記事

ガーナの「偽の米大使館」、10年あまりも不正入手のビザなどを発給

[アクラ 4日 ロイター] - ガーナの首都アクラで、閉鎖された「偽の米大使館」が、10年あまりにわたってビザを不正に入手して発給するなどしていたことが明らかになった。

米国務省が明らかにしたもので、今夏に閉鎖されるまで、犯罪組織が2階建ての老朽化した建物内で運営していた。

建物の外には米国の国旗が掲げられ、内部にはオバマ大統領の肖像画が飾られていた。英語とオランダ語を話す複数のトルコ人が大使館員として振る舞い、業務を遂行していたという。

米国務省は2日夜に発表した声明で「偽の大使館は米国政府ではなく、トルコとガーナの犯罪組織の要員が運営し、ガーナ人の弁護士が移民や犯罪法の執行に関わっていた」と述べた。

さらに、同じ組織が「偽のオランダ大使館」も運営していたことが分かった。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  2. 2

    和田議員が新潟知事の発言に苦言

    和田政宗

  3. 3

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  4. 4

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  5. 5

    Wi-Fi時代にネカフェ規制は必要?

    三浦義隆

  6. 6

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  7. 7

    営業ほど素晴らしい仕事はない

    広瀬隆雄

  8. 8

    新潟知事語る点字ブロックとデモ

    米山 隆一

  9. 9

    パチンコ業界に新たな利権構造か

    宇佐美典也

  10. 10

    自民・大西英男議員の失言は論外

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。