記事

【いよいよ】

いよいよアメリカ大統領選挙の結果が出る(はずの)日ですね。長かった選挙戦もこれで終わり(のはず)。

The Economistの最新号の表紙は、人差し指と中指をクロスさせた写真です。 



「幸運を祈る」という趣旨のkeep your fingers crossedということでしょう。指の腹にはクリントン候補の似顔絵。

さらに、タイトルはAmerica's best hope(アメリカの最大の/唯一の希望)とあります。この雑誌としては、クリントン候補が大統領になることがアメリカの望みだというわけです。

現地の報道によると、すでに4600万人が期日前投票をしたそうです(50州うち、early votingができるのは37州)。

USA Todayによると、最近の敗北宣言の時間は以下の通りです。

2004年:ブッシュvsケリー ケリーが23:02(日本の翌日の13:02)にブッシュに電話して敗北を認める。14:00(日本時間翌々日の04:00)に敗北宣言(concession speech)。

2008年:オバマvsマケイン マケインが翌日の23:20(日本の翌日の13:20)に敗北宣言。

2012年:オバマvsロムニー ロムニーが翌日の01:00(日本時間15:00)に敗北宣言。

今回は、一方の候補が「選挙結果を受け入れない」と公言しているだけに、どうなるか。分からないですね。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  4. 4

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  5. 5

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  6. 6

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  7. 7

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  8. 8

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  9. 9

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  10. 10

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。