記事

ガーナの「偽の米大使館」、10年あまりも不正入手のビザなどを発給

[アクラ 4日 ロイター] - ガーナの首都アクラで、閉鎖された「偽の米大使館」が、10年あまりにわたってビザを不正に入手して発給するなどしていたことが明らかになった。

米国務省が明らかにしたもので、今夏に閉鎖されるまで、犯罪組織が2階建ての老朽化した建物内で運営していた。

建物の外には米国の国旗が掲げられ、内部にはオバマ大統領の肖像画が飾られていた。英語とオランダ語を話す複数のトルコ人が大使館員として振る舞い、業務を遂行していたという。

米国務省は2日夜に発表した声明で「偽の大使館は米国政府ではなく、トルコとガーナの犯罪組織の要員が運営し、ガーナ人の弁護士が移民や犯罪法の執行に関わっていた」と述べた。

さらに、同じ組織が「偽のオランダ大使館」も運営していたことが分かった。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏が暴いた"森友騒動の真相"

    PRESIDENT Online

  2. 2

    てるみくらぶ内定者に"救いの手"

    木曽崇

  3. 3

    田原氏 100万円寄付あったと推測

    田原総一朗

  4. 4

    韓国の"他力本願"体質に違和感

    tenten99

  5. 5

    アッキードごまかす権力の犬たち

    小林よしのり

  6. 6

    安すぎる森友国有地値引きは異質

    玉木雄一郎

  7. 7

    "貧乏な友人とは遊べない"に批判

    キャリコネニュース

  8. 8

    芸能人の「声優挑戦」に非難の嵐

    キャリコネニュース

  9. 9

    未婚率を上げる都の"バカ高"家賃

    PRESIDENT Online

  10. 10

    森友 夫人付きの主張を巡る謎

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。