記事

トランプ・ラリーの陰で、2017年利上げ観測は限定的という不思議

Market Hasn’t Discounted More Rate Hikes Based On Trumpnomics.

“トランプ・ラリー”に酔いしれたマーケット、週明け15日は正気を取り戻し始めたのでしょうか。それとも、ドル高・金利上昇の影響を冷静に織り込み始めたのでしょうか。小型株指数ラッセル2000は15日連騰にようやくブレーキが掛かり、ダウとS&P500も4日連続での終値ベースでの最高値更新も一服しています。

マーケットはインフラ投資拡大・減税・規制緩和のトリプルプレーを念頭に入れた成長・インフレ加速を期待し、力強い右肩上がりを遂げてきましたよね。おかげで米2年債利回りは2009年以来の高水準を達成したものです。12月利上げは11月FOMC議事録もあって、done deal。その割に、比較的静かな市場こそFF先物と言えるでしょう。2017年12月限は確かに反応しましたが、年初来の1%台へ切り返した程度です。米株や米債利回りと比較し、小幅な動きにとどまっています。

ff_2y
(作成:My Big Apple NY)

財政拡大で成長・インフレ加速シナリオを見込むのであれば利上げペースに拍車が掛かってもおかしくないというのに、慎重そのもの。FF先物市場の見立ては、金利上昇・ドル高といった引き締め効果を織り込んだものなのか。あるいはインフラ投資・減税・規制緩和が期待通り進まず利上げペースは変わらないと予想しているのか。FF先物2017年12月限の動向は、“根拠なきトランプ政策への熱狂”に疑問を呈しているかのようです。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  6. 6

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  7. 7

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  8. 8

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  9. 9

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  10. 10

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。