記事

つるの剛士さんの批判を許さないリテラのほうが危険

正確な事実認識のもと批判や評価をするのがジャーナリズムだが、「リテラ」は自分たちが許容できない発言を恣意的に解釈し、“独裁国家的”として潰してしまおうという、とてもジャーナリズムとは呼べない批判をしている。

ジャーナリズムの健全性への挑戦ともいえる危険な行為で、リテラは過去にも同様な論説を行っている。

記事のタイトルで、つるの剛士さんのことを「危険」と述べているが、つるのさんの批判を許さないリテラのほうが危険だ。

つるのさんのツイート、

「『保育園落ちた日本死ね』が流行語。。しかもこんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました。きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。皆さんは如何ですか?」

に、リテラがかみついているわけだが、つるのさんのその後のツイートも見てみると、つるのさんは「死ね」という汚い言葉が流行語ということに違和感を覚えたとのこと。

リテラは、

「「こんな汚い言葉」「日本人としても親としても悲しい」……。このつるのの投稿は、はっきり言って問題を矮小化するものだ。」

と言うが、つるのさんは問題全体よりも「死ね」という言葉がどうか?という疑問を呈しているわけである。

待機児童の問題は、私も法案を提出するなど積極的に取り組んできたが、「日本死ね」という言葉は行き過ぎだと思う。

切実な声だとしても、何かが実現しない時に相手に「死ね」と言うだろうか?

さらに、リテラが「安倍政権の政策を無批判に“応援”してきた」として紹介しているつるのさんのツイートもそう決めつけることはおかしいし、

「そうして日本を誇ることを強要し、「自国に対して汚い言葉を使うな」と言っていると、それこそ北朝鮮のような国家と何も変わらなくなってしまう」

という批判も、日本を誇ることが北朝鮮につながるという、リテラのほうこそ北朝鮮的論理だ。

ちなみに、つるのさんは発言について寄せられた批判について、ツイッターで

「??誰が右翼だぁ〜!今、現に子供を5人育ててるただの普通の日本人のオヤジ!そもそも日本好きで何が悪いんだろ。。?この記事は論点がズレ過ぎてて驚いてます。。ありがたいですが。。ちなみに昔保育園も落とされとります。笑」

と返している。

今回のつるのさんへのリテラの批判記事は編集部が書いており、リテラによる、対立する意見は恣意的な解釈で潰してしまおうという姿勢がより明確になった。

繰り返しますが、健全なジャーナリズムへの重大な挑戦だ。

『つるの剛士が「保育園落ちた日本死ね」の流行語選定を批判! 親たちの困難を理解せず国家への批判を許さない危険な思考』(リテラ)

http://lite-ra.com/2016/12/post-2742.html

あわせて読みたい

「保育園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  7. 7

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。