記事

「原発・対案お化け」さまへの回答 - 鈴木耕

1/2

 ある晩、友人と都内の居酒屋で楽しく一杯やっていた。わりと真面目なぼくら(笑)なので、ちょっと真面目な話。そう、原発について話していたんだ。大きな声で話していたわけじゃないのだが、隣の席で飲んでいた2人組の中年サラリーマンらしき人の片方が、いきなりぼくらの話に割り込んできた。
 「あんたらさ、原発反対なの?」
 少々酔っているらしい。面倒である。でも、原発にかかわることとなると、ぼくも黙っているわけにはいかない。
 「ええ、もちろん反対ですよ、あんな危ないもん」と、こちらもいささか酔っているので言い返す。
 「じゃあさ、これからの日本経済をどーすんのよ。エネルギーもなくて、どうやって世界に立ち向かっていけばいいんだよ。あんたらは、そういうことを考えてモノしゃべってんの? 原発に代わる対案はあんの?」
 出たーっ、世界を憂えるサラリーマン。というより“日本経済を背負って立つニッポン男児サラリーマン”。口調も威丈高で不快。こんな居酒屋で飲んでないで、日本経済を立て直す仕事に邁進してろよ、と言いたいところをぐっと我慢。こういう“日本経済を背負うサラリーマン”って感じのエラソーな人、ときどき居酒屋にいるよね。
 ぼくは、日本も世界も背負う気はない。ただ、恐ろしいことがイヤなだけだ。福島原発爆発で怯えたあの日々を、もう経験したくないだけだ。
 こんな時、彼らが必ずといっていいほど使う言葉が「対案」だ。ぼくはそういう連中を「対案お化け」と呼ぶ。ミョーな時に出てくる「お化け」みたいだからだ。相手が対案を出さなければ“論争”に勝ったつもりになるらしい。すぐに“論破”などと言って得意顔。だから「対案」は彼らにとって、絶対のマジックワードなのだ。

 憲法論争でも同じだ。安倍首相は必ず言う。
 「私どもは、自民党憲法改正草案をすでにお示ししております。ですから、それに反対ならば、対案をお出しになればいい。その上で、堂々とどちらが新憲法にふさわしいかの議論をしようじゃありませんか」
 これが「対案お化け」の親玉である。
 だが、よく考えてみれば、すぐにこのリクツのおかしさに気づくはずだ。例の古めかしい「自民党改憲草案」に反対する人の多くは「いま、改憲する必要がないから反対している」のだ。ぼくもその立場だ。「護憲的改憲論」を唱える人たちもいるけれど、ぼくはそれに与しない。
 必要のないものに「対案」などありえない。それでも「対案を」と迫られるのであれば「変えないということが『対案』です」と答えればいい。

 話がそれた。原発の話だった。
 “日本経済を背負うサラリーマン”氏は、ちょっと酔いすぎていて、後輩らしき、もう少し温厚そうなサラリーマン氏に「まあまあ、もういいじゃないですか、先輩。すみませんねえ、どうも」となだめられておとなしくなったので、議論にまでは至らなかった。けれど、こちらも気分を害してしまい、ぼくと友人は、その店を早々に出ることにした。
 居酒屋で他人の話に無遠慮に割り込んではいけない。ことに世界情勢や日本経済に関しては慎んだほうがいい。
 だいたい、こういう話では、後になって「ああ、あの時、こう言い返せばよかったなあ」と悔しがることが多いもの。口の重いぼくのような人間は、いつもそうだ。あの居酒屋でだって、お互いに素面ならば、きちんと説明できたかもしれない。だって、最近「これはいい!」と、思わず膝を叩いてしまうような本を読んでいたのだから、その話でもゆっくりと聞かせてやればよかったのだ。かなり“目からウロコ”のエネルギー論。これなら、あの“日本経済を背負うサラリーマン”氏も納得してくれたかもしれなかったのに、惜しいことをしたなあ。
 その本とは『水力発電が日本を救う』(竹村公太郎、東洋経済新報社、1400円+税)だ。サブタイトルに「今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる」とある。著者は元国土交通省河川局長。

 「序 一〇〇年後の日本のために」で、こう書いている。

  私はダム建設の専門家で、水力発電を心から愛する人間の一人だ。(略)
 私には原子力を否定する気持ちも、火力を否定する気持ちもない。私には今日のエネルギー政策を云々するような資格はない。なにしろ、エネルギー全般に関して断定的なことを述べる素養を持ち合わせていない。
 ただ、言いたいのは、五〇年後、一〇〇年後、そして二〇〇年後の日本にとって、水力発電は必ず必要になるということだけだ。(略)
 水力のプロの私は、純国産エネルギーである水力発電の価値を知っている。日本のダムは半永久的に使える。たとえ一〇〇年経っても、ダムは水を貯めている。ダム湖の水を電気に変換できる。
 しかも、ちょっと手を加えるだけで、現在の水力の何倍もの潜在力を簡単に引き出せる。この事実を、今、日本の人々に伝えることが、数少なくなった水力の専門家としての義務であると考えている。

あわせて読みたい

「脱原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  6. 6

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  7. 7

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  8. 8

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  9. 9

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。