記事

すこぶる第一印象がいい人にはウラがある

1/2
ルポライター 多田文明=文

本連載をまとめた『ワルに学ぶ黒すぎる交渉術』(プレジデント社)が好評だ。詐欺・悪徳商法評論家である多田文明氏が自身の「被害実体験」を交えたワルの手口をリアルにレポートしたもので、読めば、被害を防止する「転ばぬ先の杖」となるだけでなく、ビジネス(営業や上司対策など)に使える。「人の心の動き」を読むためのテクニック集ともなっている。今回紹介するのは……。

「いい第一印象」で儲けるワルたちの手口

 10年ほど前、私は詐欺・悪質商法を撃退する方法を思いついた。それは、あれこれ買わせようとする悪徳業者に対して、「お金がない」と言うことだ。

 相手がこちらをいくら騙そうとしても「金がない」のだから、取れるものは何もない。それゆえ、「フリーターで、ローンを組めない」と言えば、ワルたちはたいてい去ってくれたものだった。

 しかし、今は事情がかなり変わってきている。

 お金をさほども持っていなくても狙ってくるのだ。とりわけ今、注意喚起されているものに、「荷物転送を装ったアルバイト詐欺」がある。

 手口はこうだ。

 まず、ワルたちはSNSでの書き込みや口コミ、ネットの求人サイトなどを通じて、不特定多数にアルバイトの情報提供をする。これに興味を持った応募者が連絡すると、情報提供をしたワルは仕事内容をこう告げる。

 「あなた宛に送られた電化製品、電子機器を所定の場所に送る(転送する)仕事です」

 アルバイト料は荷物を1回転送するにあたり、なんと3000~5000円ほど。応募者は送り先を書いて送るだけの、自宅でできるコスパの高いおいしい仕事だと思ってしまう。

 ただし、当然のことながら業者は罠を仕掛ける。応募者に対して言うのだ。

 「商品には高額なものがあり、持ち逃げされたら困るので、まずあなたの身元を確認させてほしい」

 もっともらしい言葉で、運転免許証や健康保険証を写真に撮って送信するように指示する。応募者は通常のアルバイトだと思っているので、それにすんなりと応じてしまうことが少なくない。

 後日、応募者のもとに本人宛の荷物が届き、業者の指示のままに荷物を転送すると、アルバイト料がきっちり銀行口座に振り込まれる。お金が入ったことから、応募者はきちんとした会社なのだという印象を抱き、繰り返し荷物を転送するバイトを続けてしまう。

「第一印象」でいかに1億を稼いだのか?

 ワルたちの目的は何なのか?

 実は、応募者のもとには、しばらくして次々と身に覚えのない電話利用料や電話機の代金などの請求がやってくる。カラクリはこうだ。

 現在、ネット上では、格安スマホなどの購入や契約が簡単にできるようになっており、ワルたちは応募者の個人情報と身分証明書の画像を使って、不正に電話契約をすることができる。

 こうしたネット上の契約では、基本的にクレジットカードが必要であるが、この時、応募者とは別の第三者の他人名義の番号を使用していることが多い。

 応募者はウラでこのようなことが行われていることを知らない。だから、淡々と家に届いた荷物や契約書類を次々に転送してアルバイトをしてしまう。

 だが、ワルは不正に第三者のクレジットで契約をしているので、携帯電話の代金などの請求は引き落とされることはなく、数カ月を経て、(契約時に住所が書かれた)応募者のもとに請求書がやってくる。そこで、初めて詐欺行為に利用されていることを知るのだ。

 応募者が、知らぬ間に不正行為の片棒を担がされてしまったと気づいても、時すでに遅し。請求はほぼ免れない状態となる。

 不正な方法ですでに取得された携帯電話は、裏の世界で振り込め詐欺などに使われたり、電話機本体をリサイクルショップや質屋などに転売されたりしてしまう。すでに神奈川県警により、男ら3人が逮捕されているが、アルバイトら400人を使い、4000台ものスマートフォンなどの契約をして、1億円以上を稼いでいたという。

 今回の事例では、様々な手口を組み合わせて、応募者を騙しへと落とし込んでいる。ワルたちの立場で言えば、荷物転送のアルバイト料を払うという「損して得取る」手法を繰り返しながら、信頼を取り付ける。第一印象をすこぶるいいものとして相手に植え付け、その後に「本性」をむき出しにして金を奪う。

 このアルバイト情報を他人に紹介すれば、応募者たちも紹介料が手に入るため、口コミで話が広がっていった。詐欺の手口は、単体で機能させるよりも、それを複合させることで、より大きな騙しの力が発揮されてしまうことになる。

 こうした荷受け詐欺では、応募者の「お金を稼ぎたい」という気持ちが巧みに利用されている。つまり、「お金が稼ぎたい」という思いの裏には、「お金がない」「お金に困っている」という現実がある。それをワルたちは、手玉に取っている。

 「これまで何か騙しにあったことはありませんか?」と尋ねると、「私はお金をもっていないので、詐欺には遭わないわ」と自信を持って言う人は多い。しかし、先の事例のように、「お金がない」ないからといって、決して騙しに遭わないとは言えないのだ。

 ワルたちは、「取られるお金はないから騙されない」という警戒心の緩さにも乗じて免許証の写真を悪用して、勝手にスマートフォンの契約をする。そして電話が振り込め詐欺などの犯罪行為に利用されてしまう。

 また、良かれと思って、アルバイト情報を他人に紹介することで、いつの間にか、悪の手先になってしまっている。すべてが「まさか」であり、驚きなのである。つまり、ここにあるはサプライズなのだ。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  3. 3

    貴乃花親方へ批判報道に妻が怒り

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  5. 5

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  6. 6

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  7. 7

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  9. 9

    死んでも祟る 富岡八幡宮の確執

    SmartFLASH

  10. 10

    風俗嬢に欠如している相談する力

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。