記事

結局みんな、パパをほしがっているんでしょ?

1/2
アメリカの大統領選挙で、トランプが勝利した。

アメリカの政治の現状や、トランプ自体がどのような政治姿勢の持ち主なのかは、日本のメディアで伝えられている程度しか知らないので、トランプが大統領としての仕事を開始したあとに、どのようなことをするのかの予想はしようがないが、ただ一点だけ明らかなのは、あのような「敵に罵倒の限りを尽くして勝つ」という選挙結果がでたことだ。これはトランプという個人や、その政治姿勢がどうこうという話ではなく、こうした言動を行う人間を好ましく思う人間が、アメリカという国には少なくとも、彼が大統領となる根拠になる程度は存在しているということである。だから問題はトランプ個人ではなく、彼を支持するアメリカ人の側にある。

これを日本の社会と対比して考えるに、日本でもポピュリズムを賛美する人は決して少なくなく、アメリカが日本の数年先を行っているとは思わない。日本の場合は首相制で国会議員による選出であるため、党内での権力関係によってしか首相になれないが、日本も大統領制であれば、アメリカに先んじて「石原慎太郎大統領」や「橋下徹大統領」が誕生していたであろうことは、決して想像の範囲外ではないだろう。

で、僕がこの選挙結果を見て、強く思ったのが、結局はみんな「雨の日に捨て猫を抱く不良」と「金と権力を誇る立派なお父さん」が大好きなんだな」ということだ。あくまでも日本のメディアで伝えられる内容からではあるが、僕の見たトランプ像というのは、この2つの悪魔合体である。

雨の日に捨て猫を抱く不良というのは、日頃はひどいことをしながらも、ちょっとしたときに優しさを垣間見せる人のことである。こうした人を指して「本当は優しい人」などと言うが、本当に優しい人は普段から他人をこき下ろすような言動をしない。しかし、なぜか普段の言動と、実際の性格を逆であるかのように考える人がいるのである。

普段他人をこき下ろす人が、わずかな優しさを見せたことを「本当は優しい人」過大に評価することは、一方で、普段は優しい人がたまに言葉のあやなどで他人をこき下ろしたときに「本当は悪人」と評価することでもある。

そうした評価をする人が増えれば増えるほど「暴言は優しさの裏返し」という考え方が共有される。トランプの聞くに堪えない恥ずべき暴言は、むしろ「愛国心」や「家族愛」の表明であるかのように解釈された。少なくともそう解釈する人が、アメリカにはたくさんいるのである。

それは日本でも同じで、他者への攻撃を「身内に対する愛情、守る姿勢」と解釈する人がたくさんいる。中国や韓国を罵れば誰でも愛国者だと認定される社会となりつつある。

もちろん、これらについても「一方で」ということがあり「普段、いいようなことばかりを言っているリベラルは悪である」と続くのである。

実際のところ、少なくとも日本ではトランプが庶民側、ヒラリーがリベラルパワーエリートであるとする見方が一般的である。

そこには、リベラルを称しながら、実際には偏った分配を是正せずにエリートである恩恵にどっぷりとつかりながら、マイノリティの票田にばかりこだわり、マジョリティを見向きもしないという、リベラルパワーエリートへの嫌悪がある。

他民族へのヘイトを公言するトランプを支持する人というのは、白人男性に多いとされてきた。彼らはマジョリティとしての特権を享受していると、マイノリティに批判されながらも、実際には特権など得られたこともなく、ただ普通に生活している人に過ぎない。もちろんそこには「歩いているだけで警察に目を付けられ、時には銃すら突きつけられる黒人や他民族」などの問題はあるわけだが、そうしたマイノリティヘイトを含む白人社会と、実際に生活をしている白人個人の意識というものは決してイコールではない。

「差別に気づいてないだけだ!」と批判することもできるが、それを批判したところで、実際に差別していない白人と、実際は差別している白人を、正しく区別できるはずもなく、マイノリティの叫びは一方的なマジョリティ全体への批判として響く。その声は、差別している白人には負け犬の遠吠えとしてしか認識されない一方で、差別をしていない白人には「なぜ、差別もしていないし、差別する白人を批判している俺まで、奴らの仲間であるかのように一緒くたに批判されるんだ」という不満だけを与えてしまう。

日本でも決して違いはない。男であるということだけで非正規だろうが、シングルペアレントであろうが、マジョリティであると認識され、様々な支援や援助や同情の手からこぼれ、自己責任であると罵倒される。

そうした意味でも「俺たちアメリカ人!同じ仲間!」という地域愛という不良的メンタリティを持つように見えるトランプが支持されやすい土壌があった。もちろん、これも裏返せば「他国は敵、移民は敵、LGBTなど変な連中は敵」ということでもあるのだが。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員の暴言報じないマスコミ

    鈴木宗男

  2. 2

    おっぱい見せて グラドルの悩み

    倉持由香

  3. 3

    民進党は解党または分党すべき

    鈴木しんじ

  4. 4

    よしのり氏「次の代表は枝野氏」

    小林よしのり

  5. 5

    民進・櫻井氏「代表選勝ち抜く」

    櫻井充

  6. 6

    稲田氏不満「好きな服着れない」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    獣医師会の審査欠席も報道すべき

    鈴木宗男

  8. 8

    激震 北からの「恐怖の電話」

    高英起

  9. 9

    加計疑惑は賄賂ない限り問題ない

    深谷隆司

  10. 10

    尾木ママ 議員の言葉遣いに苦言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。