記事

まだ「飲み会」で消耗してるの?寂しいおっさんはほっといて、さっさとサル山から出よう。

スクリーンショット 2016 11 15 8 53 20

そういえば、そんな文化がありましたね……(遠い目)。

「飲み会」という完全なる無駄。

日本のワークスタイルのクレイジーさは「飲み会」に象徴されていますよね。

仕事が終わったあとは自由なはずなのに、なぜか「飲み会」が強制的に入っていたときの絶望感よ……。

ぼくはマーケティング関係の会社にいたので、ちょいちょい予定表に「クライアントとの飲み会(接待)」が勝手に入ってましたね。人権侵害じゃ!

先日いただいた「小太り」さんの寄稿、衝撃的です。

広告業界はとにかく”飲み会”が好き。

来る日も来る日も”接待・接待”

関係性を作る手段の9割が”飲み会”

ぼくはテレビ局営業だったので

代理店の”テレビ担当”とひたすら飲み会をしていました。

多い時は週5で飲み会が入っていましたww

「電通」と一緒に仕事して感じた「7つの狂った常識」(@kobutoriniki)

狂ってる!

強調しますが!飲み会なんか参加しなくても、仕事はできますよ!

実際、ぼくはほっとんど飲み会なんか参加しませんから。近所の人たちと飲むくらいですね……。

つーかね、飲み会が仕事の一部になってしまうような働き方は、そもそもおかしいんです

コミュニケーションに飢えた上から目線のおっさんたちには、おとなしくキャバクラでも行ってもらいましょう。

ぼくらにはぼくらの人生があります。そこに付き合ってると、まさに、人生を消耗してしまいます。

その「飲み会」の時間とお金で、何ができるの?

Twitter

特に若い人に聞きたい。

あなたの毎月20〜30万円の給料のうち、飲み会にいくら使ってるの?」と。

これが「2〜3万」とかなら、かなり機会損失していると思った方がいいですね。

そのお金と時間とエネルギーで、いったい何ができることか!若いうちから自分で自分をダメにしてどうするんでしょ……。

毎月2.5万円。12ヶ月で30万。3年なら90万。会社が潰れたとしても、このくらい貯金があればいい独立資金になりますよ。

あなたの貴重な資金を、そこら辺の飲み屋に流しちゃっていいの?自分で経営している飲み屋にお金使うならまだわかりますが……。

あと、何より「時間」がもったいないと思っちゃいますね〜

飲み会って一回3〜4時間かかるんで、それを月に7〜8回やったら20〜30時間の浪費になるわけです。

年間にすると200〜300時間の無駄!そんな時間があるならブログでも書きましょうよ……いい副収入になりますよ。

もひとつ、地味にダメージが来るのが、健康面。

「二日酔いで翌日仕事ができない」のは論外だとして、飲み屋の不健康な食事が続くと、体調崩しません?

なんかリアルな話で申し訳ないですが、ぼくは飲み会の翌日、お腹の調子が悪くなります。腸内フローラ崩れまくり。質の悪い油がよくないんでしょうかねぇ……。

嫌な相手と飲むのは強烈なストレスになるということも、忘れてはいけません。ここで「飲み会 行きたくない」の検索結果をどうぞ。みんな苦労してるなぁ……。

飲み会が無駄であることは、ごく普通に仕事をしていれば気づきますよね

気づいてないならちょっとヤバい。ぼくの近くには来ないでください。

無駄にしているお金と時間を、一度、計算してみてください。

その資源があればもっと面白いことができるんですよ!


「飲み会がない世界」はあるよ。

まぁ、飲み会というのは「文化」なので、その会社・業界にいるかぎり、なかなか脱することは難しいとも思います。

言ってみれば、「飲み会」なんてものは未開社会の野蛮な文化です

みなさん、マウンティングって知ってます?

サル山のボスが「俺と仲良くしろ、俺は強いんだ」みたいにポジション取ろうとするあれ。あれが飲み会ですよ。


世の中には進んだ社会もたくさんあるんです。サル山から出ましょう。

おすすめの業種としては、まずは「イケてるスタートアップ(ベンチャー企業)」。うちのパートナーサイト「パラフト」に掲載されているような会社はおすすめですよ。

スクリーンショット 2016 11 15 8 48 56

スピード感のあるITベンチャー企業は個人主義傾向が強いので、「は?飲み会?帰ってゲームしたいんですが」と言っても大丈夫です。そういう人けっこう知ってます。

あとは「副業OK」「在宅勤務OK」なんて条件を掲げている会社ですね。新しい働き方を許容するような職場は、くだらない飲み会文化とは無縁です。まとめ記事書いてるのでこちらもどうぞ。

関連記事:【2016年版】在宅勤務ができる企業に転職しよう!探し方と求人リスト。

究極的な方向は、独立して自分でビジネスをする、という道です。ぼくはこれ。会社に勤めていると、いろいろと折れざるを得ない瞬間もありますしね。

関連記事:フリーランスになって丸5年。あらためて感じる「独立のメリット」

というわけで、サル山から出て、人間らしく働きましょう。

高知の山奥からお届けいたしました。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  3. 3

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  4. 4

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

  5. 5

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  7. 7

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  9. 9

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。