記事

ドル急騰! FOMCでドットプロットが動いた! イエレン議長は「次のリズム」をイッパツで打ち出した

今日、2日間に渡って開催されていた連邦公開市場委員会(FOMC)が終わり、大方の予想通り+0.25%の利上げがありました。

サプライズは経済予想サマリー(SEP)でした。これは俗に「ドットプロット」と呼ばれることもあります。そこではFOMCメンバーによる今後の政策金利ならびに経済の予想が示されます。

フェデラルファンズ・レートに関しては、これまで「2017年末のコンセンサス予想は1.1%」となっていたのですが、それが1.4%に動きました。僕は(たぶん1.2%~1.3%くらいになるかな?)と思っていたので、それよりも大きな動きでした。

1

またこれまではドットプロットが発表される度にコンセンサス予想が下がっていたのですが、今回はそのトレンドが逆流した点も見逃せません。

2018年、2019年に関してもコンセンサス予想は上昇しています。それらは:

2017年 3回
2018年 3回
2019年 3回


の利上げを示唆しています。すると……この毎年3回というのが、新しいリズムになるというわけです。

過去の経験則では、FRBが利上げに転じた時、はやく「新しい利上げのペースは年○回ですから、ヨロシク!」という風にリズムを掴むということが重要でした。それが出来た時は景気拡大が長持ちしたのです。

反面、ブレーキとアクセルを交互に踏むような、ギクシャクした手綱さばきのときは景気拡大が短命に終わるケースが多かったです。

実際にこの「年3回」のペースで行けるかどうかは、まだわかりません。

しかし今日はこの強力なメッセージを見て、強烈なドル高に振れました。

【お知らせ】
今夜、緊急セミナーを行います。詳しくは下のリンクを参照してください。

マネックス証券主催オンラインセミナー『FOMC後のマーケットはどうなる?』

あわせて読みたい

「FRB」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    牛乳石鹸 不可解なCMに困惑の声

    キャリコネニュース

  2. 2

    ウーマン村本 戦争反対を再表明

    キャリコネニュース

  3. 3

    北緊迫のいま慰安婦問題騒ぐ韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    前原氏「小池新党との連携あり」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    廃止に1兆円 議員年金復活は論外

    やながせ裕文 東京都議会議員

  7. 7

    腰砕け金正恩氏 ミサイルを保留

    高英起

  8. 8

    VALU多売事件 注目=信用ではない

    広瀬隆雄

  9. 9

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  10. 10

    内田樹氏「政党史上で今が最低」

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。