記事

なぜ、コメダ珈琲店は700店を超えたのか?

経済ジャーナリスト 高井尚之=文

モーニングサービスで知られる名古屋発祥の喫茶店「コメダ珈琲店」が全国で700店を超えました。各地域の初出店場所で社会的ブームといえる現象が起きており、2016年8月10日に開業した「東札幌5条店」(北海道札幌市白石区)では60人以上の行列ができました。

国内の喫茶店(カフェを含む)の店舗数は1981年の15万4630店をピークに減り続け、最新の調査(2014年)では6万9977店となっています(総務省統計局「経済センサス」調査)。そんな時代に、店舗数1位と2位のスターバックスやドトールとは違う「昭和型喫茶店」のコメダが、なぜ店舗数を増やせるのか。本連載ではその秘密を探ります。


「東札幌5条店」では60人以上の行列ができた。(撮影=本田匡)

同じスポーツ新聞を「9部」も置く理由

筆者はこれまで、日本のカフェや喫茶店を経営や生活文化の視点で分析してきました。その視点でコメダ人気を見ると、「店で思い思いに過ごしたい」消費者に寄り添った結果だと思います。全店舗数の98%を占めるFC(フランチャイズチェーン)店の例で紹介しましょう。

愛知県半田市の「コメダ珈琲店 半田やなべ店」は来年で開業20年を迎えます。人口12万人弱の半田市は知多半島の中心地ですが、店は繁華街から離れた場所。それでも1日に約600人も来店します。筆者が訪れた平日11時前も10人ほどの人が座席を空くのを待っていました。新オープンの店でないのに、なぜ、そこまで人気なのでしょうか?

「当店はお客さんの居心地を重視してきました。コメダらしさでこだわることは『スピード』『仕込み』『段取り』です。お客さんが来店されたら、大きな声で『いらっしゃいませ』と言い、冷たい水と温かいおしぼりを出す。ご注文を受けたら、温かいメニューは温かいうちに、冷たいメニューも冷たいうちにすぐ出してお客さんを待たせない。そうした接客を地道に続けてきました」(同店を経営する有限会社ウチヤマ代表取締役・内山清さん)

全国各地のコメダ珈琲店には読み放題の新聞や雑誌も置かれています。主要な新聞・雑誌を揃えつつ、店の立地によってその構成は変わるそうです。特に地域事情が出るのはスポーツ新聞で、半田やなべ店では、同じ中日スポーツを何と9部も置いています。

「中高年の常連客も多く、モーニングを食べながら新聞や雑誌を読むのを楽しみにしている方も多い。プロ野球の中日ドラゴンズの地元ですから、中日スポーツが取り合いになるほどです。お客さんの希望をかなえるうちに9部を揃えるようになったのです」(同)

創意工夫する「700の現場」

愛知県内で「コメダ珈琲店 日進米野木店」、「日進竹の山店」(いずれも同県日進市)を経営するのが株式会社カプリです。2店舗ともに最寄り駅から徒歩20分以上かかるロードサイド沿いにありますが、こちらも連日多くのお客さんが訪れます。代表取締役の樋口宗彦さんは起業前にホテルのバーやレストランで勤務していたそうです。

「ホテルのバーやレストランは1人当たりの単価は数千円でしたが、景気が悪くなるとお客さんは一気に減りました。でも、それより単価の低いコメダは景気に左右されません。お客さんからも『ステーキ店にはたまにしかいかないけど、コーヒーやパンは毎日食べる』と言われる手堅い商売です」(樋口さん)

同じ日進市内でも2店舗の客層は違うそうです。「日進米野木店は年配のお客さんが多いのですが、日進竹の山店は学生のお客さんが多い。周辺に愛知学院大、名古屋外国語大、名古屋学芸大、愛知淑徳大があるからですが、接客でやることは同じです。コメダの強みは基本の徹底で、たとえばモーニングサービスならパンはできたて、ゆで卵もゆでたてを出すこと。また、一定の節度を持ってお客さんに寄り添うサービスも心がけています」(同)


『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(高井尚之著/プレジデント社刊)

樋口さんは名古屋市内でコメダの別ブランド「甘味喫茶 おかげ庵」も2店経営しており、この店には次回紹介するコメダの看板メニュー「シロノワール」の派生商品「抹茶シロノワール」もあります。

さまざまなカフェに足を運んで感じるのは、人気店では会話が絶えないこと。店の持ち味は「しゃべり場」でもあるからです。

コメダがここまで店舗数を伸ばせたのは、地域事情を知る各FC店オーナーの運営によるものが大きいようです。FC店率がわずか2%のスターバックスは例外的存在ですが、ドトールの同83%と比較してもコメダのFC店率の高さは突出しています。

コメダ社長の臼井興胤さんはこう説明します。

「『本部主導で施策を実現できる直営店が多い方がブランドとしては強い』と思う人もいますが、実際は逆です。中央集権的な本部主導でやる店と、700店の現場が創意工夫で行う店と、どちらが来店客のためになるでしょうか。FC店の集合体がコメダブランドなのです」

外食業界では「繁盛店をつくるのは奇手も妙手もない。店の魅力を打ち出し、新規客を常連客にし続けること」ともいわれます。コメダの強みは、地道な取り組みの徹底。それが飲食店で思い思いに過ごしたい消費者に受け入れられているのでしょう。

高井尚之(たかい・なおゆき)
経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
1962年名古屋市生まれ。日本実業出版社の編集者、花王情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆多数。著書に『カフェと日本人』(講談社)、『「解」は己の中にあり』(同)、『セシルマクビー 感性の方程式』(日本実業出版社)、『なぜ「高くても売れる」のか』(文藝春秋)、『日本カフェ興亡記』(日本経済新聞出版社)、『花王「百年・愚直」のものづくり』(日経ビジネス人文庫)などがある。
『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)

2016年6月東証一部上場!「お客が長居する喫茶店」はなぜ儲かるのか? モーニング戦争でおなじみの名古屋発祥の喫茶店「コメダ珈琲店」が初めて書籍になりました!

AMAZONで購入する
PRESIDENT Storeで購入する

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    都顧問 小池都政なければ大混乱

    上山信一

  5. 5

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  7. 7

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  8. 8

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

  9. 9

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  10. 10

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。