記事

「刑務所幹部に性的虐待され妊娠させられて…」北朝鮮の被害女性が勇気ある告発

金正恩氏

北朝鮮で行われている反人道的な犯罪について、金正恩党委員長ら国家の指導部にその責任を問うべきとの声が高まっている。韓国のソウルには国連の傘下機関として人権事務所が設置され、北朝鮮の人権状況を監視し、被害者の証言を記録している。

韓国政府も今年になって成立・施行された北朝鮮人権法に基づき、北朝鮮人権記録センターを設立。北朝鮮の指導部に人権侵害の責任を問うための法的根拠を整理しようとしている。

麻酔もせずに

こうした動きを受けて、韓国の民間団体が運営する対北短波ラジオ「国民統一放送」は、独自に人権侵害被害者の証言の掘り起こしを行い、その証言を北朝鮮に向け発信している。

その最初の証言者となったのは、脱北女性のキム・チャンミさんだ。2007年、チャンミさんはいったんは中国へ逃れたものの北朝鮮に強制送還され、拘留場、集結所、教化所に収監され、ひどい人権侵害を受けた。

彼女の体験談は、どれもにわかには信じられないようなものばかりだが、とりわけひどいのが、北朝鮮の収容施設で当局幹部により性的虐待され、妊娠させられ、麻酔もせずに中絶手術をされたというものだ。

(参考記事:刑務所の幹部に強姦され、中絶手術を受けさせられた北朝鮮女性の証言

北朝鮮の収容施設で、こうした行為が横行しているということ自体は、以前から知られていた。しかしいざ、当事者の証言と接すると言葉を失ってしまう。

しかし当事者の告発なくして、人権侵害の責任追及は力を持たない。

チャンミさんは国民統一放送のインタビューで、「女性としてこのような話をすることは容易ではないのに、どのように勇気を発揮することができたのか」と問われ、次のように答えている。

「性的虐待されたのが私一人だけだったら、墓場まで持っていったかもしれません。しかし、あのようなことはまだ北朝鮮で起きています。

私を性的虐待した監察課副課長だけでなく、それなりのポストにいる人々は、一般庶民を軽く見ている。多くの人が被害を受けているのに、家族すら知りません。私の家族も、私がこんな目にあったことを未だに知りません。だから、韓国にいる今、堂々と事実を知らせたいのです。早く統一されて、北朝鮮から苦痛が消えて、人々が普通の暮らしを送れるようになることを望むばかりです。

性的虐待と強制中絶は女性被害者に深刻な精神的肉体的苦痛を与える反人道犯罪です。国際社会は、このような反人道犯罪を記録しており、加害者に責任を問う日が来るでしょう。拘留場と集結所にいる北朝鮮当局者たちは、今すぐに収監者に対する人権侵害をやめなければなりません」

こうした勇気ある告発が、北朝鮮の人権状況の改善につながることを切に願う。

(参考記事:北朝鮮、拘禁施設の過酷な実態…「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。