記事

【トランプ勝利の7つの波紋】

TRUMP TRIUMPHS(トランプ勝利)言葉遊びとしてはしゃれていますが、ワシントンポストもニューヨークタイムズもまったく同じ見出し



上がThe New York Timesで、下がThe Washington Postです。



USA TodayはDonald Trump stuns the world(ドナルド・トランプ、世界を驚かす番狂わせ)。



まだ主要各紙の社説を見つけることができませんが、FTのSeven Donald Trump policies that could change the US(アメリカを一変させ得るトランプの7つの政策)はざっくりこんな感じです(全文の翻訳ではありません)。



トランプ氏の驚くべき勝利(stunning victory)は、アメリカ国内、そして海外に大きく影響するような政策の転換につながる。トランプ政権は、オバマ大統領の代表的な成果をひっくり返す可能性がある。

▼オバマケア(医療保険)、▼気候変動政策、▼イランとの核合意など。さらに最高裁判所判事の指名をめぐる民主党の希望を打ち砕くことになる。より保守的な最高裁となるだろう。外交政策も大きく変わることもある。

多くのアナリストは、選挙戦の公約と実際の政策が違うことに警鐘を鳴らす。確かに通商協定の再交渉は、宣伝されるほど中身がないこともある。イスラエルのアメリカ大使館を現在のテルアビブからエルサレムに移転するといった外交政策も横に置いておいて、となるかもしれない。

しかしながら、45代となるトランプ大統領のもとで大きく変わると見られるのが以下の7 つの政策だ。

①通商政策

トランプ氏はTPPに反対し、メキシコとカナダとの通商協定の NAFTA を抜本的な見直しを提言してきた。こうした発言は中西部のラストベルトと言われる旧工業地帯での人気を後押ししたようだ。その結果、選挙戦全体にも影響した。

さらに、中国からの輸入品に 45%の報復関税を課すと脅してきた。通商戦争を引き起こしかねない。

②外交政策

トランプ氏は、オバマ大統領が進めてきたイランの核合意は破棄する、あるいは再構築すると言ってきた。オバマ大統領は、核なき世界(a world without nuclear weapons) を掲げて就任したのに対して、トランプ氏は日本と韓国が核兵器を開発することを受け入れると言ってきた。

さらに、 NATOの同盟国が十分な金銭的な負担をしていないとしてNATOとの関係を見直す、ロシアのプーチン大統領とより緊密な関係を築くことも明言してきた。

③医療保険

トランプ氏は共和党が言っているようにオバマケアを「撤廃する、あるいは別のもの取って代える」と主張してきた。代替案を示していないが、市場原理を働かせると言っている。

④税制

トランプ氏は、大規模な減税をするとして、レーガン大統領以来の税制革命を起こすと約束している。企業の利益に対する税率を今の最大35%から最大15%に引き下げると言う。また所得税についても最大 39.6%から引き下げると言う。

⑤最高裁判事

これがもっとも影響を受けると見ている専門家も多い。最高裁は今、保守的な判事4人とリベラルな判事4人と真っ二つに割れている。クリントン氏の支持者は、空席の9人めの判事を任命することで、長きにわたってリベラルな判決を期待していた。

しかし、トランプは議会も共和党が維持したため、簡単に任命を受けられるだろうし、場合によっては高齢のリベラルな判事を置き換えることもできる。

⑥気候変動政策

トランプ氏は、地球温暖化はアメリカの製造業の競争力を弱めるために中国が編み出したでっち上げだと主張してきた。そして、オバマ大統領と中国が合意したことで発効にいたったパリ協定を「キャンセルする」と約束してきた。

また、国連の気候変動関連のプログラムに対するアメリカの支出をすべてやめると言っている。

⑦移民政策

トランプ支持者をもっとも奮起させた政策であり、反対にヒスパニック系アメリカ人がトランプのホワイトハウス入りを強烈に阻止させた政策でもある。クリントン氏もオバマ大統領も不法移民であってもアメリカ国民になれる包括的な改革を後押ししてきた。

トランプ氏は、メキシコとの国境沿いに壁を築き、イスラム教徒の移民を禁止し、1100万人の不法移民を強制送還させると言ってきた。しかしながら、その後は「入念な検査 (extreme vetting)」とあいまいな表現を用いたり、不法移民をめぐる具体的なプランについて口を濁してきた。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  2. 2

    韓国大統領をかばう朝日新聞社説

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    ウーマン村本批判は言いがかり

    猪野 亨

  4. 4

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  5. 5

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  6. 6

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

  7. 7

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  8. 8

    「薬飲むのはズル」は誤った考え

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    「酒で記憶力が良くなる」真相は

    市川衛

  10. 10

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。