記事

五輪ボート会場見直し 小池都知事が「海の森」案受け入れ表明 4者協議で

4者協議に臨む小池百合子都知事

 東京五輪・パラリンピックの会場見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)と東京大会組織委、東京都、政府によるトップ級の4者協議が29日に行われた。その席で、東京都の小池百合子知事は、懸案となっているボート・カヌー競技会場について、当初計画の海の森水上競技場での実施を受け入れる意向を示した。

 都政改革本部が提案していた宮城の長沼ボート場については、事前キャンプの場所として活用することを求め、IOCのジョン・コーツ副会長もそれを確約した。

 小池知事は4者協議の作業部会報告の議論の中で、「宮城の長沼は、即使えるところ。復興五輪というはじめのキーワードを実現するにはといいと考えたが、費用の面、ロケーションの面などから考え、海の森の予定地で進めていくという案を東京は取りたい」と述べた。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  4. 4

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  5. 5

    米朝会談中止は習近平氏が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  7. 7

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  8. 8

    米朝首脳会談決裂で困るのは日本

    天木直人

  9. 9

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

  10. 10

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。