記事

キュレーションサイトの問題は、リサーチャーすべてが直面している問題じゃないのか

1/2

キュレーションサイトをめぐる一連の騒ぎをみていて、これって実はリサーチする人間のほとんど全員が直面している問題じゃないかなぁと思ったので、そのことについて少し書いてみます。

なお、以下「キュレーション」という言葉をネガティブな文脈の中で使いますが、この言葉・作業は本来もっとクリエイティブでありうるものです。(参考:美術作品を世の中につなぐ高度な専門職がキュレーター|ojo

以下目次です。

  • ウェブ完結型リサーチ
  • キュレーションサイトは「正しい」
  • すべての調査者が直面するウェブ完結型リサーチの誘惑
  • 結果としてどうなるか
    • 欲望が複製される
    • リサーチの貧窮化
    • 嘘がまかり通る
  • どうするべきなのか

ウェブ完結型リサーチ

今回の騒ぎの中で、何人かのライターや編集担当の証言が出てきました。

1円ライターから見た、キュレーションサイト「炎上」の現場 « マガジン航[kɔː]

「MERY」記事量産、経験者が語る現場 「ノルマ90分に1本、遅いと指導も」 | withnews

共通するのは、実際に現場に足を運んだり、インタビューをしたりして、取材することはなかったと述べていることです。つまり、この書き手たちは、自分たちの記事の基礎となるリサーチを、すべてウェブの中で完結させていました。

Web 2.0 という、今では懐かしい標語があります。そう望めば、すべての人が、自分の発言・発信を行える時代、ぐらいの意味でした。Web 2.0 の情報生産が、リアルな社会を基盤として、そこから吸い上げた材料を誰もがウェブ上に発信できるというモデルだったとすれば、ウェブ完結型リサーチの時代の情報生産は、リアルな社会を基盤としていません。ネットの中にあるものだけがリサーチの対象で、それを切り貼りしてつなぎ合わせて、「新しい」ものに仕立て上げる。自己完結した閉域です。

あらためて思ったのは、私たちのウェブ社会は、ほとんど専門的なスキルのない書き手までもが、それができるようになるところまで来てるんだな、ということです。

キュレーションサイトは「正しい」

さて、キュレーションサイトは強い批判にさらされましたが、そこでやっていたことは、実に理にかなったことでした。ウェブ上のキュレーションサイトとは、一種の「検索の代行」だったからです。そのことは、この形態のサービスが現れたときに、たとえば以下のような言い方で注目がされていたことからもわかります。

グーグルに代表されるロボット型の検索サービス全盛のいま、にわかに存在感を強めているキュレーション。ロボットに対する「人力検索」の逆襲とも言える。

(「キュレーション 王者グーグルを追う人力の新興勢力」『日本経済新聞』2010/12/30)

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO20771920Z21C10A2000000/?df=3

キュレーションサイトが狙っていたのは、「みんなが検索するであろう言葉」「話題になっている言葉」についての情報を先回りして収集し、まとめ、感想をくっつけて提示するという作業です。人は「人が欲しているもの」を欲するのだとするならば、これはまさに理にかなった作業です。だからこそ、関連企業はここまで成長できたわけです。

つけ加えれば、これはSNSのシェア文化と、近い関係にあります。シェアは、ネット上で流れた来た情報を、シェア者のお墨付き(シェア者の名前やコメント)を付けて再放流する作業です。ほとんどの場合、そこでは検証や吟味は行われません。ネット上の情報を、ネット上で水平方向に広げているだけ。キュレーション・ライターがやっていたことは、SNS的なシェア文化とやはり同時代のものなのだといえそうです。

あわせて読みたい

「WELQ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。