記事

TPPの国会審議が教えてくれた大事なこと



来週には、日本の国会がTPPの批准を終わらせます。

一方で、トランプ次期大統領がTPPからの離脱と二国間の自由貿易交渉を開始することを公式に発表しました。したがって、当分、TPPが実現することはなくなりました。

しかし、私は国会での議論は決して無駄ではなかったと思っています。

TPPは、貿易問題だけではありません。投資や、金融、人の移動、保健・医療、政府調達、ISDS条項など国民生活に影響する多くの分野が対象です。

今回の国会審議で良かったことは、食の安心、安全について議論がスタートしたことです。

私自身も、貿易や投資には土地勘がありましたが、特別委員会のメンバーとして幅広く勉強する中で「不都合な真実」のいくつかを見つけました。

たとえば、これまで米国から輸入していた牛肉や豚肉は成長ホルモンや成長促進剤を使っていました。そもそもEUなどではそのようなお肉は輸入禁止です。EUでは1989年に禁止してから2006年までに、乳がんの死亡率が平均で3割程度減りました。

日本では、国内では成長ホルモンや成長促進剤の使用は禁止されていますが、それを使ったお肉は輸入できるというダブルスタンダードです。しかも、そのような表示をする義務はありません。

遺伝子組み換えの作物も輸入されています。米国から輸入されるとうもろこしや大豆の9割は遺伝子組み換えです。日本ではその表示義務がゆるいのですが、米国はさらに表示をしないように圧力をかけてきています。

米国からは、収穫後にもレモンなどに使われる農薬の「防かび剤」を食品添加物として認めさせられ、その表示すら止めろと押しまくられている実態もあります。ちなみに、日本では、収穫後の作物に農薬をつかうことは法律で禁じられています。だから、「食品添加物」とみなすとい方便を使っています。

今後、日米の二国間で交渉が始まるならば、自動車や農産物の議論をすると同時に、食の安全の問題をしっかりと提起し、国民の生命を守るべきだと考えます。その意味では、トランプ次期大統領のおかげで、良いチャンスがもらえたわけです。トランプさんに感謝です。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    都議のボーナスに1500万円予算増

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  5. 5

    二階氏の重用は「無口だから」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  8. 8

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  9. 9

    ミサイル導入への批判は非現実的

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    北の漂着船が持つ一触即発の火種

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。