記事

「キーボードを叩く音がうるさい!」匿名ブログに共感集まる 「Enterキー入力のッターン!が凄く不快」「仕事してるアピールか」

オフィスで働いていると、他の人がキーボードを叩く音がやたら気になることがある。近くで激しく音を立てられれば、仕事への集中力もそがれてしまう。

11月24日、はてな匿名ダイアリーに寄せられた「キーボードの打鍵音がうるさい君へ届けこの思い」という投稿が話題だ。投稿者は職場の同期のキーボードを叩く音が不快で仕方ないという。

「耳栓をしていてもイヤホンで音楽を聞いていても、ガチャガチャ聞こえてくる君の打鍵音、正直うるさすぎて頭がおかしくなりそうです」

削除キーの連打にもウンザリ「お願いですから静かにしてください」

同期は右斜め前のデスクに座っているため、色々対策してもキーボードをガチャガチャ叩く音がよく聞こえてしまう。そのため、「音が気になって作業に集中できないです。お願いですから静かにタイプしてください」と心の叫びを綴る。

しかし投稿者は、通常のタイピング音だけであればまだ許容の範囲だという。最も嫌なのは、

「たまに来る ッターン! のEnterキー入力は毎回心臓がびっくりしてすごく不快です」

と書く。ほかにも、入力後の修正時に削除キーを連打する音や、さらにはデスクでおやつを食べるときのくちゃくちゃ音も耳に障るといい、「お願いですから静かにしてください。届けこの思い」と締めくくった。

これに対して、はてなブックマークなどでは

「前職に机が揺れるほど キーボード叩いて振動がこっちまで伝わってくるのが辛くて当時の上長に席変えて貰うよう直談判したことある」
「底打ちの激しい奴は耳栓をしてても衝撃が机や床を伝わってくるので逆効果なのよね。これがストレスで会社辞めた」

など、実際に大きなタイピング音にイライラした経験がある人からの投稿があった。「仕事しているアピールをしたいひとに多い気がする」というのだ。

キーボードを強く叩く人は「エネルギッシュで活動的」

では、タイプ音がうるさい人に対して「静かにしてくれ」と注意すれば変わるのだろうか。はてなブックマークでは、

「ストレートに『静かに打て』と言ったことあるけど、本人はうるさいと思っていないから改善しなかったなぁ。タッチタイプの基本ができていないのでやり方も含めて指導したのに」

など、伝えても改善されなかった、という投稿もある。本人は大きな音を立ててタイピングしていることを自覚していないのだろう。

「教えて!goo」に2015年7月に掲載された記事では、心理学者の内藤誼人さんが、エンターキーを強く押す人は「エネルギッシュで活動的な性格の人が多い」と説明していた。

「こういう人は言葉遣いも抑揚がありますし、歩くときもどこかリズミカルにみえます。動きのすべてに、その人のリズムがあるのでしょう。静かにキーボードを打つ人は抑制的で、歩き方も話し方も静かな人が多いですよ」

ネットでは、「静音タイプのキーボードをプレゼントしてみるべきでは」という書き込みがあった。静音キーボードは数千円で購入できるので、検討してみるのもありではないだろうか。

また、「他人ごとではないかも」「これ読んじゃったせいで周りの打鍵音がめっちゃ気になるようになった」など、匿名ブログを読んで自分のタイプ音を意識した人もいた。

あわせて読みたい:「かな入力」してる人っているの?

あわせて読みたい

「キーボード」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    産経の慰安婦報道こそ"捏造"

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    金正男氏遺体 八つ裂きの可能性?

    高英起

  3. 3

    なお東芝に隠される大きなリスク

    片山 修

  4. 4

    "性器凍結"で性生活が向上する?

    フォーブス ジャパン

  5. 5

    高齢者風俗嬢が日本に一石投じる

    文春オンライン

  6. 6

    "東芝の危機"で浮かび上がる日立

    THE PAGE

  7. 7

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  8. 8

    不人気蓮舫氏の"性格と言い回し"

    ヒロ

  9. 9

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  10. 10

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。