記事

借換えでの、住宅ローン控除再適用の注意点

超低金利の長期化により、住宅ローンの借換えには根強い需要があります。そこで今回は、最近ご質問が多い、住宅ローン控除の再適用について整理してみたいと思います。

 まず原則論として、借換えによる新しい住宅ローンは、住宅ローン控除の対象にはなりません。しかし、それでは酷なので、以下の条件を満たす場合に特別に認められています。

 最初の条件は、新しい住宅ローンが、当初の住宅ローンの返済のためであることです。これは借換えであれば、特に問題はありません。

 次の条件は、新しい住宅ローンが、10年以上の返済期間など、新しい住宅ローンだけで住宅ローン控除の要件を満たすことです。

 例えば、当初10年間で借入れをして、当初は住宅ローン控除の対象になったけれども、6年目に借換えをして5年間の住宅ローンに借り換えた場合は、新しい住宅ローンは住宅ローン控除の対象外になるので注意が必要です。(借換えをしなければ、10年間住宅ローン控除の対象になります)

 また、新しい住宅ローンを多めに借りた場合にも注意が必要です。借換え直前の当初残高が2500万円のローンがあったとしましょう。

 この場合、新しい住宅ローンが2500万円以下であれば、全額が住宅ローン控除の対象になりますが、新しい住宅ローンを2800万円借り、年末残高が2700万円あった場合には、住宅ローン控除の対象額は2700万円×2500万円÷2800万円=2410万円となります。

 借換えの際にも、正しい知識で、住宅ローン控除を活用して頂けたらと思います。

あわせて読みたい

「住宅ローン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    最低の解散に河野外相賛成するか

    郷原信郎

  5. 5

    「僕はゲイ」32歳の告白に家族は

    ビッグイシュー・オンライン

  6. 6

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  7. 7

    ローラを守れ 大物芸能人が支援

    NEWSポストセブン

  8. 8

    豊田氏が会見「死んだ方がまし」

    AbemaTIMES

  9. 9

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  10. 10

    米トイザラスが破産 過去最大級

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。