記事

Yahoo!ニュース個人「年間アワード」を受賞した湯浅誠さんのスピーチが素晴らしかった

1/2

f:id:kamematsu:20161208085035j:plain

さまざまな分野の専門家やライターが記事を寄稿するオンラインメディア「Yahoo!ニュース個人」の年間アワードを発表するカンファレンスが12月7日、東京ステーションホテルで開かれ、2016年のベストオーサーに法政大学教授で社会活動家の湯浅誠さんが選ばれた。

・「Yahoo!ニュース 個人」、2016年のベストオーサーに湯浅誠氏 | AdverTimes(アドタイ)

アワードの発表後に、湯浅さんの受賞記念スピーチがあった。その内容が素晴らしかったので、全文を紹介したい。

湯浅さんは「子どもの貧困」をテーマに、Yahoo!ニュース個人で記事を発信している。そのときに心がけていることとして、(1)貧困問題の「牽引車」と位置付ける(2)読者の疑問に応える(3)さまざまな人々の目線を合わせて阻害要因を取り除く、という3点をあげた。

この考え方は、子どもの貧困問題だけでなく、いろいろな社会的な課題について発信したり、報道したりするときにも応用できると感じた。約15分のコンパクトなスピーチだが、社会的な活動に取り組んでいる人や、報道や広報などメディアに関わる仕事をしている人に、なんらかの示唆を与えてくれるはずだ。

湯浅誠さんのオーサーアワード受賞記念スピーチ

欧米人でもないのに、このヘッドセットというのは、なんとなくこなれなくて、手が遊んじゃうという感じなんですけど(笑)

このタイトル(『1ミリでも進める子どもの貧困対策』)で連載をさせていただいています。さっきも言いましたように、とにかく「1ミリでも進める」ということを考え、心がけて、私自身やってきましたし、そうやっている人たちのこともたくさん知っているので、その方たちのことを発信しようと思って、やっています。

◇社会活動家は「一人三役」

それに対してどういうことが必要なのかという話なんですけど、私は、社会活動家と名乗っております。この肩書きを自称しているのは、私とパソナの会長の南部さんぐらいなんじゃないかと思っておりますけど(笑)

「活動家は一人三役だ」といつも言っています。一つはまず「現場」を進めるということですね。個別対応で相談に乗ったり、個々の団体に関わったり。それから「社会的雰囲気」を醸成する。社会的な雰囲気を盛り上げないと物事が進んでいきません。そして、直接「政治」に働きかける。

f:id:kamematsu:20161207161511j:plain

対個人、対社会、対政治。この三つをやらないと物事が進んでいかない。そういう意味で「一人三役」なんだと、ずっと言ってきたんですけど、今回のYahoo!ニュース個人での配信は、主にこの2番に関わるということになります。

私自身、いろいろなテーマに関わっています。みなさんもそうだと思います。それぞれのテーマについて、この「対個人」「対社会」「対政治」というレベルがあるんですけど、Yahoo!ニュースでの発信は主にここに関わる。「子どもの貧困」の「対社会」ですね。

ですけど、ほかにもいろいろと相関関係にあるので、たとえば、自分が関わっている税制改正要望の件で、Yahoo!ニュース個人に配信させてもらって「対政治」的な働きかけに使うとか、「大人の貧困」問題を意識しながら、記事を書いたこともあります。そういう意味では、完全に独立・孤立しているものというよりは、いろんなこととの相関関係の中で書かせてもらっているし、そういうことが全体を進めていくうえで必要なんじゃないかなと思っています。

◇社会的雰囲気を醸成するために必要な「3つのこと」

そう考えてくると、「子どもの貧困」対策を進めるうえでの「社会的雰囲気」の醸成をしていくために何が必要なのか、ということになるんですけれども、私は3点ほど思っています。

f:id:kamematsu:20161207161704j:plain

1点目は、この問題は「貧困問題全体の牽引車」だと思っています。子どもの貧困は大人の貧困に比べて、いわゆる自己責任を言われにくい。子どもは親を選べない。「それまでにどうにかできただろう」「いやいや、3歳ですけど」という話ですから、どうにかできない。だからこそ、世の中の共感を得やすいので、だとしたら、共感を得られる潜在力を最大限発揮して、いわば貧困問題全体の機関車として、全体の貧困問題を引っ張っていってほしいという期待が一つあります。そのための役割を果たせるだろうと思います。

そして(2点目として)、こうした問題は、関心がないとか偏見があるとかいろんなところにまみれがちですので、さまざま疑問を持たれている方がとても多い。それに対しては「疑問に応えていく」ということを丁寧にやっていかないといけない。記事はどうしても、まずこちらから発信する。発信が先行しますので、この問題を進めるためには、「読者がどういうところで疑問に思うかな」ということを先回りして、その回答を文章の中に盛り込んでいくということが必要になってくるだろうと思って、やっています。

もう一つ、最後は「目線を合わせて阻害要因を取り除く」ということが必要だろうということです。これは、この問題に限りませんけど、いろんなテーマで二極分化したり、両極がいがみ合うみたいな言説が増えていて、危機感を持っています。そういう意味では、お互いの目線を合わせていくというのが、言葉を発する者としては必要です。それが結局は、反対する違和感をもつ人たちを減らして、物事を進めていく。要するに、大きな石を動かすときに、逆からの力を弱めるという感じですかね。「賛成してくれなくてもいいので、反対しないでほしい」という感じです。こういう感じの中で、阻害要因を取り除くということが必要かな、と。

f:id:kamematsu:20161207161754j:plain

簡単に一つ一つ見ていくと、まず「牽引車」としての役割について言うと、さきほども申し上げたように、責任がないということが大きいです。子どもの貧困問題は、実際は子育て世代の貧困なので、親の貧困が深く深く関わっていますが、あえてそこは切り離す。そして、まずは子どもの問題にフォーカスして考える。「子どもの問題を放置できないよね」という中で、だんだんと親の問題にも達していく。そうしたことを考えています。

f:id:kamematsu:20161207161825j:plain

そして2点目。「疑問に応える」というのは、これはちょうど昨日出した記事(『子どもの貧困 「昔のほうが大変だった」への対処法』)ですけど、昨日出したものはどうしても言われちゃうんですね。「昔のほうが大変だったよ」と。特に高齢の、特に男性から。そういう方たちが、地方へ行くと、自治会長をやっていたり、地方議会の議員さんだったりします。よく、思いのある女性や若者から愚痴を聞く。「そういう人たちがそういうものだから、言い出せないんですよ」と、聞くんですよね。そういうのをどうしていったらいいかなということで、やっぱり、その方たちにも理解してもらう必要がある。ということで、その方たちがどれくらい読んでくれるか分からないんですけど、届けるつもりで書きました。

あわせて読みたい

「湯浅誠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  2. 2

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  3. 3

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  4. 4

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  5. 5

    小池氏辞任に若者は「やっぱり」

    AbemaTIMES

  6. 6

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  7. 7

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  8. 8

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

  9. 9

    都政は放置? 小池氏が希望顧問に

    やまもといちろう

  10. 10

    日本のバラエティに外国人が爆笑

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。