記事

残業は、日本の「サードプレイス」か?

■ファーストプレイス=家庭、セカンドプレイス=職場

一昨日昨日と、珍しく連続で当欄に書いてきたが(ラムもハルヒも燃えた学園祭~長時間労働の原点~学校の「部活」が残業の原点か~日本の長時間労働を考える2~)、元々は日本人の残業好きはどこから来ているのか探るために始めたのだった。

それは、学園祭や部活といった学生時代の主要素にあるのでは、という主旨だったのだが、そのなかで自分でも気づかないまま「サードプレイス」に言及していた。

特に「部活」のあり方を考えるうちに、それは生徒にとっても教員にとっても「学校内の外部」という要素をもち、その外部性の気楽さから、ついつい学校内に居残ってしまう、それらの考察が部活=サードプレイスではないかという点に前回の結論部分で到達した。

僕も本業(カウンセリングや法人のマネジメント)があるためそうしょっちゅうブログを書く時間はないのであるが、前回の「部活=サードプレイス」という論旨の続きを忘れないうちにどうしても書いておきたかった。

元々、残業(という長時間労働を選択してもそれほど苦痛ではない労働文化)とは、学生時代の部活や学生時代の「学校からの延長」に我々は日常的に親しんできたからではないか、というのが前回までの論旨だった。

そうした「学校」は、学生にとってのフォーマルな活動場所ということから、社会人にとっての「会社」という同じ意味で、学生にとって学校は「セカンドプレイス」だということができる(ファーストプレイスは「家庭」)。

そのセカンドプレイスからの逸脱という意味で、部活はある意味学校内「サードプレイス」といってもいいかもしれない。

■サードプレイスとは「居場所」

ファーストプレイス・セカンドプレイス・サードプレイスの区別は、アメリカの社会学者オルデンバーグが行なったものだ(『サードプレイス』サードプレイス)。

同書でも指摘されているが、アメリカと日本では、50年代までサードプレイスは存在したものの、現在はほとんど消滅しているという。

日本の代表的サードプレイスは「銭湯」だと僕は思うが(自宅から歩いていける、コミュニケーションを強要されないが居心地のいい居場所)、その銭湯も日本社会ではほとんど壊滅状態になっている。

ちなみに、あのスーパー銭湯はサードプレイスではない。イベント感覚でわざわざ車で行かなければ行けないスーパー銭湯はサードプレイスというよりは、週末アトラクションのひとつだ。

サードプレイスはあくまで自宅から歩いて行ける距離にあるところで、気楽に訪れて1人でも過ごせるし顔なじみと雑談もできる、究極にゆるい施設なのだ。

つまりは、サードプレイスとは「居場所」だ。

■残業はサードプレイスであり快感

そのような意味で、セカンドプレイスの学校(授業やディシプリンを学ぶ公式な場)から少し逸脱した、学校内サードプレイスとして部活を位置づけることができる。

その拡大版というかハレの日版として「学園祭」も位置づけることができる。

部活や学園祭は、フォーマルで本来的なセカンドプレイスとしての学校から逸脱した、現代の10代にとっては、まさにそこがサードプレイスだ。

その延長版として、「残業」を僕は位置づけてきた。

残業は、部活や学園祭のように、ある意味フォーマルな場(会社)からの逸脱として当事者(残業する会社員)は臨むことができる。

その逸脱は、セカンドプレイス(会社)内サードプレイスであり、ある種のハレでありイベントであり祭である。

その祭感が、時間感覚を狂わせ(前々回「ラムもハルヒも~」記事の引用にあるように、残業に突入すると人々の時間感覚が狂う)、人々を「サードプレイス」へと誘う。

そこは会社でありバリバリのセカンドプレイスなのだが、残業という異時間がセカンドプレイスからの若干のズレを引き起こす。

そのズレによる快感が、我々から残業を拒否することを止める。

つまりは、サードプレイスへと導く残業は、現代の日本人にとって「快感」なのだ。だからそれはなかなか消滅することはない。

こうした点まで踏み込まないことには、日本の残業依存は減ることはないだろう。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「残業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  3. 3

    貴乃花親方へ批判報道に妻が怒り

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  5. 5

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  6. 6

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  7. 7

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  9. 9

    死んでも祟る 富岡八幡宮の確執

    SmartFLASH

  10. 10

    風俗嬢に欠如している相談する力

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。