公明党では対象的だったことが報道されていましたが、大阪でも維新と公明党とが急接近してきています。大阪都構想、どうなった? 維新「再挑戦」、公明に接近:朝日新聞デジタル :

つまり公明党は、国政ではいざしらず、地方で自民党と組んでいては支持を失いかねないと判断したのでしょう。大阪では、都構想を潰すためにふりかまわず共産党と共闘して信頼を損ね、東京でも、アンケートをすれば、おそらく嫌いな政治家ランキングでぶっちぎりのトップを取るかもしれない森元総理とともにスクラムを組んで、ヒール役を演じてきたとなれば、人一倍選挙を気にする公明党が距離を置こうとするのも当然です。

民進党も民主党時代に公明党ように、世論変の化の機を見る感受性、また敏に動く運動神経を持ち合わせていれば、大阪で美辞麗句を並べるだけで利権を守るための政策しかない平松候補を推さなかったでしょうし、あげくは国政でも地方でも平衡感覚も居場所をも見失い、失速することもなかったのかもしれません。今では、新代表の蓮舫さんは福島瑞穂さんを彷彿させ、また党も社民党化し、痛々しい限りです。

政治の流れが地方から起こってきています。その流れに自民党も民進党もついてこれていません。地方政治なので、沖縄のように政権と全面対決することもできるでしょうが、大阪や東京のように政権との摩擦を回避することができるのもこの変化の流れにプラスに働いています。安倍内閣との距離感では、大阪の自民党よりも維新のほうが近いと感じてしまうほどです。

国政では抱えている課題のどれをとっても一筋縄では解決しない問題が多く、国民にとってもなにを改革すればいいのかがわかりづらく、したがって政権が安定していることを望んでいるのでしょうが、地方政治のほうが身近で、具体的でわかりやすい課題が多いので、政策で誰を支持するのかも判断できます。

これまではいわばブラックボックスだった地方政治に人びとが関心を寄せ、政策選択の是非によって、一票を投じるようになってくれば、日本の民主主義も前進し、やがて国政にもいい変化が起こってくるのではないでしょうか。自民党が地方で生き残るためには、積極的に地方政治改革に自ら踏み込む以外はないのですが、それはこれまでの利権を失うことにもなりかねない諸刃なので、結局は分解していくのかもしれません。

あわせて読みたい

「地方自治」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    "普段着でお越し下さい"の正解は

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  5. 5

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  6. 6

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  7. 7

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  8. 8

    タバコは非合法化し農家に補償を

    メディアゴン

  9. 9

    待機児童 なぜ解決できないのか

    駒崎弘樹

  10. 10

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。