記事

ガーナの「偽の米大使館」、10年あまりも不正入手のビザなどを発給

[アクラ 4日 ロイター] - ガーナの首都アクラで、閉鎖された「偽の米大使館」が、10年あまりにわたってビザを不正に入手して発給するなどしていたことが明らかになった。

米国務省が明らかにしたもので、今夏に閉鎖されるまで、犯罪組織が2階建ての老朽化した建物内で運営していた。

建物の外には米国の国旗が掲げられ、内部にはオバマ大統領の肖像画が飾られていた。英語とオランダ語を話す複数のトルコ人が大使館員として振る舞い、業務を遂行していたという。

米国務省は2日夜に発表した声明で「偽の大使館は米国政府ではなく、トルコとガーナの犯罪組織の要員が運営し、ガーナ人の弁護士が移民や犯罪法の執行に関わっていた」と述べた。

さらに、同じ組織が「偽のオランダ大使館」も運営していたことが分かった。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  5. 5

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  6. 6

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  7. 7

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  10. 10

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。