記事

【所得と貧困】、2015年の世帯年収が記録的な伸び率!でも黒人は厳しい雇用環境にある?

161201人種別所得推移

■国勢調査局は先月13日、2015年のアメリカの家計所得の伸びが統計開始以来最大となったことを発表した。アメリカ経済がようやく景気後退から回復し、低中所得者にも景気の恩恵が及びつつあることが浮き彫りとなった。同調査局が発表した「2015年アメリカの所得と貧困(Income and Poverty in the United States: 2015)」によると、2015年の世帯年収の中央値(物価上昇を除く実質ベース)は5万6,516ドル(約630万円)と、前年比5.2%増加した。5%の増加率は過去50年で最大となり、高所得者層と低所得者層の所得格差もわずかながら和らいだ。また世帯年収が上昇したのは2007年以来8年ぶりとなる。所得の伸びはアメリカ経済が堅調な成長を続けてきたことや、企業による賃金引き上げの動きが出ていることが影響したとみられる。世帯年収象を反映し貧困者数は4,310万人と前年から350万人減少、貧困率は13.5%と前年の14.8%から1.3ポイント低下した。アメリカの貧困率は2010年のピーク後に低下が続いており、2015年の低下は1999年以来の大きさとなった。人種別世帯年収もすべての人種で前年より増加した。アジア人は前年から3.7%増加して77,166ドル、白人は4.4%の増加で62,950ドル、南米系は6.1%増加して45,149ドル、黒人は4.1%増加して36,898ドルだった。なお人種別の貧困率では黒人が24.1%と突出しているものの、貧困率は前年から2.1ポイント減少している。

トップ画像:人種別の所得収入推移。2015年の世帯年収の中央値(物価上昇を除く実質ベース)は5万6,516ドル(約630万円)と、前年比5.2%増加した。5%の増加率は過去50年で最大となり、高所得者層と低所得者層の所得格差もわずかながら和らいだ。

貧困者数(上)と貧困率(下)の推移グラフ。世帯年収象を反映し貧困者数は4,310万人と前年から350万人減少し、貧困率は13.5%と前年の14.8%から1.3ポイント低下した。アメリカの貧困率は2010年のピーク後に低下が続いており、2015年の低下は1999年以来の大きさとなった。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。隣にチャールズという70歳前後の黒人が住んでいます。娘さんのシャイラと一緒に住んでいて、とっても温厚で気の優しいおじいさんです。会えばいつもお互い笑顔であいさつします。簡単な挨拶でも、私は意識して、彼の名前を呼ぶようにしています(相手へのレスペクト)。で、昨年のクリスマスにチャールズからクリスマスカードをいただきました。封を開けてビックリ、75ドルの現金と約40ドル相当の宝くじが入っていたのです。会えば挨拶するぐらい間柄で、クリスマスカードと現金はどう考えてもおかしい!当初は勧誘か何か?と疑ったほどです。すぐにお返しにクリスマスカードと100ドルの現金を渡しました。でも、その後も変わらず、会えば笑顔であいさつです。あれは何だったんだろう?と今も不思議に思います。間違いないことはチャールズは後藤に親しみを感じているということ。まだアメリカには人種間に見えない壁があります。雇用でも人種間に差別する側とされる側があるように見えます。貧困率が特定の人種で際立たないような将来を望みたいところです。
 クリスマスカードをいただくのはありがたいのですが...今年のクリスマスはちょっぴり憂鬱です。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  7. 7

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  8. 8

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  10. 10

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。