記事

将来の自動車

自動車の将来の姿を考えている。トヨタのハイブリッドカーが世界的に一世を風靡し、それに続いてトヨタは水素燃料電池車を発売。一度の水素の充填で500キロ以上走行可能な水素燃料電池車がリチウム電池を搭載した電気自動車を凌駕するかと思っていたが、必ずしもそうではなさそうだ。

一つには電池の性能が高まり、一度の充電で300キロ以上の走行距離が可能になりつつあることだ。もう一つは IoTと呼ばれる動きだ。自動車を含め、すべてのものがインターネットにつながる社会の到来だ。最近、比較的小型の電池を備えた個人の家庭をつないで、バーチャル発電所という事業がドイツで始まっているという話を聞いた。電気自動車をその電池として使えば、自動車として使用していない時には、バーチャル発電所の役割が果たせる。

こうした新しい技術に比べると、原子力発電所は氷河期のマンモスのようだ。牙が大きくなりすぎて滅亡する運命だ

あわせて読みたい

「自動運転」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

  4. 4

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  7. 7

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  8. 8

    女性専用車両の発想は差別と類似

    山口浩

  9. 9

    友達を捨てられる人ほど充実する

    PRESIDENT Online

  10. 10

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。