記事

「日本の精神性が世界をリードしていかないと地球が終わる」 安倍昭恵氏インタビュー

2/3

何か“大きな力”に動かされている




西田:NPOのリーダーなどとも会ったりされているんですよね?

安倍:そうですね。でも今はごちゃごちゃで、自分でも何してるのか、よくわかっていなくて。でも「神様に動かされてる」と思っているので、ちゃんと、色んなもののつじつまがあって、「あ、こういうことだったんだ!」ってなる時がくると思うんです。

自分ではよくわからないんだけど、動いていると「あ、こっちの方向へ向かっていってたんだ」みたいな、そんな感じなんですね。

西田:宗教をお持ちなんですか?

安倍:キリスト教の学校で育ったんですけど、今は別にキリスト教というわけじゃなくて、どちらかというと神道です。アメノウズメから取った「UZU」という名前の飲食店を神田でやっているんですけど、渦を起こしていきたいという思いがあるんですよね。

西田:我々が日常生活を送る中で、なかなか「神様が」という言葉は出て来ないと思うんですよ。たとえば、ぼくは、無宗教・無信心なので、日常に「祈る」という行為が入ってくることはまずありません。キリスト教にせよ、神道にせよ、そういう「何か大きな力によって」という考えがあるものなのでしょうか。

安倍:人間の力というのは、もう本当に小さなもので。

西田:えぇ、まさに。

安倍:私は、大きな自然の一部であって、“動かされてる感”がすごくあるんですよね。主人もよく言うのですが、総理大臣は努力でなれるものではなくて。政治家の中で努力してる人はいっぱいいますし、他を蹴落としても、ポストを掴もうという人達もたくさんいますから。

そこで総理大臣になるっていうのは、“何か持ってる”“何か別の力”だと思うんですよ。「神」という言い方をしなくてもいいんだけど、なんかこう、“大いなる力”が働いていると私は思っていて。その力にある意味流されてるというか、乗っかっているのかなと、私は感じます。

西田:“大いなる力”に流されて、様々な方にお会いになっていると。

安倍:あと先祖を信じていて。うちの実家は森永製菓というところなんですけど。曾祖父(森永太一郎氏)がアメリカに渡って、向こうでお世話になったのが牧師さんで。日本に帰ってきてから会社のシンボルをエンゼルマークにするんですよね。

お菓子の会社が、ある程度の大きさになった時、父方の方の曾祖父(松崎半三郎氏)に社長が変わるのですが、その後、太一郎はずっと全国を布教して歩くんですね。子供たちがきちんと栄養を摂れて、幸せに暮らせるようにということをずっと考えていた人なので。

森永太一郎は佐賀の伊万里出身なんですけど、今も私は九州の方に向いている感じがしちゃうんですよね。そこに立ち返って行っているような。誰かの意志がいつも降りてくる感じ。

例えば、大本教の出口なおさんとか。最近だと、広島で折り鶴を織って、10歳で亡くなった佐々木禎子さんとか。なんだか導きがあって、パールハーバーの折り鶴を見たら、そのあと連絡がありました。

佐々木さんの甥子さんと会って話をしたり、ニューヨークで「グラウンドゼロのところに寄贈した鶴があるんで、観に行ってください」と言われたりとか。

「折り鶴の平和プロジェクト作りましょうよ」みたいな話が出てきたりとか。ちょっと行くと、物事がバーっと動いていくのは、私の力ではなくて、何かに動かされて、そこにいて。それこそ渦を巻いていってるんだなって。

主人自身も特別な宗教があるわけじゃないんですけど、毎晩声を上げて、祈る言葉を唱えているような人なんですね。

西田:何をお祈りされているんですか?

安倍:感謝の言葉を。

西田:それは誰に対してですか?

安倍:神様なのか、先祖なのか、分からないですけど。何か自分の力ではないものに支えてもらっていることに対しての感謝を。

西田:どこに向かって?虚空に向かってなんですかね?

安倍:分からないです。多分、自分に言い聞かせているのかもしれないけど、よく分からないです。

「それもいいねぇー」でパールハーバーに


谷崎:パールハーバーは、折り鶴の流れからだったんですか?首相夫人が、パールハーバーに行くということは、歴史的に見ても凄まじいことじゃないですか。

安倍:あれはね、最初は飲んでいる席で出た話しだったんです。今、海洋関係に関心があって、やっぱり海だと思って。それで今年8月、アメリカと一緒に、海洋環境フォーラムを開催したんですよ。それで「ハワイ行くんだ」って話をしていたら、「ハワイに行くんだったら、パールハーバー行けば?」と言われて。「それもいいねぇー」って。そんなノリですね。

谷崎:そんなに大きな政治的なイシューにはならなかったですけれども。

安倍:でもすごくハワイでも喜んでいただいて。

「公的に」という話もあったんだけど、そこは公人として行きたくないので、一般の人達と一緒に船に乗っていきました。ただ花だけは供えさせて下さいと。

谷崎:どんな思いでそこへ?

安倍:よくわからずに行ったんですよ。「パールハーバー行ったら?」「それもいいね」ぐらいだったので。もちろん、パールハーバーでどういうことがあったっていうのは、分かってはいたけれども。でも私がそこに行くことで、どんな感じなのかなって思ったんですが。

私が非常に感じたのは、アメリカにとって真珠湾攻撃は屈辱だったんだなと。

谷崎:ハワイは聖地でもありますからね。

安倍:そうですね。あそこは聖地なんですよ。ハワイのあそこを攻撃した日本は悪いかもしれないけど。本土からやってきて、あそこを乗っ取っちゃった人達もいるわけで。そもそものハワイに戻してあげましょうよって感覚になりました。自然の神様がそっちを望んでいるんじゃないかなって。

神道の中で使われる麻は「国産」であるべき


谷崎:最近、いろんな所を回った中で、「こんなことに関心をもった」というのはありますか?キューバ行ったりされてますけど。

安倍:いや、あまりないです…。今はやっぱり、麻がこうなっちゃったので。

※編集部注「大麻で町おこし」をしていた鳥取県智頭町を6月に視察していた昭恵夫人。その中心だった大麻加工品製造業「八十八や」代表、上野俊彦容疑者が10月に大麻所持で逮捕された。

西田:麻や大麻には結構関心をお持ちになっていたんですか?

安倍:そうですね。

安倍:麻は、日本にとって伝統的でとても大事な、それこそ、神様と繋がっているもの。

谷崎:しめ縄でもそうですし、神道の儀式に必ず必要なもの。

安倍:なぜあれをずっと使っているかって、それなりに「波動の高い植物」だからだと、私は思うんです。

その神社の神事で使われている麻のほとんどが「中国産」になってしまっていて、ビニールでできたものあるんですね。それは大きな問題で、日本の根幹の神道の中で使われる麻は「国産」であるべきなんです。

西田:そこまでこだわる必要があるのでしょうか?我々は、日常生活において、海外の食材を口に入れることも多々ありますが。

安倍:それも私は、多くを自給自足に戻すべきだって思っているんですけども。別に輸入が悪いとか、外国産が悪いっていうわけじゃないですけれど。やっぱり日本に生まれ育った日本人に、一番合うのは日本のものだと思っているんで。

西田:しかし、たとえば我々はすでに日常生活では「洋服」を着て生活をしていますが…。

安倍:はい、日本の文化より「欧米が良い」という風潮になってしまったことが、ちょっと私たちの中で間違ってしまった。全部が江戸時代に戻るのが良いって言っているわけではもちろんないんだけども。

谷崎:そこが、昭恵さんと首相では反対なんですが、ここまで話をしていくと、「強烈に日本というものを取り戻そう」という点で一致していて。「経済成長でそれを進めていこう」と考えている首相と、そうではなくて、「江戸時代に全部戻れるかは別にして、そういった価値観を取り戻すことが大切だ」と考えているのが昭恵さん。

異なるようで、昭恵さんと首相の考え方というのは、近いというか、同じところになってくるんです。

安倍:麻も、戦前は何万軒っていう麻農家があったんですよ。それがGHQによって禁止されてしまって、今は30軒ぐらい。それまではみんな自由に栽培出来ていたものが、いきなり禁止されてしまって、それを受け入れてしまった。

私たちはそうやって、戦争に負けて、それまで持っていた良いところを失ってしまったところもあるので。戦後レジームからの脱却と言っているけれども。私は、今、主人がやろうとしていることも、アメリカ追随と言われるけど、そうではなく、アメリカからも今後独立して、真の意味で日本が立っていくっていうところに向かっていると思っているんですね。

あわせて読みたい

「安倍昭恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田議員擁護した松本人志の限界

    小林よしのり

  2. 2

    読売新聞 社説で政権擁護を反省?

    PRESIDENT Online

  3. 3

    勝谷氏 知事選でイメチェンは損

    大西宏

  4. 4

    日本品種のイチゴが韓国に流出

    中田宏

  5. 5

    裏に利権 東京五輪に不可解判断

    WEDGE Infinity

  6. 6

    獣医学部めぐり総理が自爆発言

    郷原信郎

  7. 7

    都内 昔ながらの固めプリン4選

    メシコレ

  8. 8

    つり目ポーズ 外国人に悪意ない?

    NewSphere

  9. 9

    特区"1校限り"に圧力団体の存在

    渡海紀三朗

  10. 10

    NHKクロ現 政治部VS社会部で火花

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。