記事

人工知能の東大「断念」の意味は

国立情報学研究所の研究チームを中心に開発していた東京大学合格を目指す人工知能(AI)の「東ロボくん」が、東大合格を諦めて「進路変更」したというニュースが話題になっています。「東ロボくん」には何ができて、何ができなかったのか……これは現在のAI開発を考えるだけでなく、将来、AIが進歩・普及した時代に、人間には何が求められるのか……という大きな問題を含んでいそうです。

読解問題で弱点を克服できず

「ロボットは東大に入れるか」は2011(平成23)年にスタートしたプロジェクトで、AI開発の一環として、22(同34)年までに東大に合格することを目指していました。研究は順調に進んで、2016(平成28)年の進研模試では、国公立23校、有名私立大学などを含む512校に対して「合格率80%以上」の成績を収めました。しかし東大合格までには至らず、今後は本来のテーマであるAIの応用研究に専念することになりました。

全体としては、数学を除く国語や英語での得点が伸びず、今後の成績アップも困難ということで、東大受験を凍結することになりました。

一方、世界的に見ればAIの進歩は、大変なスピードで進んでいます。スマートフォン(スマホ)による音声認識でのネット検索が、もう身近な存在であることからもわかると思います。

また、今後10~20年間で、日本の総雇用者の49%の仕事がAIに置き換えられるという研究報告もあります。確かに単なる知識だけならば、人間よりもAIのほうが各段に優れていることは間違いありません。

では、そんな時代に、人間にはどんな能力が求められるのか。言い換えれば、AIが普及した時代において、どんな人間が活躍できるのでしょうか。そのヒントが東ロボくんにありそうです。

これからの子たちに必要なのは「読解力」

出版されている教科書や参考書のデータを学習した東ロボくんは、知識を問う問題には圧倒的な強さを見せました。しかし数学を除く記述式問題では、文章の意味を理解したうえで解答するような問題で思うような成果が得られませんでした。

文章の意味を問う問題を解くには、文章にはない部分での常識や価値観をベースにした「読解力」が必要になるのに対して、東ロボくんは文章の統計的処理しかできなかったからです。つまり、これからの時代を生きる子どもたちに必要なのは、読解力だといえます。
ただし、ここでいう読解力とは「作者の気持ちを答えろ」という種類のものではなく、知識や体験・価値観に基づき、論理的思考力・判断力などを使って物事を読み解く力のことです。

その意味で、知識の習得だけでなく、論理的思考力・判断力・表現力などの育成を柱とする学習指導要領の改訂や、大学入試センター試験に替わる新テストでの記述式問題の導入といった大学入試改革などの現在の教育改革は、AIが普及した時代を生きる子どもたちを育てることを目指したものともいえます。

「単なる知識の多寡を競う時代は終わった」と言われても、目の前の大学受験などを考えると、なかなか受け入れることは難しいかもしれません。しかし東ロボくんの「進路変更」は、これからの時代にどんな力が必要なのかを、逆説的に明らかにしたともいえるのではないでしょうか。

※NII人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」/センター試験模試6科目で偏差値50以上
http://www.nii.ac.jp/news/2016/1114/

(筆者:斎藤剛史)

あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  3. 3

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  4. 4

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

  5. 5

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    米関税免除の代償に苦しむ韓国

    ロイター

  8. 8

    企業の人手不足 IT業界は7割超に

    MONEYzine

  9. 9

    安倍首相は圧勝? 新聞各社の思惑

    深谷隆司

  10. 10

    総裁選は文句なく安倍首相の圧勝

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。