記事

勝手な第三者賃貸は契約違反です

最近の低金利を利用して、当初から第三者に賃貸する目的で住宅ローンを組む方法が、一部の雑誌などで紹介されています。
 しかし、管理実務を知る私からすれば、この方法は自分の人生も棒に振りかねない、非常に危険なギャンブルと言わざるを得ません。
 この方法で住宅ローンを組んだ場合、当初からその住宅に居住する意思がなかったものとみなされ、程度にもよりますが、詐欺罪で金融機関から刑事告訴される可能性があります。
 ばれなければ大丈夫と考えている人もいるようですが、金融機関は管理業務の中で居住確認をしており、またタレコミなどでその前にばれてしまうこともあります。
 確かに有利な運用方法がなく、少しでも利回りのいい投資をしたい気持ちはわかりますが、金融機関にいつばれるかと気にしながらでは、心が安まる暇もないでしょう。
 美味しい話には必ず裏があります。住宅ローンは正しく利用しましょう

あわせて読みたい

「住宅ローン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  6. 6

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  7. 7

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  8. 8

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  9. 9

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

  10. 10

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。