記事

世界の右傾化を支える「ポリコレ棒」とは何か

 トランプが大統領選に勝って以来、ネットでは「ポリコレ棒」という単語をよく見るようになった。

 トランプ勝利の要因のひとつとして「アメリカ人のポリティカルコネクトレス(以下、PC)疲れ」ということが言われ、それに対応する形で、ごく一部の反PC勢が使っていた言葉が、広く伝わるようになったようだ。

 まず、簡単に「PCとはなにか」ということを説明すると、表現の上で差別や偏見が含まれないようにするという話で、日本人で一番わかりやすいたとえは、かつて「看護婦」と言われていた職業が「看護師」になったことであろう。女性を表す「婦」という言葉を、性別の意味を含まない「師」という言葉に変えることにより「看護は女性の職業・役割」という偏見を排除したのである。

 ではそれによる「疲れ」とはなにか。それはPCが表現上の配慮という側面を大きく踏み越え、「正しいこと・正義」という風合いを帯びることにより、あらゆる表現に対して「PC警察」とでも言うべき人たちが現れ始めたことにある。特に、誰もが発言できるSNSなどで、PCに反する人間を叩くことで、新たなフォロワーや読者を呼び込むような人も出てきている。彼らの暴走が、多くの人たちを呆れさせている。

 アメリカで保守系の人間が盛んに喧伝しているのが「PCのせいで、メリークリスマスが言えなくなった」ということである。日本ではすっかりケーキ食べて、ターキーではなくフライドチキンを食べて、男女がセックスする行事になって久しく、宗教観が薄いのでわかりにくいが、クリスマスはれっきとしたキリスト教の行事である。それを宗教の違う他者に対して主張するのは問題だとして「ハッピーホリデー」と言い換えなければならなくなったと、反PCである保守系の人たちは主張している。

 それが本当か大げさな喧伝なのかは分からないが、もし本当だとして、たまたま挨拶として口にした「メリークリスマス!」が、他人から「メリークリスマスとは何事だ!おまえは配慮のない人間だ!!」などとPCを理由に批判されれば、もはやPCに正当性など感じられないのは当然であろう。

 こうしたことから、PCに懸念を示す人たちの中で、外国にもそういう表現があるのかは分からないが、日本では「ポリコレ棒」という言葉が出てきていた。かつての政治運動の時代に、ヘルメットにサングラスをして集まった左翼が使っていた「ゲバ棒」の存在と同じように、「自由だ平等だ平和だ」と言いながら、自分たちの正義を他人に押しつけ、意に沿わぬ相手を殴りつけるための「武器」として、PCを利用しているという意味の単語である。

 かつて、私もポリコレ棒による一方的な暴力を受けたことがある。

 私はツイッターに、自分が恋人を作るために「女性の人権を無視することにしよう」と書いた。そこには、女性に配慮して、自分の欲求を飲み込んで「恋愛欲なんてありませんよ〜」と演じることを辞め、率直に自分の意思を伝えるように、考え方を変えようという、意思があった。

 しかし、これに対して当時は「スプツニ子!」と名乗る、なんかやっているらしい、私が会ったこともネット上で話したこともない女性が「こんなに頭がよくなくて卑屈だからモテないんだよ〜」などとツイートをしてきたのである。(*1)

 もちろん、それがまっとうな反論であるなら、批判くらいは受ける。しかし、ここに書かれているのは、ただの人格否定である。ここに一切の論理的な反論もない。そしてこれ以降にコイツが私に対して、なにか書いてくることはなかった。

 実はこの話には前段階がある。2013年末に、人工知能学会が学会誌の表紙に「ほうきと本を持つ、女性型のアンドロイド」を掲載し、これを一部のフェミが「性差別的だ」と反発していた。そして、反発している中にスプツニ子!もいたのである。(*2)

 私がコイツに人格否定されたのは、私がこの表紙を「性差別的ではない」として擁護するツイートをした直後の話なのだ。つまり、コイツらの考える「正しいPC」に私が反論した。それに対してコイツは反論で返すのではなく、一方的な人格否定という手段をとった。つまりスプツニ子!や、コイツに先導されたフェミたちは、私に対してPC棒をもって、殴りつけてきたのである。

 スプツニ子!に先導される形で私を「ミソジニスト(女性に対する偏見を持つ人間)」であると決めつけたフェミたちは、数週間に渡って執拗な攻撃を続けてきた。

 そうした中には私が反論すると、論理で返せなくなったあげく「私はレイプの被害者だ!」などと、今回の話とも、私個人のこととも、まったく関係ない暴露をして、優位に立とうとする卑怯者もいた。私がそれに対して「そんなこと関係ないだろ、黙ってろ!」というと、フェミたちは「レイプの被害を黙ってろと言った!」などと、問題を大きくすげ替えて叩いてきた。

 もはやそこに対話などなく、こちらがちゃんと返事しようとも、無視しようとも、とにかく叩いてやれという反応ばかりがあった。そうした中で私自身も、後頭部が痛くなったりと、それまで感じたことのない身体の不調すら出てきた。

 この経験は今でも恐怖であり、ここにこうしてそのいきさつを書くことで、またあのフェミ軍団が押し寄せてくるのではないかと恐ろしく感じている。PC警察が警察であれば、法に従うからいいが、PC棒での殴打は、もはやゾンビの群れに襲われるに等しい。それは「PC疲れ」などという弱い表現では物足りず、もはや「PCによる恐怖」と言うべきであろう。

 私自身は、それでも、もしアメリカに住んでいてもトランプに投票しなかったであろうが、もし私と同じ体験をした善良な人たちがいれば、その大多数はトランプに票を投じたであろう。それくらいにポリコレ棒による殴打は、リベラル性に理解を持つ善良な人々を辟易とさせ、自由や平等という建前に対する疑念を産み、保守や右翼という側に多くの人を追い込む結果となっている。

 私自身はPCは重要な概念であると考えている。そこには表現において多様性を守っていくという役割がある。

 しかしPC棒を振りかざす人たちに共通するのは「自分たちの意に沿わない意見は認めない」という狭量さである。多様性を認めるべきPCが、その使い手の傍若無人さによって、多様性を認めない概念であるような誤解を生んでしまっているのだ。

 原因はPCの使い手側の傲慢さである。PCという概念を正義か何かと勘違いし、知識を得ることも自分で考えることもせずに、自分がその審問官だと思い込んでいるのだ。

 多様性を確保するには、多くの文化的対立を丁寧に読み解き、対話を進める態度が重要になるが、正義の審問官にとっては自分の考えるPCこそが正義に他ならない。正義なのだから対話など必要なく、悪に対して一方的に押しつける態度にしかならない。それに反発する他者は「分かっていない、頭の悪い人」か「悪」なのだから、前者に対しては「しつけ」として、後者に対しては「正義の発露」として、いくら叩いても構わないという心情に至る。

 左派のそうした動きは、日本では震災以降、顕著なものとなっている。
 反原発を正義として、福島の人たちをいくら見下して馬鹿にしても構わないと思っている連中。
 官邸前に立ったくらいで自分たちこそが、日本をよくしていると勘違いし、他人を「冷笑家」などとあざ笑って止まない連中。
 在日をヘイトスピーチから守るとして、威圧的に立ち回り、そのやり方に反対したり、批判したりする人たちにヘイトを繰り返す自称反ヘイト。

 そして、男女平等などといいながら、自分を抑圧している男性社会ではなく、まったく関係ない赤の他人を「同じ男だから」と攻撃するフェミ。

 日本でもこうした連中が様々な「棒」をもって闊歩し、道行く人を突如として殴りつけ、多くの人を辟易とさせている。おかげで安倍政権の支持率は白紙領収書事件のようなことがあったにもかかわらず、安泰である。

 私はこれまで、そうした連中を「右翼から金をもらってやっているんだろう」と考えていたが、アメリカでトランプが当選してからは、本当に左派はこうした連中を排除できないまでに落ちぶれてしまったのだろうと思うようになった。

 結論としては「ポリコレ棒」とは、左派凋落の証である。
 あえて左派的な表現で言えば「棒を振りかざす音が聞こえる」とでも言えば良いのだろうか。
 自分を叩くための棒を振りかざす音が聞こえる社会と、誰が死ぬかは知らないけど、どこかの国に向かう軍靴の音が聞こえる社会。

 自分にとってはどちらが「よりマシ」な社会だろうか。
 左派が棒を振りかざす限り、後者の社会をマシだと考える人は、増え続けることはあっても、決して減ることはないのだ。

*1:こんなに頭がよくなくて卑屈だからモテないんだよ〜(スプツニ子! Twitter)
https://twitter.com/5putniko/status/441195597035749376
*2:人工知能学会の表紙は女性蔑視?(Togetterまとめ)
http://togetter.com/li/607736

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  2. 2

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  3. 3

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  4. 4

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  5. 5

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  6. 6

    人気店が"一見さんお断り"の理由

    内藤忍

  7. 7

    誰が書いた? 昭恵氏FB投稿に懸念

    郷原信郎

  8. 8

    大きなハンデを負う"高校中退"

    PRESIDENT Online

  9. 9

    みんなのクレジット 無残な実態

    吊られた男

  10. 10

    画面が割れたiPhoneの修理料金は

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。