記事

「台湾は中国の圧力に屈しない」蔡英文の発言の意図 - 岡崎研究所

 台湾の蔡英文総統は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙とのインタビューに応じ、台湾は中国の圧力に屈することはない、台湾の経済的対中依存を低減させる、習近平との前提条件無き対話には応ずる用意がある、など述べました。同紙は、インタビューの概要を示す解説記事を10月4日付で掲載しています。要旨、次の通りです。

最大限の柔軟性

 インタビューで蔡英文主席は「私は、中国本土が現状を誤って解釈したり誤認したり、台湾を圧力で屈服させ得ると考えたりしないよう願っている。台湾の如何なる政権も、民意に反した決定をなすことは出来ない」と言った。蔡氏は、中台間で経済は相補的であるよりは競合的であるとして、台湾の中国への経済依存を低下させる計画についても改めて言及した。

 台湾の政権交代は、中国を動揺させ、台湾の長年の与党・国民党を脇に追いやった。馬英九前政権による宥和政策は70年前に始まった国共内戦以来の緊張を緩和したが、多くの台湾人が、国民党の対中関与政策から得るところは殆どなかったと見ている。

 インタビューで、蔡氏は慎重に言葉を選んだ。現状を維持し前政権による中国との了解事項を尊重することで「最大限の柔軟性」にコミットするとした、5月の彼女の就任演説を中台双方が想起すべきである、と述べた。

 蔡氏は「我々のこれまでの約束は変わらない。我々の善意は変わらない。しかし、我々は中国からの圧力に屈することはない」「我々は摩擦と対立の過去に戻ることはない」と述べた。

 しかし、中国は、民進党の台湾独立支持は中国にとり好ましくないとして、就任当初から蔡英文に制約を与えようとのシグナルを発してきた。本土からの団体旅行客は減少した。中国は、蔡政権との公的対話チャンネルを停止し、台湾の国際民間航空機関への出席を阻止した。中国は、これらの措置と直接的には関連付けてはいないが、「一つの中国」が存在するとの1992年の枠組みを蔡氏が認めることを、蔡政権への関与の条件としている。蔡氏は中国が好む「92年コンセンサス」のフレーズを用いることを拒否し、インタビューでもこの表現を避けた。

 蔡政権および多くの台湾人の不満の一つは、主として中国からの妨害による、台湾の外交的孤立、多くの国際機関からの排除である。台湾は、9月、国際民間航空機関の総会への出席を阻止された。2013年には台湾は同総会に出席している。蔡氏は中国に台湾の出席を認めるよう働きかけ、台湾を支持した国もあったが、「我々は国際社会からの更なる支持が必要である」と言っている。

 南シナ海については、蔡氏は、7月の国際裁判を中国と共に拒否し、地域の多くの国々を驚かせた。台湾の主張は表面上は中国の主張と一致しているが、蔡氏は、台湾の決定の背景の一つは不公平性にあると説明する。すなわち、裁定が台湾を中国の一部としている点である。蔡氏は「我々は、利害関係者として、他の権利主張国同様、交渉への参加を認められるべきである」と言っている。

 経済については、繁栄のためには、台湾は、イノベーションを促進し、貿易と投資を中国から東南アジアに移さねばならない、と言う。経済成長率は1.2%と見込まれるが、蔡氏が言うには、同氏が就任する何年も前から減速している。

 「我々は、台湾が他の市場や経済に拡大する意図を政治化するつもりはない」と蔡氏は述べた。中国の指導者が台湾の他国との協定を阻止しようとするかどうか尋ねられると、蔡氏は「彼らは多くの決定が政治的意図を持っていないことを忘れがちである」と答えた。

 蔡氏は、習近平と会談する用意はあるが、それは前提条件なしでなければならない、と言う。「意義のある対話の前に政治的前提条件を付けるのが中国の長年の慣行だが、これは中台関係の発展にとり障害であると思う」と述べている。

出典:Charles Hutzler & Jenny W. Hsu,‘China Can’t Make Taiwan ‘Bow to Pressure,’ Island’s Leader Says’(Wall Street Journal, October 4, 2016)
http://www.wsj.com/articles/china-cant-make-taiwan-bow-to-pressure-islands-leader-says-1475616782

 上記記事は、蔡英文が「台湾は中国の圧力に屈しない」と述べた背景を解説しています。これまでの蔡の発言内容は5月の就任式の際に述べたスピーチと基本的に変わっていません。つまり、台湾の「独立」について言及しないが、同時に、「92年コンセンサス(その核心は、台湾は中国の一部であるとする「一つの中国の原則」)」を受け入れず、中台関係の「現状を維持する」というものです。「現状維持」の中身は突き詰めてみれば曖昧なものではあるが、台湾が中国の支配下にないという点がその中心部分であるでしょう。現在の国際状況下においては、これが台湾にとって中台関係を律するぎりぎりの表現であるとするのが、蔡の主張です。

好んで中国と事を構えるわけではない

 同時に、蔡英文としては、決して自ら好んで中国との間で事を構えようとするものではないことを強調しています。圧力に屈するものではないとしつつも、「古い対抗の道に帰ることは希望していない」、「平和で安定的な関係を築きたい」とも述べ、慎重に言葉を選んでいます。

 その台湾の立場の基礎にあるのは、「台湾は民主国家であり、中国はこの事実を尊重すべきである」とするものです。そして、台湾政府としては、台湾人が選挙を通じて示した総意に反した行動をとることはできない、と述べています。

 以上に対し、中国の対応ぶりはどうでしょうか。「人民日報」系の「環球時報」は最近の社説の中で、蔡政権に対する「観察期間」はもはや過ぎたとしつつ、「92年コンセンサス」を認めない限り、台湾当局に圧力をかけざるを得ない、と恫喝しています。

 実際に、中国本土からの団体旅行客の減少、蔡政権との公的対話のチャネルの停止、台湾の国際機関(たとえば、ICAO:国際民間航空機関やINTERPOL:国際刑事警察機構の総会)への参加阻止など、台湾の外交的孤立に向けて蔡政権への圧力を強化しつつあります。

威圧姿勢は逆効果

 最近の中国の南シナ海、東シナ海に対する領土拡張的で独善的な対応ぶりをみると、中国がこれら両海域にまたがる台湾に対してのみ、柔軟な姿勢をとると想像することは困難です。これら三者への中国の対応は互いに連動しているように思われます。

 ただし、中国にとって台湾問題への対処が難しいのは、武力を背景とした威圧的姿勢をとることは、台湾を中国からますます離れさせてゆくかもしれないという逆効果をもたらす可能性があることです。

 他方、台湾においては、蔡英文の「現状維持」策は、本来の台湾独立論者からは必ずしも全面的に支持されず、対中国融和論者である国民党支持層からは非難されるという難しさを抱えています。それらが、最近のアンケートにおいて、蔡への支持率が一部低下したということに関連しているのでしょう。

 しかしながら、日、米、EUとのより強い結びつきを指向しつつ、中国への経済依存度を低下させ、それを東南アジアに振り向けようとする蔡英文政権にとっては、現在直面しつつある困難は避けがたい試練というべきなのかもしれません。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  3. 3

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

  7. 7

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  8. 8

    皇后陛下に退位後も仕えたいの声

    NEWSポストセブン

  9. 9

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

  10. 10

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。