記事

私、飯島勲がフランスの最高勲章を受章した理由

内閣参与(特命担当) 飯島 勲 撮影=村上庄吾

今回は服部幸應先生を官邸にお招きして、対談を行った。

服部先生は、フランス料理が専門だが、そのフランスの喫煙事情は日本と随分違う。喫煙に関して非常に寛容だ。基本的に屋根がないところなら、どこでも吸ってもいいのだという。フランスの映画にも喫煙シーンは当たり前のように登場する。日本では、出演者がタバコを吸っているシーンは、極力編集段階でカットされるのだという。何に遠慮しているのか知らないが、まったくもって意味不明な自己規制と言える。

フランスから最高勲章を頂いた私であるが、フランスのような誇り高い美意識を日本人にも持ってほしいと思う。

食育基本法ができるまで

フランス政府は、飯島勲氏に最高勲章レジオン・ドヌール勲章オフィシエを授与し、パリの首相府で11月3日、叙勲式を行った。日本ソムリエ協会創設など日本でワインの普及に寄与した業績が評価され、農事功労章シュバリエも同時に授与された。今回、首相官邸に服部栄養専門学校理事長で校長の服部幸應氏をお招きし対談を行った。

服部栄養専門学校理事長・校長
服部幸應(はっとり・ゆきお)
1945年、東京都生まれ。立教大学卒。昭和大学医学部博士課程学位取得。学校法人服部学園 服部栄養専門学校理事長・校長/医学博士/健康大使/日本食普及の親善大使。藍綬褒章受章。フランス大統領よりレジオン・ドヌール勲章、国家功労勲章および農事功労勲章受賞。

【飯島】小泉純一郎元首相が竹下内閣で厚生大臣に就任し、私が大臣秘書官を仰せつかりました。その際、「食の安全と健康増進」の政策を推進しようとしたときから服部先生とのお付き合いがはじまりました。

【服部】その後、第2次橋本内閣の厚生大臣に就任された際に「食育」を提案したら、飯島さんが小泉大臣につないでくださった。それで、首相になられたときに「食育」をマニフェストに取り入れてもらい、世界初の「食育基本法」が成立しました。役所に相談すると「検討します」と言われたまま、進まないことが多いのですが、食育は飯島さんがいてくれたから法律化まで実現したと思います。いくらトップの首相が「いいね」と言ってくださっても掛け声だけで終わってしまうことも多い。「こうやって法律にしていくんですよ」と飯島さんによって、具体的な道筋が立ちました。

【飯島】政治の世界は相談事が多ければ多いほど経験値が上がります。それで思いついたところに連絡して物事を動かします。どんな事案だろうと、即座に担当局・担当課のキーパーソンのところに行かないと、かえってややこしくなることもあるから、最初に誰に話すかが重要です。そういえば日本ソムリエ協会をつくったときも大変でした。今ではみんな「ワイン」が大好きだけど、30年くらい前は日本酒とウイスキーの時代でしたから、酒類を扱う大蔵省(現・財務省)も相手にしてくれず、農水省でも断られてしまいました。結局、私が小泉厚生大臣の秘書官だったこともあり、厚生省の生活衛生・食の安全の担当部署にかけあって、ソムリエ協会の許可を取ったんです。

【服部】実は、飯島さんは日本のソムリエ第1号なんですよね。僕は30番くらいです。

【飯島】当時の大臣だった小泉元首相が名誉ソムリエの称号をいただいたので「私は『名誉』はいりません」と言ったら普通のソムリエの1号にしてくれました(笑)。お酒はほとんど飲まないのですが……。

【服部】今、食の問題で私が一番心配しているのが、東京オリンピックの食材の調達です。一部競技の開催地問題が話題になっていますが、こちらのほうが深刻です。4年前のロンドン五輪から、オリンピックで使う食材はオーガニックが推奨されており、リオでもそうでした。東京でも同じレベルの食材が求められるでしょう。それで調べてみたら、日本の有機農法食材は0.18%しかありません。

【飯島】政府は何か支援をしていないのですか?

【服部】仕事の関係で会った農水省の幹部に「オーガニックの調達はどうするのですか?」と聞いてみたら、「JOCの許可がないとできません」。五輪担当の部署に行って同じことを聞いたら「農水省は何か言っていませんでしたか?」。それで「農水省はJOCの許可が必要と言っている」と伝えて、ようやく動きだしました。それが約8カ月前の話。

【飯島】そこまでオーガニックにこだわる理由は何ですか?

【服部】あらゆる競技でドーピング検査が厳しくなっていますから、選手たちは食べ物で体を作るしかありません。特に0コンマ何秒を競うような世界ではトップ選手の気の使い方は半端じゃありません。野菜に農薬が残っていたら、ドーピング検査に出てしまうこともありますから、純粋なものしか食べられない。陸上競技のボルト選手などもオーガニックしか口にしないそうです。

オーガニック野菜を1400万食調達

【飯島】それで有機野菜の調達はできそうなのですか?

【服部】厳密には義務ではないのですが、IOCの方針ですからね。新鮮な有機野菜1400万食分を用意しなければなりません。あと4年です。

【飯島】いやあ、勉強になります。さすが服部先生。

【服部】オリンピックは、開催国の国民が食について見直す機会でもあるのです。実は、レタスは前の東京五輪のときに広まったものなんです。それまで日本人が生で食べていた野菜はキャベツとキュウリとトマトだけだったのですよ。

【飯島】そういえば私も大学に入るまでレタスを知らなかった。今では地元で大きな会社を経営している友人が学生時代に私の下宿に遊びにきたときに、手でちぎったレタスのサラダとカレーライスを出したことがある。彼が長野に帰っておふくろさんに「飯島のところはキャベツを包丁で切らないんだ。包丁がないんだよ」と報告したというのが笑い話になっている。当時はレタスとキャベツの区別がつく人が少なかったんだな。

【服部】(笑)。

【飯島】飯島はかわいそうだな……東京で包丁1つない生活なんて……って心配されるのです(笑)。レタスはデリケートな野菜で海外から輸入はできないから、外国人が集まった前の東京五輪開催時に日本でレタス産地が増えたのです。長野県の川上村なんて、今年の確定申告だと一世帯の平均年収が4000万円超です。

【服部】僕が初めてサラダを食べたのは34年前に六本木にサラダバーができて、珍しいから行ってみたのが最初です。そうしたら、野菜がたくさん並んでいて、ドレッシングが置いてあって、好きなものをかけて食べていいと。「こんなただ切っただけのものをそのまま出して商売になるのかな」と思ったことを覚えています。まだ畑に肥やしを撒くのが普通で、生野菜を食べると回虫の卵がついているからと虫下しを飲まされていた時代です。その後、肥やしの替わりに農薬が出てきて虫下しを飲まなくても良くなった。しかし、知らない間に農薬を体に入れることになってしまった。作る側も食べる側にもそういった知識を伝えるのが食育の役割ですね。

【飯島】そもそも、服部さんが食育に取り組んだきっかけは何ですか。

【服部】1960年代に米国の生物学者レイチェル・カーソンが書いた『沈黙の春』を読んで問題意識を持ったのが最初です。カリフォルニアで渡り鳥が死亡する原因を調べたところ、十数年前にブヨの駆除のために撒いたDDTが食物連鎖の中で凝縮され、渡り鳥を死に至らしめたという話でした。その後、日本でも有吉佐和子さんの小説『複合汚染』がベストセラーになって、食の安心・安全には気をつけなければと思いながら、仕事や研究を続けてきました。そして行き着いたのが食育だったのです。築地市場の移転問題、多くの問題を抱える豊洲市場がとても心配です。

【飯島】実は築地にもあまり知られていない衛生上の問題が多いですよ。

あわせて読みたい

「飯島勲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    『カエルの楽園』化する日本政治

    自由人

  2. 2

    小島可奈子 未発表のヌード公開

    NEWSポストセブン

  3. 3

    言論NPO 週刊文春に発売中止要求

    認定NPO法人 言論NPO

  4. 4

    朝日 都合の悪い事実は切捨てか

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    よしのり氏語る日報問題の真犯人

    小林よしのり

  6. 6

    元ほっしゃん星田「安倍ヤメろ」

    キャリコネニュース

  7. 7

    進む「安倍離れ」で解散案浮上か

    PRESIDENT Online

  8. 8

    マスコミ主導の政治問題化を懸念

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    言論NPO 文春記事に法的措置検討

    認定NPO法人 言論NPO

  10. 10

    35年ローンは会社員の破滅を招く

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。