記事

アンネの直筆詩が1650万円で落札、潜伏生活直前につづる

[アムステルダム 23日 ロイター] - 第二次大戦中にナチスドイツからの潜伏生活をつづった「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクの手書きの詩が23日、オランダで競売に掛けられ、14万ユーロ(約1650万円)で落札された。

親友の姉に宛てて送られた詩は1942年3月28日付で、アンネら家族が潜伏生活に入る数カ月前に書かれた。8行の詩の前半は雑誌からの引用で、自作とみられる後半には、批判者に対する最良の回答は良い仕事をすること、などとつづられている。

アンネは2年間の潜伏生活の間、日記を書き続け、44年8月に送られた強制収容所で死亡した。

あわせて読みたい

「アンネの日記」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    銀行口座持たないのが当たり前に

    Hayato Ikeda

  2. 2

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    小池氏が学歴疑惑に苦しい言い訳

    文春オンライン

  5. 5

    W杯は不謹慎?地震後の指摘に疑問

    かさこ

  6. 6

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  7. 7

    山口達也氏 豪邸を5億円で売出し

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  9. 9

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  10. 10

    たけしと死去したベイダーの逸話

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。