記事

TPP大筋合意「デフレ不況&給料ダウン」に逆戻りか

川口昌人=文

2015年10月に大筋合意した、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定。貿易や国際投資の自由化と、通商ルールの共通化をはかるこの協定は、一部でさまざまな憶測を呼んだ。いわく、低価格の輸入品が大量に流入してデフレが拡大する、国民皆保険制度の解体や解雇規制の緩和、懲罰的賠償制度の導入といった「日本のアメリカ化」を強いられる、などなど。

30章からなる条文の全体、および2国間文書が公開された今、本当のところはどうなのか。

「端的に言うと、TPP協定の義務を果たすだけなら、日本が新しくやるべきことはそれほどありません。過去のWTO(世界貿易機関)協定や2国間のEPA(経済連携協定)で、日本はすでに高度な自由化を実践しているからです」と言うのは、みずほ総合研究所政策調査部上席主任研究員の菅原淳一氏だ。

輸入額の90%以上を占める鉱工業製品の関税は、TPP以前からほぼすべて撤廃されている。農水産品市場では関税が即時撤廃されるブドウやカニをはじめ、徐々に関税が撤廃されるにつれて輸入は増えるだろうが、鉱工業製品を含む全体で見れば、急激な輸入増をもたらすほど通商環境が変わるわけではない。政府調達の国際入札についても、政令指定都市レベルまで導入済みだ。

医療制度、環境規制や食の安全などの公共の福祉に関連する分野については、日本を含む各国が「留保」という形で条文の適用を外したり、条文そのもので対象から除外していたり。雇用環境についても、外国企業の投資を呼びこむために労働基準を切り下げてはならないことなどが条文で明記されている。

「企業が投資先の国で不平等な扱いを受けたとき、その国の政府を提訴できるISDS関連の条文にも、公共の福祉にかかわる問題については各国の規制権限を確保する但し書きが、各所に配されています」(菅原氏)

つまり、TPPは日本にさほど過激な「構造改革」を義務付けるものではない。「加盟に必要な法改正を集めたTPP関連法案が、わずか11本の法律しか対象としていないことは象徴的です」と菅原氏。知的財産権侵害への罰則も、法案では一部で噂された懲罰的賠償制度ではなく、日本の法体系に沿う「損害補償」型になっている。

自動車・繊維産業がアジア市場で潤う

とはいえ、あなたの働く会社がTPPを「活用」できるかどうかは、今後のあなたのマネー計画を大きく左右するだろう。

「これまで日本とのEPAでもなかなか関税を撤廃しなかったベトナムやマレーシアのような新興国が、段階的とはいえ100%の関税撤廃を約束したことは大きいと思います」と菅原氏は言う。もしあなたの会社が、インフラやプラント輸出といった新興国ビジネスに強ければ、今後の業績アップでボーナスが増える可能性は大だ。

経済モデルに基づくシミュレーションでは、自動車などの輸送機器と繊維が有望とか。日本の高機能繊維をベトナムに輸出し、ベトナムで服を作ってアメリカに輸出するといった、加盟国間での新たなサプライチェーンの構築も期待できる。

コンビニなどの小売業の海外進出も容易になるし、内外でのM&Aも活発化するだろう。電子商取引ルールの統一で、中小企業が海外に販路を見つけるチャンスも広がるかもしれない。

一方で、内外の企業との競争は激しくなる。それに負けた会社はジリ貧になり、その影響はあなたの給料に及ぶだろう。

菅原淳一(すがわら・じゅんいち)

みずほ総合研究所政策調査部上席主任研究員。一橋大学法学部卒、同大学院法学研究科修了。通商問題に関する調査レポートを多数執筆。著書に『日本のTPP戦略――課題と展望』(共著)など。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  5. 5

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  7. 7

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  8. 8

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  9. 9

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。