記事
  • ヒロ

孫正義氏とトランプ氏の会談に見たもの

孫正義氏がアメリカに5.7兆円投資することをトランプ氏との会談で明かし、大きなニュースとなりました。この資金は別に新たに5.7兆円を新規に投じるのではなく、先日ニュースにあったサウジアラビアとのファンドを通じた資金が主体でそれ以外にソフトバンクからスプリント向け追加資金を合わせた数字と思われます。上手なプレゼンテーションです。

言い換えれば孫氏はサウジのムハンマド副皇太子とディールし、その資金をトランプ氏の元に投資するというまさに地球を股にかけて動き回る策士であります。孫正義氏のことを受けつけない方も多いと思いますが、これは好きとか嫌いといったレベルではなく、明らかに日本の経営史に残る大人物になると考えています。日本の大経営者には本田宗一郎、松下幸之助、豊田喜一郎などいわゆる製造業に携わった人が歴史上の人物として取り上げられます。

一方、最近のカリスマ三羽烏といえば孫正義、柳井正、永守重信各氏ですが、製造業というより経営的工夫でのし上がった人たちです。孫氏は資金量と驚きのスキーム、柳井氏は失敗だらけから掘り出す糧、永守氏はボロ会社を安く買収するという独特の経営思想を根底にお持ちです。その中で孫氏は次の飛躍である地球レベルでの影響力をいち早く視野に入れ始めたと思います。

いわゆるカリスマ的経営者には嗅覚が備わっています。多くの社員にとっては「えっ」と思うことをいつの間にかやってしまうその判断力や行動力にはいつも驚かされますが、大体において事前に種まきはしているものなのです。

ソフトバンクが英国のアームを買収した時もある日、突然やったのではなく、ずっと前から「いい会社だ」と恋い焦がれていたのであります。好きだった相手にアプローチするタイミングが動物的嗅覚で見事だ、というところがカリスマである所以ではないでしょうか?

さて、本題はここからなのですが、カリスマがなぜ、そう判断したかを考えることがより重要なヒントを与えてくれます。少なくとも私ども一般人はカリスマのIQ、知識量、情報量、ネットワークを持ち合わせていませんが、発言そのものに重要な意味が隠されていることは多く、私はそこからポイントを拾い出すようにしています。

日経の6日付夕刊の記事に孫氏の発言としてこんな表現があります。 「トランプ氏については大統領になったら『もう一度(米国の)成長が加速するのではないか』との期待を表明。トランプ政権では『様々な規制が緩和され、米国はビジネスをやる国として、いろいろなチャンスが出てくるだろう』とした」とあります。

私がずっと見ていたのはこれなのです。実はみずほ銀行とソフトバンクが蜜月の関係であることは一部報道からもよく知られているところです。トランプ氏が大統領に決まった瞬間、トランプ氏の政策についていち早く政界、財界にレポートを配ったのもみずほのシンクタンクです。

みずほ銀行はメガバンクの中では一番評価が低いかもしれませんが、合併前に興銀が入っていた血統は大きいはずです。あの銀行は日本の産業育成のための特殊銀行であり、調査機関が素晴らしくよかったのです。また銀行内でし烈な出世競争をするのではなく、民間企業に人を輩出することにその特徴があり、情報量や分析能力は通常の市中銀行とは別格でありました。

そのみずほが孫氏の投資スタンスに多少なりとも影響している中、孫氏の嗅覚が「変わるアメリカ」を読み取ったのだろうと思います。今日のダウは約300ドル高騰しました。資金がアメリカに集まっているからです。カナダも同様の政策ですから強い北米時代の到来を彷彿とさせるものでありました。

アメリカが眠りから覚めるかもしれないもう一つの理由はトランプ氏のアピアランスと取り囲む人脈でしょうか?トランプ氏の中国への二つのジャブ(台湾総統との電話、及びツィッターによる南シナ海問題へのけん制)に対して中国側が極めておとなしいのは何故でしょうか?キッシンジャー氏が間に入っているとの報道はアメリカとの関係は表裏一体ながら薄氷を踏む感じだと知らしめました。その上でトランプが吠えればひとたまりもないと囁かれれば、次の手を見いだしにくいでしょう。

アメリカに活力があるのは世界中の頭脳が集まること、そしてそれを学ぶ教育機関もアメリカに集中していることで産学連合が機能し、「可能性の扉」が開いていることだろうと思います。オバマ政権の時は広く大衆の意見をバランスよく聞く政策でした。トランプ氏はカリスマ司令官として進めるものはどんどん展開していくタイプだけにかつてない大統領であります。

少なくとも今はアメリカでは夢が大きく膨らんでいるように見受けられます。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「孫正義」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  2. 2

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  3. 3

    ヒカル氏のVALU売り逃げは詐欺か

    文春オンライン

  4. 4

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  5. 5

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

  6. 6

    幻すぎて正体不明のゲーム機発見

    krmmk3

  7. 7

    鈴木議員 マスコミの対応に苦言

    鈴木 たかこ

  8. 8

    ローラが「奴隷契約」で内容証明

    文春オンライン

  9. 9

    連泊しない外国人 原因は食事か

    THE PAGE

  10. 10

    記録破りのホームラン級水着美女

    グラドル自画撮り部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。