記事

型破りなビジネスモデルで好調な「餃子の王将」 王将フードサービスの儲けの構造

型破りなビジネスモデルで高収益を実現

 「餃子の王将」で知られる王将フードサービス(9936)は、直営店を中心にフランチャイズ(FC)店を含めて、全国で運営する店舗はおよそ700店である。

 全自動成形餃子システムを導入したセントラルキッチンから食材を配送される各店舗では、オープンキッチンで調理する。それが同店のスタイルだ。調理の見える化である。各店ごとのメニューの開発・提供を含めて、外食チェーンとしては型破りのビジネスモデルといっていだろう。国産食材へのこだわりも示す。そんな同社の直営店の平均像を見てみよう。

 餃子の王将の1店舗1日平均の売上高は、40万円前後での推移である。ハイデイ日高(7611)が手がけている「日高屋」はおよそ27万円、リンガーハット(8200)の「長崎ちゃんぽん」は17万円前後だ。首都圏を中心に、タイでも店舗を手がけている幸楽苑ホールディングス(7554)の場合も、国内各店の1日平均売上高は約20万円である。同じように餃子や麺類を手がける他店に比べて、餃子の王将の1日平均売上高は、13万円から23万円程度上回っているわけだ。

 そんな店舗を切り盛りしているスタッフは、正社員が3.8人平均、パートは25人前後である。店舗の運営主体はパートで、1店舗平均の従業員数が1人に満たない外食チェーンが多いなかで、正社員4人弱というのも、異例中の異例である。

1日平均売上高が50万円を超すのは?

 16年3月末時点で、餃子の王将が出店していない空白県は、青森、岩手、山形、福島、愛媛、高知、宮崎、鹿児島、沖縄の9県である。1日の平均売上高が高い地域はどこだろうか。1店舗1日平均売上高が50万円を超すのは、愛知と滋賀である。それに続き、全国平均を上回っているのは、本社がある京都、それに兵庫、奈良、神奈川、熊本などだ。

 一方、大阪の平均は40万円弱。東京、埼玉、千葉の各店も30万円台で平均に届かない。店舗数が少ないこともあるが、1店舗1日平均売上高が30万円を切るのは、長野、新潟、福井、山口、香川、徳島、長崎である。

 ショッピングセンターなど他店と共同の客席ではなく、自前の客席を持っている直営店は約460店舗。総客席数は3万6570席である。1店舗平均約80席。つまり、餃子の王将は、毎日1座席で約5040円を稼いでいる計算になるわけだ。ただし、1店舗1日平均売上高と同じように地域差が目立つ。東海地区は118席平均でトップ。九州が92席で続き、関東地区店舗の平均客席数は56席と小ぶりの店が多いようだ。

 当然のことだが、客席数は店舗によっても異なる。客席数トップは愛知「春日井店」で、その客席数は、何と347席である。1日1客席売上高が5040円とすると、同店の1日平均売上高は、170万円を超す計算になる。大阪「空港線豊中店(293席)」、兵庫「白川台店(290席)」、兵庫「名谷店(231席)」、滋賀「三雲店(216席)」なども大型店である。

王将フードサービス全体の収支をチェック

 餃子の王将を展開する王将フードサービスの全体の収支もみておこう。餃子やビールなど1000円の販売にたとえてみる。毎年度ほぼ一定での推移といっていいだろう。原価が3割、経費が6割強、儲け(営業利益)が1割弱という流れだが、業界水準を上回る儲け率である。

 15年度でいえば、経費の内訳は1000円当たり、広告宣伝費12円、賃借料51円、水道光熱費54円、パート費157円、従業員給与手当141円、福利厚生費48円に相当している。福利厚生費は健康保険や厚生年金など、公的保険料の会社負担分などである。その福利厚生費やパート費、従業員給与手当・賞与を合計すると350円近くになる。餃子の王将で1000円の飲食をすると、人件費として350円含まれているというわけだ。



 ちなみに、従業員の平均年間給与は13年度468万円が、15年度は480万円と増額傾向である。社内取締役の平均年俸は、2000万円強である。

 王将フードサービスが1店舗のオープンに投じる資金は、平均で5000万円から6000万円。女性顧客をターゲットとした新コンセプト店をオープンさせるなど、18年3月までには新たに100店舗ほど増やし、全国800店舗体制を構築するとしている。

あわせて読みたい

「外食産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  3. 3

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  4. 4

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  5. 5

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  6. 6

    公明苦戦 山口代表の替え歌原因?

    三浦博史

  7. 7

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  8. 8

    昔なら恥だった『孤独のグルメ』

    fujipon

  9. 9

    時代遅れなアパレル企業の悲惨さ

    Chikirin

  10. 10

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。