記事

なぜ子供に「受験戦争」を強いると、将来伸び悩むのか

慶應義塾大学 准教授 中室牧子 文=須藤 輝

忍耐力や自制心が子供の将来を変える

子供が成人しても無職のままだったら――。3年前、総務省は35~44歳の男女のうち「未婚のまま親と同居する人口」が295万人にのぼり、当該年齢帯の6人に1人に相当すると発表した。彼らは低学歴に限られるわけではない。近年、大卒者と高卒者の賃金格差は縮小しているが、その一方で「大卒者間」の賃金格差が拡大している(図1)。子供の将来を左右するのは、学歴だけではなく、いわゆる「生きる力」だ。これを養うにはどうすればいいのか。

慶應義塾大学准教授の中室牧子氏は「『非認知能力』を伸ばすことが鍵になる」と話す。「学力テストやIQなどで計測できる能力は『認知能力』。それに対し、『忍耐力』『自制心』『社会性』といった人間の資質や性格的な特徴を一般に『非認知能力』と呼びます。近年、心理学の手法を用いて、非認知能力を数値化し、その非認知能力が子供の将来の成功にどのような影響を与えるのかという研究が進んできました。その結果、幼児期に培われた非認知能力は、子供の将来の成功に大きな影響を及ぼすことがわかったのです」

その実証例がシカゴ大学のヘックマン教授らの研究だ。ヘックマン教授らは、1960年代から開始され、現在も追跡調査が行われている米ミシガン州の「ペリー幼稚園プログラム」に注目した。これは3~4歳の子供たちに「質の高い就学前教育」を提供する実験で、追跡調査の結果、入園資格のある子供のうち、入園できた子供はできなかった子供に比べて、19歳時点での高校卒業率、27歳時点での持ち家率、40歳時点での所得などが軒並み高くなっていることがわかった(図2)。

ただし「ペリー幼稚園プログラム」のデータを用いた一連の研究では、認知能力、非認知能力、そして親のかかわりという3つが厳密には切り分けられていなかった。現在、シカゴ大学のジョン・リスト教授らが新しい調査に取り組んでいる。これはシカゴの貧困地域に住む就学前の子供をランダムに4つのグループへ振り分けた追跡調査だ。リスト教授らが新しく作った「認知能力」を重視した教育課程の幼稚園、「非認知能力」を重視した幼稚園、幼稚園には通わないが保護者が「保護者のための学校(Parenting Academy)」に参加し、子供の発達度合いに応じて年間最大7000ドルを受け取れるグループ、そしてそのいずれの対象にもならないグループの4つである。

「これまでの研究では、就学前の教育が重要だということはわかっていても、『何をすればよいのか』ということについての答えが十分に示されているわけではありませんでした。この調査が進めば、幼児教育へのより効果的な投資のあり方が明らかになるでしょう。報道などを通じてリスト教授の最近の発言を見ると、非認知能力を重視した教育課程の子供たちの発達が顕著なようです」(中室氏)

「先送りがち」の人は禁煙や貯金も無理

非認知能力の重要性を示す実証例は日本にもある。神戸大の西村和雄教授らによる研究では、「嘘をついてはいけない」「他人に親切にする」「ルールを守る」「勉強をする」という4つのしつけを「受けた」と答えた人は、「受けなかった」と答えた人に比べて、年収で86万円の差があった(図3)。



非認知能力は、幼少期に鍛えたほうが効果が大きいといわれているが、10歳前後で頭打ちになるIQに比べて、それ以降も伸ばすことができると考えられている。このため最近では非認知能力を鍛える手段として、部活動や社会奉仕活動などが再評価されている。だが「非認知」を言い訳に、部活動ばかりになれば親は不安になるだろう。中室氏は「2つの能力を同時に高める方法もある」と話す。

「たとえば『勉強の計画を立てさせる』。計画を立てる力がつけば、『先送り行動』を抑止する自制心も身につく。大阪大学の池田新介教授らの研究によると、先送り行動をとる人は、学習を先送りするだけでなく、ダイエットや禁煙、貯蓄なども先送りすることが示されています」

無計画な「受験戦争」で燃え尽きた子供は、非認知能力を伸ばす機会を失ってしまう。子育てにも科学的根拠が必要だ。

慶應義塾大学 准教授 中室牧子(なかむろ・まきこ)

1998年慶應義塾大学環境情報学部卒業。日本銀行、世界銀行を経て、米コロンビア大学博士課程修了(Ph.D.)。2013年から現職。専門は教育経済学。著書に『「学力」の経済学』。  

あわせて読みたい

「しつけ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  2. 2

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  3. 3

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  4. 4

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  5. 5

    誰が書いた? 昭恵氏FB投稿に懸念

    郷原信郎

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    人気店が"一見さんお断り"の理由

    内藤忍

  8. 8

    画面が割れたiPhoneの修理料金は

    S-MAX

  9. 9

    みんなのクレジット 無残な実態

    吊られた男

  10. 10

    大きなハンデを負う"高校中退"

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。