記事

11月第4週について

USの長期金利上昇にはここぞとばかりの投機的なロムニー・トレードが入っており、結果としてドル高圧力が掛かっている状態が続いている。

今週はどうか?今までの急ピッチにも関わらず大きな調整なく、波乱なく下値を固める、ように見える展開になる。

「ように見える」というのは11月下旬から12月中旬に掛け、いくつかのイベントが残されているからだ。一見、堅い展開が続いたとしても何らかの形で崩れるリスクは僅かながらに残っており、現在のラリーは鉄板ではない。

ただ、今週はその兆しが出てくる可能性は低い、という事。今週のスケジュールは確認しておらず、必要ない。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  9. 9

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。