記事

【オムニチャネル】、世界最先端のショッピング事例!ショッピング革命は大袈裟でない?

1/2
161128オムニチャネル00アマゾン

■オムニチャネルとはネット通販や実店舗など様々なチャネルを組み合わせ、いつでもどこでも顧客が好きな時に注文ができて、都合のよい時に都合の良い場所で受け取ることができる買い物だ。継ぎ目のないシームレスなショッピングを最大限生かすと、どのようなライフスタイルになるのだろうか?消費者にどんなメリットがあるのだろうか?ネット通販から外食チェーン、ドラッグストア、スーパーマーケット、メンバーシップ・ホールセール・クラブが提供している最先端のオムニチャネル・リテーリングを利用し、実際に検証してみた。混雑する週末の土曜日午後(11月12日)を選び、チックフィレの「チックフィレワン(Chick-Fil-A One)」、アマゾンのキャンパス内ピックアップ拠点「アマゾン・アット・ザ・ビーチ(Amazon at the Beach)」、クローガーの「クリックリスト(Clicklist)」、スターバックスの「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」、ウォルグリーンの「フォト(Photo)」、サムズクラブの「スキャン&ゴー(Scan & Go)」と6つのオムニチャネルを使ってみた。

 最初に向かったのは外食チェーンのチックフィレ。同社のアプリ「チックフィレ・ワン」経由で事前に注文と決済を行うことで、レジ待ちすることなく店では注文品を受け取れる。ロサンゼルス郊外シールビーチにある店舗に到着したのは正午頃。繁盛店のチックフィレが入ったショッピングセンターは、パーキングもいっぱいで車を停めるのに少々時間がかかったほど。店に入っても、レジの長い行列には並ばず、アプリから注文。「ここにいます(I'm here)」をタップして3分程度でスタッフから「フミトシ!」と名前が呼ばれて注文品がでてきた。3分と言っても待たされた気はまったくしない。まるで先に準備されていたかのような速さに感じた。次に向かったのはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)にあるアマゾンのピックアップ拠点「アマゾン・アット・ザ・ビーチ」。数日前までニューヨークに出張していたため注文品をピックアップ拠点に取り置きしていたのだ。キャンパス内の「アマゾン・アット・ザ・ビーチ(Amazon at the Beach)」にある端末から自分のメルアドでチェックイン。カウンターの奥にある電子パネルに名前が映し出され1分もしないうちにスタッフが注文品を持ってきてくれた。ID(身分証明書)の確認の後、パッケージを受け取って完了。店内を撮影する時間もないほどの速さだ。

 近くにスーパーマーケット最大手クローガー傘下のラルフス・フレッシュフェアがある。ラルフスではカーブサイドピックアップの「クリックリスト(Clicklist)」を利用した。クリックリストで前日に野菜や果物などの生鮮品を注文し、店の前にある駐車場で商品を受け取るのだ。専用パーキングに車を停め、所定の番号に連絡するとすぐに応答。こちらも連絡から5分程度で注文品が運ばれてきた。一人のスタッフが注文品をトランクに積む間、片方のスタッフから注文品の確認とクリスマスディナー用のホリデー・ショッピング・リストの説明を受けた。同じショッピングセンター内にはスターバックスがある。乗車後にスタバの「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」でアイスコーヒーを注文。車で移動して1分でスタバ前に到着、店に入るとアイスコーヒーが出来上がっていた。ロングビーチから「フォト(Photo)」サービスのあるウォルグリーンに向かう。ニューヨーク視察で撮影した画像をスマホから送信しプリントアウトしてもらっていたのだ。送信からプリントアウトまで1時間程度のスピード仕上げ。店に到着後、フォトセンターで写真を受け取り、支払いもその場で、待ち時間ゼロ。さらにウォルグリーンから5分の距離にあるサムズクラブで「スキャン&ゴー(Scan & Go)」のショッピング。ロテッサリーチキンをスキャンした後、即座に決済。もうレジを通ることがないので、その場で保温バッグに詰めた。そのまま出口に向かいチェッカーにアプリ・バーコードをスキャンさせ店を後に。ここでもレジなどの「待ち時間」は全くない。

 6つのオムニチャネルを利用すると時間の節約が最も大きなメリットに感じた。待たされることがないので行動がスピーディになる。結果、時間の節約になるのだ。オムニチャネル化が拡大しさらに進めば、時間に無駄のない「待たされることがない」ショッピングが実現するのだろう。

トップ画像:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)にあるアマゾンのピックアップ拠点「アマゾン・アット・ザ・ビーチ(Amazon at the Beach)」。ピックアップ拠点では、注文品を受け取る以上に返品する人が多いのに驚く。

161128オムニチャネル01チックフィレ

チックフィレのアプリ「チックフィレ・ワン」で事前に注文と決済を行うことで、レジ待ちすることなく注文品を受け取れる。ロサンゼルス郊外シールビーチにあるチックフィレに到着したのは正午頃。店に入っても、レジの長い行列には並ばず、アプリから注文。店内でアプリを起動して「ここにいます(I'm here)」をタップする。

161128オムニチャネル02チックフィレ

「ここにいます(I'm here)」をタップして3分程度で、スタッフから「フミトシ!」と名前が呼ばれて注文品がでてきた。3分と言っても待たされた気はまったくしない。まるで先に準備されていたかのような速さに感じた。この速さにレジ待ちがバカらしく感じる。

161128オムニチャネル03アマゾン

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)にあるアマゾンのピックアップ拠点「アマゾン・アット・ザ・ビーチ」でピックアップ。数日前までニューヨークに出張していたため注文品をピックアップ拠点に取り置きしていたのだ。キャンパス内の「アマゾン・アット・ザ・ビーチ(Amazon at the Beach)」にある端末から自分のメルアドでチェックインすると、カウンターの奥にある電子パネルの「パッケージ・ピックアップ(Package Pickup)」に自分の名前が映し出された。

161128オムニチャネル04アマゾン

1分もしないうちにスタッフが注文品を持ってきてくれた。ID(身分証明書)の確認の後、パッケージを受け取って完了。店内を撮影する時間もないほどの速さだ。スタッフはCSULBの学生(アルバイト)だ。どうしても彼女の鼻に目が行ってしまう。

16年11月10日 - 【アマゾン】、キャンパス内や学生街にピックアップ拠点オープン!学生時代から餌付け?

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  7. 7

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  8. 8

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。