記事
  • ヒロ

ライザップ効果

日経ビジネスが「糖質制限パニック」という特集を組みました。ビジネス雑誌にしては想像外の内容が出たのはちょうどアメリカ大統領選挙の時(11月7日号)なので苦し紛れであったような気がします。しかし、その内容は期待以上に面白いもので思わずわき目も振らずに読んでしまいました。

糖質制限はこの数年、着実に広がっていたブームです。「御飯、うどん、パスタ、そばなどを食べない」というトレンドを身近に感じたのは3年ほど前にビジネス作家の本田直之さん夫妻とディナーをしていた時でしょうか?、「今日、昼に炭水化物を取ったからパンは食べない」とつぶやいたのです。本田さんはトライアスロンなどをこなすバリバリのスポーツマンであり、バンクーバーに来た時もトレーニングをしていたぐらいなのに「良くカラダ、持つな」と思ったのです。

その後、あちらこちらから糖質制限の声が聞こえていたのですが、アイザック ジョーンズ博士の本を読んだとき、糖質制限の意味が分かりました。「集中力を高める」のです。また博士も日経ビジネスも指摘する私が食いついたもう一つの理由は700万年前に誕生した太古のヒトは炭水化物を摂取していないこと。農耕による小麦やコメを摂取し始めたのは1万年前だという点でしょうか?極端な話、炭水化物は取らなくても大丈夫だということであります。

私も実際に糖質制限をしています。具体的には一日一回しか炭水化物を取らず、甘いものもほとんど取らず、砂糖が入っている飲み物も取らないようにしています。その代わりタンパク質の摂取を増やさなくてはならないので肉、魚のみならず豆腐をよく食しています。唯一の例外はビールでご飯がこの世から消え去ってもどうにかなりますが、これだけは無理です。

本日のブログのタイトルにもあるように「ライザップ」は爆発的な人気を呼んでいますが、その痩せる仕組みは運動と食事のコンビネーションにあります。そして炭水化物の徹底コントロールで劇的に痩せます。これを言ってはおしまいですが、私の友人が45万円も払って痩せたと嬉しがっていましたが、きちんとした内容と自己管理ができるのであれば無料で痩せることはさほど難しいことではありません。

今回の糖質制限ブームの特徴は統計があるのかどうか知りませんが、圧倒的に男性に影響している点であります。中年のポッコリしたビール腹をシックスパックに変えてみたいという願望は確かにライザップのコマーシャルが火をつけたと思います。が、本来の目的は健康を維持し、活力を高める点であります。更に糖質制限で糖尿病、がん、心臓病、脳卒中、認知症、老化など我々が一番気になる病気の予防につながる(日経ビジネス)となれば皆さんも「おっ」と思うかと思います。

先日、日本にいた際、糖質制限が難しいところだと思いました。糖質を取らない外食は相当工夫しなくてはいけないからです。定食屋に行けばラーメンにチャーハンセット、そばにかつ丼、四国高松ではうどんを待っている間にお稲荷さんが出てきます。

が、日経ビジネスにある通り、麺なしラーメンやローソンのブランパン(小麦の外皮)などが売り出され、日本全国的に糖質カットがさらにブームになる様相が高まっています。一部のビジネスには影響がありますが、日本全体で考えると健康管理が進み、医療費の削減にもつながるし、健康なライフを維持しやすくなるのですから結構なことではないでしょうか?

ところで日本のステーキや焼肉は霜降りで見た目は上手そうなのですが、私は苦手であります。欧米の人も一口目は上手いというのですが、いつも食べたいとは思わないというのはいかにも健康的ではないからでしょう。そういえば先日、天丼やを経営している人と話をしていたところ、今は天丼より寿司やカレーの売り上げのほうがよいそうで不健康そうな天ぷらには逆風ということでしょうか?

このブーム、一時的に終わるとみている人もいるようですが、わたしは案外息が長いトレンドになる気がしています。理由は男性が主体となっているからであります。女性のダイエットは永遠のテーマですが、永遠ということは長続きしないことの裏返しであります。一方、ライザップで何十万円も払い、止めた後の反動は大きいよ、と警告されれば、意地でも頑張り続けるのが男性の傾向です。

さて、日本人の食生活に影響が出てくるのでしょうか?メタボが減ることで一番喜ぶのは厚労省だと思いますが。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「食生活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計文書の流出元を議員が暴露

    和田政宗

  2. 2

    風俗通いリーク? 官邸の人格攻撃

    町村泰貴

  3. 3

    経産省若手提言はなぜ炎上したか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    退職勧奨を受けたら取るべき対応

    三浦義隆

  5. 5

    自民が維新を与党に入れないワケ

    文春オンライン

  6. 6

    ビル・ゲイツが挙げた必読書5冊

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    中国による日本人拘束の不可解さ

    中田宏

  8. 8

    正恩氏配布の菓子が激マズで悲鳴

    高英起

  9. 9

    国連報告者 菅長官への反論全文

    民進党

  10. 10

    井上尚弥を第2のパッキャオに?

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。