記事

ドナルド・トランプ次期大統領は、「ペテン師」か、それとも「冷徹な取引の名手」か?

11月8日、アメリカ大統領選挙が投開票された。ドナルド・トランプの勝利だった。このニュースは、世界中を仰天させた。もちろん日本にも大きなショックを与えた。アメリカ国民の現状に対する不満が、予想以上に強かったということだろう。だからこそ、多くのアメリカ人が、トランプが現状を変えてくれるのではないか、という期待を抱いたのだ。

アメリカという国は、いったいこれからどうなるのか。トランプはミシガン州で勝利している。ミシガン州一帯は、「ラストベルト」、いわゆる「さびついた工業地帯」だ。かつて、デトロイトの自動車産業など、製造業で栄えた。だが、主要産業が次々と衰退していき、いまは不景気にあえいでいる地域だ。

その不満が、トランプへと流れたのだろう。トランプは、小型車の製造を全面的にメキシコの新工場に移すと発表したフォードを非難した。「工場を復活させる」とトランプは主張している。しかし、工場が出て行ったのは、そもそも賃金やコストの問題があるためだ。根本的な問題をかえりみず「復活」をうたうトランプの主張は、本当に実現可能なのか。

TPP(環太平洋経済連携協定)についても、トランプは反対している。この協定で、さらに国内産業が国外に流出してしまうというのだ。だが、アメリカは「輸出大国」である。グーグルやアマゾンといったIT産業、それに農業や金融などもそうだ。TPPに批准しないことは、アメリカ全体にとってはマイナスなのだ。

またトランプは、法人税を現在の33%から15%に減らす公約を掲げている。同時に、公共事業で経済を活性化するとも言う。これもまた矛盾している。ウケのいいことを平気で語るペテン師を、アメリカは大統領にしてしまったのではないか。

トランプの側近は、彼を「取引の名手」と呼んでいるそうだ。極端なことを言っておいて、条件交渉にもっていき、自分の有利な結果に導く。それが、非常にうまいのだ。むちゃくちゃなようでいて、その実、落としどころを冷徹に計算している――。あれだけの財を成した人物なのだから、たしかに真実味がある評だ。

今後、トランプが、どのように政策を実現していくのか。アメリカを、どう変えていくのか。彼が「ペテン師」なのか、「冷徹な取引の名手」なのか、まずは見極めることが肝要である。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    産経の慰安婦報道こそ"捏造"

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    金正男氏遺体 八つ裂きの可能性?

    高英起

  3. 3

    なお東芝に隠される大きなリスク

    片山 修

  4. 4

    "性器凍結"で性生活が向上する?

    フォーブス ジャパン

  5. 5

    高齢者風俗嬢が日本に一石投じる

    文春オンライン

  6. 6

    "東芝の危機"で浮かび上がる日立

    THE PAGE

  7. 7

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  8. 8

    不人気蓮舫氏の"性格と言い回し"

    ヒロ

  9. 9

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  10. 10

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。