記事

株式市場へのシンプルなアプローチ

「株投資を難しく考える必要はない」、というスティーブ・シュガルード氏の話を紹介します。先ず、私たちは二つの質問に答える必要があります。
1、株式市場は割安ですか、それとも割高ですか?
2、現在の株式市場はアップトレンドですか、それともダウントレンドですか?
割安、割高を判断するためには、シラーPERを用います。

multpl.com

上のチャートには、S&P500指数のシラーPERの動きが示されています。現在の数値は26.32、割高です。(17を超える数値は割高、それ未満なら割安です。)

トレンドを把握するためには、S&P500指数の月足チャートを利用します。



1と2のように、ローソク足が10月移動平均線より下ならダウントレンド、そして3のようにローソク足が10月移動平均線より上ならアップトレンドです。4で分かるように、現在のトレンドはアップトレンドです。

結論: 現在のマーケットは割高、トレンドはアップトレンド。

マーケットには、4つのパターンがあります。

シュガルード氏のブログから
1、マーケットは割安、トレンドはダウントレンド
2、マーケットは割安、トレンドはアップトレンド
3、マーケットは割高、トレンドはダウントレンド
4、マーケットは割高、トレンドはアップトレンド
現在のマーケットは4番目に該当します。さて、私たちは株投資を現時点で続けるべきでしょうか、それとも持ち株を減らすべきでしょうか?

シュガルード氏のブログから
それぞれのパターンにおける、年率に換算したS&P500指数のリターンです。見て分かるように、マイナスになるのは、マーケットが割高であり、トレンドがダウントレンドの時です。現在のマーケットは明らかに割高ですが、歴史的には年率で12.7%のリターンがあります。「マーケットの心配をするのはトレンドが崩れてからだ」、とシュガルード氏は述べています。

(情報源:Sjuggerud: The simplest possible way to understand investing

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  3. 3

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  4. 4

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  7. 7

    小池都政 LED事業の厳しい現況

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  9. 9

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  10. 10

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。