記事

「アンダーアーマー」急成長の火付け役が目指すスポーツビジネスの未来

1/2

田崎健太=構成 河西 遼=撮影 時事通信フォト=写真

「9秒台を出したら1億円をあげる」

【弘兼】本社の入り口に流れていたビデオの主人公が、ケンブリッジ飛鳥選手でした。彼はドームの社員だということを思い出しました。安田さんは、リオ五輪前にテレビで「9秒台を出したら1億円をあげる」と発言していましたね。

【安田】陸上競技の100メートル走は、日本のスポーツ界でまだ価値が眠っている分野だと思っています。リオ五輪で3連覇を達成したジャマイカのウサイン・ボルト選手、あるいはひと昔前で言うとアメリカのカール・ルイス選手など、みんなスーパースターです。彼らには「世界で一番足が速い」という称号が与えられます。思い返してみれば、小学生のときから足が速い生徒はスターでした。足が速いということは、誰にでもわかりやすい。では、日本で一番足の速い選手は誰でしょうか?

ドーム代表取締役CEO 安田秀一(やすだ・しゅういち)
1969年、東京生まれ。法政大学文学部在学中、アメリカンフットボールで大学全日本選抜チームの主将を務める。92年三菱商事に入社。96年ドームを創業。98年米アンダーアーマーと日本の総代理店契約を結ぶ。2015年1月にプロ野球の読売ジャイアンツと5年間のパートナーシップ契約を結ぶ。

【弘兼】えーっと……。リオ五輪では男子100メートル走で山懸亮太選手が準決勝まで進出しました。タイムは誰が一番速いのかな?

【安田】弘兼先生に限らず、そういう答えが返ってきます。日本記録は僕と同学年の伊東浩司選手が1998年に出した10秒00。現時点で誰が一番速いのかは、あまり知られていません。これは不思議ではありませんか?

【弘兼】そうですね。100メートル走は陸上の華なのに。

【安田】たとえば、毎年、日本選手権を実施して、1位になった人間には賞金1000万円を与えるという仕組みにすればどうでしょう。ゴルフのようにツアーを行って、賞金王を決めるというのもありでしょう。しかし、今まではそうした試みが日本の陸上界ではありませんでした。

【弘兼】なぜですか?

【安田】「オリンピック至上主義」というものがあるからです。陸上競技の場合、誰が一番速いかよりも、五輪に参加するための標準記録や派遣設定記録をクリアして、五輪に出場することが大切なんです。そして五輪で好成績を残して、補助金をもらうのが目的になってしまっている。

【弘兼】リオ五輪前に行われた6月25日の陸上日本選手権で、ケンブリッジ飛鳥選手、山懸亮太選手、桐生祥秀選手という日本で最も速いと思われる3人が揃って走りました。あれは、たまたま、だったのですね。

【安田】ええ。通常は五輪に出るためのレースにしか出場しません。ほとんどの競技において、五輪に出場、金メダルを取りました、というのは税金で成り立っています。いわばメダリストは国家の無形資産。JOC(日本オリンピック委員会)はレスリング、水泳の飛び込み、フェンシング、卓球などの競技に何億円も注ぎ込んでいます。

【弘兼】オリンピックでメダルを期待できそうな競技ですね。

なぜケンブリッジ飛鳥を社員に迎え入れたのか

【安田】ただ、税金を使っているのに、国の側はリターンを考えていない。厳しい言い方になりますが、水泳の飛び込みでメダルを取れたからといって、社会的な影響力は小さい。たとえば100メートル走であれば、ケンブリッジが活躍することで、その姿に子どもたちが憧れて外に出て駆けっこをするようになる。マラソンランナーも同様に増えれば国民が健康になる効果がある。そういう観点から強化費、助成金の使い方を見直すべきです。メダルの数だけで判断するのは、20年、30年前の東欧諸国の考え方。アスリートの側も補助金をもらい続けて金メダルを狙って、終わったら、ポイ捨てされる。競技に集中していたから、セカンドキャリアも何もない。その競技と選手の双方に焼け野原が残るだけ。

【弘兼】それがオリンピック至上主義の弊害ですか。

【安田】僕はスポーツを、経済効果があるものと、個人的に自腹で楽しむスポーツの2つに分類しています。そもそもアスリートというのは、お金が欲しくてその競技を始めたわけではありません。夢中になって取り組むのは、ただひたすらその競技が好きだった、もっと上手くなりたい、あるいは自己実現をしたい、人間性を高めたいなどの理由のはずです。ただ、高いレベルでそれをやり続けるには、職業としてやっていけるのか、自腹でやっていくかに分かれてきます。差別するわけではないですけれど、たとえば、なぎなた、剣道を続けてもお金は稼げませんよね。

【弘兼】片や、野球ならばプロ野球選手、サッカーはJリーガーというプロとしての道がある。

【安田】その競技で稼げるか稼げないか。本来、スポーツはこの2つしかない。ところがそこにオリンピックというものが介在して、税金が投入されることでややこしくなった。

リオ五輪陸上男子400メートルリレーで日本は銀メダルを獲得。アンカーとして走ったのがドームのケンブリッジ飛鳥選手(左から2番目)だった。(時事通信フォト=写真)

【弘兼】そんな中、安田さんはケンブリッジ飛鳥選手を社員として迎え入れています。企業としてのメリットをどう考えますか?

【安田】企業がスポーツをバックアップするときに、判断するのはマネタイズできるかどうか。つまり、金銭的なリターンがあるか。100メートル走には間違いなくリターンがあります。

【弘兼】マネタイズ、つまり収益に繋げられる、投資した金額に対して十分な見返りがあると判断したと。先ほどの社会的意義がある、国民の健康に寄与するということですね。

【安田】ええ。100メートル走というのは、アフリカ系人種が強い。そこに我々、アジア系人種でも十分戦えると思ってもらえれば、国民の気分は高揚する。アフリカ系人種以外で10秒を切った選手はほとんどいない。かつて伊東浩司さんは参考記録ですが、10秒を切ったことがあります。そう考えると、実はアジア系人種は足が速いのではないかと思っています。僕は5年ぐらい前から、ドームに所属する陸上選手で10秒を切ったら1億円を出すと言い続けてきました。そこにケンブリッジが入ってきただけなんです。彼が結果を残せば、同じように外国人の親を持つ子どもたちは大きな自信になる。それ自体に社会的効果があります。

【弘兼】2015年12月には、サッカークラブ「いわきFC」を設立しました。

【安田】はい。今年5月にはいわき市に物流センターを開設しました。その敷地内に人工芝のピッチとクラブハウスを整備中です。そこでいわきFCの選手は働きながら練習しています。将来的にはいわきFCのスタジアムを建設し、商業施設をつくり、地域に人が集まることを目指しています。スポーツを通じた地域活性化は、大きな可能性を秘めています。

【弘兼】そもそも安田さんとスポーツの関わりはアメリカンフットボールでしたよね。法政二高でアメフトを始めて全国ベスト8になり、法政大学に進んだ後は日本選抜の主将を務めた。大学卒業後は三菱商事に入社します。そこでは何を担当していたのでしょうか?

【安田】自動車部です。

【弘兼】花形部署ですね。

【安田】ええ、まあ……当時、自動車部はいすゞ自動車と組んで、部品を供給して現地で組み立てて販売するという「ノックダウン方式」で、大がかりなビジネスをしていました。まずは現地に組立工場をつくります。そのうちに向こうでも簡単な部品、鋳物などをつくるようになるのです。僕はその部品を輸入する仕事でしたが、花形なのは輸出をするほうです。

【弘兼】学ぶものはありましたか?

【安田】小さなビジネスモデルみたいなものは学びました。でも、それ以上に組織の限界を感じました。当時の三菱商事は職種によって、権限が厳格に規定されていたのです。僕のような新人社員は、ファクスを出すこともできない。

【弘兼】かなり窮屈ですね。

【安田】僕が商社を選んだのは実力主義だと聞いていたからなんです。でも入社してみて、「新人ハンドブック」というものを開いてみると、勤続年数や役職で、仕事がきちんと決められていた。何か違うなと。

はじめて商品を見てすぐに電話で交渉

【弘兼】それで4年で退社したわけですか。でも、三菱商事にいれば高給は保証されていたでしょう。辞めることは怖くなかったのですか?

【安田】僕の世代というのは、現代っ子の新しいプロトタイプというか、第一世代だと思うんです。社会の最適化、同一化みたいなものを戦後、日本はずっと追い続けていた。僕たちは、それに満足しない世代です。別の言い方をするならば、僕たちは生まれたときから、それなりに豊かでした。では、何が大切かというと、何のために生きているのだという根本的な問いかけにどう答えるか。

【弘兼】三菱商事という大企業の中に同一化することができず、自分の存在価値を問うてみたいと思った。

【安田】大袈裟に言うとそういうことになります。

【弘兼】退社後、安田さんは母校である法政大学のアメフト部コーチに就任します。同時にドームを立ち上げ、テーピングの輸入を始める。アメリカだと1本1ドル程度のテーピングが日本では400円もした。流通経路を整理して、安く日本へ仕入れることに成功したそうですね。

【安田】そのときはテーピングの輸入とフットボールのコーチで食っていこうと思っていました。フットボールのことがすごく好きですから。

【弘兼】ドーム飛躍の大きなきっかけとなったのが、スポーツブランドの「アンダーアーマー」でした。

【安田】テーピングを扱っているうちに、「こんなものはないのか」と、様々な商品を頼まれるようになったんです。僕としてもお客さんの要望に応えたいと、ほかのものも輸入するようになりました。そんなときに、NFLヨーロッパというフットボールリーグのコーチ募集がありました。条件を見たら、僕が行くしかないんじゃないかと。

【弘兼】NFLヨーロッパとは、アメリカのアメリカンフットボールリーグのNFLが世界戦略として欧州で展開していたリーグですね。

【安田】はい。スポーツビジネスの視察も兼ねて98年に半年間派遣コーチとしてヨーロッパに行きました。そのとき、アンダーアーマーがNFLヨーロッパへの商品提供を始めていました。

【弘兼】商品はどんなものでしたか?

ドームの主な事業

【安田】今もラインアップに入っているのですが、「0039」(画像参照)という白色の伸びる素材で出来たシンプルな上半身用のアンダーウエアでした。それまで下半身用のスパッツのようなアンダーウエアはあったのですが、上半身用はなかった。僕自身選手時代から、アンダーウエアには悩んでいました。だからアンダーアーマーの商品をはじめて見たときは、「めっちゃいいじゃん」と思った。商品タグに製造元の電話番号が書かれているのを見て、その日の夜に電話し、「代理店をやらしてくれ」と言ったんです。

【弘兼】社長のケビン・プランクに会うために、アメリカのボルティモアへ渡ったとか。すごい行動力ですね。

【安田】僕にとっては当然のことでした。サラリーマンのときは制約があって行動できませんでしたから、フラストレーションがたまっていたような気がします。

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  5. 5

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  6. 6

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  7. 7

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  8. 8

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  9. 9

    「タバコかっこいい」は時代錯誤

    キャリコネニュース

  10. 10

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。