記事

イタリアの問題銀行、モンテ・デ・パスキを巡る状況が暗転 今週末にも何か重大な展開か?

イタリアのモンテ・デ・パスキ銀行は、不良債権を抱えており、経営危機に瀕しています。

しかし同行はこれまで、手をこまねいて、リストラクチャリングの努力を怠ってきました。

欧州中央銀行(ECB)は「12月末までに資本再構成を完了するように」と要求してきました。

具体的には:

1)50億ユーロの増資
2)デット・フォー・エクイティー・スワップの実行
3)280億ユーロにのぼる焦げ付き融資の処理


です。

これに対し、モンテ・デ・パスキ側は「1月20日まで延長して欲しい」とリクエストしていました。今日、ECBは、「それは出来ない」とこの要請を却下しました。

なぜ12月末の期限ではモンテ・デ・パスキ側がダメなのか? その理由はカタール政府やJPモルガン・チェースなど、民間企業からの資本注入の交渉が、上手く行っていないからなのではないか? と、僕は考えます。

すると、倒産を回避するためには、イタリア政府が直接、モンテ・デ・パスキに資本注入することになります。

まず、その行為はEU憲法違反です。(たぶん欧州委員会は、背に腹は代えられないので、OKするでしょう)

つぎにイタリア政府がモンテ・デ・パスキに資本注入したら、自動的にジュニア・デット(劣後債務)の保有者は、ヘアカット、つまり評価の減価を強いられます。

モンテ・デ・パスキのジュニア・デットは、個人投資家にポピュラーな商品です。

だからモンテ・デ・パスキ債が大幅なヘアカットをこうむったら、個人の預金者は「あそこは危ない!」ということになり、預金を引き出し始めるリスクがあります。

つまり取り付け騒ぎです。

ECBに話を戻すと、資本注入の決断はドラギ総裁に一任されているのではなく、ECBのボードメンバーの合議によります。

つまり機動力に欠けるということです。

既にモンテ・デ・パスキの取締役会は、今、緊急に招集がかかっています。

今週末、イタリア政府から、なんらかの布告(decree)が出る可能性があります。

市場関係者が(未だ、とうぶん来ないだろう)と思っていた「終末」が、突然、繰り上がってやってきそうな雰囲気なのです。

あわせて読みたい

「イタリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  6. 6

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  7. 7

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  8. 8

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  9. 9

    民進から資金? 無所属の会に疑問

    早川忠孝

  10. 10

    常識的だった昔の近藤誠氏の主張

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。